ブログ

ただいま!バンコク!ラストバンコク!

体調回復中〜

 

こんにちはっ!!

 

バンコク→チェンマイ→バンコク。

 

リアルタイムはカオサンですヽ(*´∀`)ノ 

 

 

「ゆうこちゃん起きて!!」

 

はなちゃんに起こされ
目が覚めたのは8時。

 

朝から用事のあった
はなちゃんとお別れをする為、
ちゃきちゃき用意をし、
はなちゃんハウスを後にしました。

はなちゃん、
またバンコクで会おう٩(*´ω`*)۶

 

 

はなちゃんへ教えられた通りの
バス15番に乗り、
今日はカオサンへ戻る日です!

 

なんせ、来たる18日。
タオ島行きのバスが
カオサン発のため、

残り1日は
だら〜っと体を休める日。笑

 

 

カオサンロード付近で
バスを降りた私。

 

 

レッツら宿探しヽ(゚∀゚)ノ

 

 

特別に暑い今日は、
太陽が360度、私の体を焼きつけ
体力を奪っていきます。

 

今夜の宿の名は・・

 

 

「 Love Hostel 」

 

 

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

 

ラブぅ〜?
これ大丈夫?(・ω・`)

 

 

行ったらラブホでした!
とかならない?(´・∀・`)

 

 

もしや・・
ゲイの聖地だとか・・

 

 

 

((((;゚Д゚)))))))

 

 

 

あれなんですよ。
宿を取る時、
1番安い宿を選びました。

 

ここまでは良かったんですが。

 

この宿、
レビューは1件のみ。
評価も皆無。笑

 

つまり、
不安でしかない宿。笑

 

 

しかも、
マップスミーで検索しても
宿が出てこないΣ(- -ノ)ノ

仕方なく、宿の近くに印をつけ、
歩き出しました。

 

 

ええ、迷いますよ?(´・∀・`)

 

 

バカにせんといて!(○`ε´○)笑

 

 

ここで、
途中から私のブログを読んでくれる皆様へ。

 

紹介します。

 

私の名は、

 

 

『迷い人。』

 

 

オファーお待ちしています。

 

 

なんのやねんσ゚ロ゚)σ笑

 

 

さて、話戻ります。
この後、私はまた、

 

人の優しさに
心を打たれる出来事に出会うのです。

 

 

それが、道を案内してくれた、
おっちゃん。

 

私が宿の住所を見せるなり、

 

 

「お〜し、こっちだよ。おいで。」

 

 

そう言いながら、

私の手持ちのバッグと、
使い古しの洗濯物と
1.5リットルの水の入った袋を
なんと!持ってくれたのです!!優しい・・( ;∀;)

 

 

道路を渡るときも、

 

「気をつけなよ〜」

 

私のことを心配してくれます。

 

 

そして、どうなったと思います?

 

 

 

おっちゃんと
1時間ほど道に迷いました(・∀・)

 

 

おっちゃん!!笑

 

 

おっちゃんは、
通り過ぎてゆく現地人に声をかけ、
こう話しかけます。

 

 

「ラブホテルはどこだ?」

 

 

ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

 

ちょ!ちょ!
ラブホじゃねーよ!笑

 

勘違いされまいと、
私はとっさにこう言います。

 

 

ラブ ホステル!
ゲストハウス!!笑

 

 

それでも、
誰もラブホはわかりません。笑

 

おっちゃんは、諦めまいと
少し歩いては、足を止め、

 

 

「ラブホテルはどこだ!!」

>ホステル!ゲストハウス!

 

 

来た道をまた戻り、

 

 

「ラブホテルはどこだ!!」

>ホステル!ゲストハウス!

 

 

永遠に繰り返しですよ。笑

 

 

そして・・
おっちゃんも疲れてきたのでしょうか?

