ブログ

カンボジアの子供は偉い。

暑くて体がだるい。

 

こんにちはっ!!

 

シェムリアップ滞在7日目です!
カンボジア、ラストです٩(*´ω`*)۶

 

 

さすがに長く居すぎまして、
やることがなくなりました(´∀`*)

 

 

もう旅というより
シェムリアップに住んでる人。笑

 

 

これが正しいです。笑

 

 

起きたら昼の12時Σ(- -ノ)ノ

 

 

やることがなさすぎて
ずーーっと日本の小説を
読んでおりました(о´∀`о)

 

恋愛長編を手に取る私。

 

 

タイトルは

 

「愛しても届かない。」

 

 

 

 

チーン。

 

 

 

昼間から暗いわ。笑

 

 

 

あ〜それわかるわ〜。

 

 

でも暑いし読むのやめたい。

 

 

それでも、
あ〜わかるよ、その気持ち。

 

 

でも暑いし読むのやめたい。

 

 

女ってめんどくさいね〜。
わかるよ、その気持ち。

 

 

でも暑いし読むのやめたい。

 

 

 

結局最後まで
読んじゃいました(・∀・)

 

 

かと言って、
なんの影響も受けず
思いに浸ることもなく、
お昼が過ぎ去っていったのです。笑

 

 

小説を読んでいた場所は、
エアコンの切れた蒸し風呂部屋。笑

 

 

額にしっとりと汗をかきながら、
ロビーへ出ると
新しくきた女の子が。

 

 

一緒に宿の目の前にある
屋台へお昼ゴハンへ
出かけました。

 

 

その屋台は
テツオさんおすすめの
1ドルで焼きそばが食べられるお店!

 

実は、
前日も1人で食べに行きました(´∀`*)

 

 

ここには、
逞しい少年が働いています。 その少年の名は、

 

 

「忘れました。」

 

 

ごめん(´・ω・`)笑

 

 

彼