 

 

私のショルダーバッグ、
肩に斜め掛けしちゃってるよwww

 

 

私物かよwww

 

 

思わず、吹いてしまい、
一人でずっと爆笑していると、
おっちゃんは・・

 

 

「オケー、オケー。」

 

 

なにがオーケーなのwww

 

 

面白すぎる!!!笑

 

2人は陽気に笑いながら、
5人組の現地人を発見。

 

 

「ラブホテルはどこだ!!」

>ホステ・・

 

 

もう諦めました(・∀・)

 

 

すると、5人組は
地図を調べてくれ( ;∀;)
ラブホへ電話をかけてくれ( ;∀;)

 

 

やっと!!!
たどり着いたラブホwww

 

 

宿の主は、
外で私たちを待っていてくれました。この看板わかりづらいわ!笑

 

 

結局、
2時間もおっちゃんと
ラブホを探し、
へとへとになったおっちゃん。

 

肩に掛けていたバッグを
私に渡し、
そそくさと去って行くのでした・・

 

 

コップンカーーー(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

本当にありがとう!!!

 

 

私は毎日毎日、
誰かに優しくされ、
たくさんの愛を受け取っている。

 

そんな日々が、いつしか
あんなに日本へ帰りたいと
思っていたのに、

 

 

今はもう・・

 

 

ずっと旅してたいです(・∀・)

 

 

世界一周は
危ない奴ばかりだと思っていた。

 

 

でも、
世界一周は、
めちゃくちゃ良い人の方が多い!!

 

 

そう深く思いながら、
チェックインするのでした。笑

 

 

今夜のラブホ!!!笑

 

1泊450円なのに(*´∀`*)

 

ドライヤー付き!
バスタオル付き!
ホットシャワー付き!
綺麗すぎるベッド!

 

 

エアコンつきぃ〜( ´艸`)

 

 

最高すぎる・・( ;∀;)

 

 

ラストバンコク!!
快適な宿で締めれそうです!笑

 

宿に着いてやることは・・

 

 

もちろん洗濯です(・∀・)

 

 

好きになってしまった、
手洗いジャバジャバ。

 

あ〜
私どこでも生きていけるわ〜

 

 

なんて呟きながら、
屋上にあるテラスで
洗濯物を干しました♪( ´θ`)ノ

久しぶりの太陽の下で
洗濯干し干し(*´꒳`*)

 

 

幸せってこういう事。笑

 

 

さて!
落ち着いたところで
カオサンへ繰り出す向かうのは!
お昼ご飯(*´∀`*)

 

あらかじめ、
誰かのブログで
カオサンにあるカレー屋が美味い!
ということを知り、
早速カレー屋を目指しました。

 

そのカレー屋は、
カオサンロードよりも
少し西へ外れた、
多くの露店が並ぶ場所で、
穴場ロード!!

 

と、勝手に呼んでいます(・∀・)

 

歩いている途中、
イングランド人に
話しかけます。

 

ハロ〜。
どこ行くのー?

 

 

「俺は友達とカオサンで待ち合わせしてるよ、君は?」

 

 

お昼ご飯食べに行くの〜!

 

 

「あぁ、そうかい!いってらっしゃい!」

 

 

 

家族かよwww

 

 

適当に会話した後、
着きました(*´∀`*)

 

 

「Gecko Bar」
夜はバーレストランになります。

 

ここには、
グリーンカレー、
レッドカレー、
イエローカレー、
マッサマンカレー、

 

全て揃ってました٩(*´ω`*)۶

 

私が頼んだのは・・イエローカレー٩(*´ω`*)۶
180円(о´∀`о)

 

 

ゴロゴロっと
大きく少し固いジャガイモと人参。
脂身の少ない鶏肉。

 

ちょうど良い辛さと
クリーミーなとろっとした甘さのあるカレー!!

 

 

クソ美味い。笑

 

 

周りの欧米人も、
さすがにサンドウィッチではなく、
ほとんどの人がカレーを頼んでました!

 

 

誰かのブログありがとー!!笑

 

 

マジ美味いわ。(*´∀`*)

 

 

明日も来ようwww

 

 

そして、
適当にブラブラ街を徘徊した後、
快適すぎる宿へ戻り、
体を休めるのでした(*´∀`*)

 

 

旅、最高〜╰(*´︶`*)╯♡

 

では、また!
⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP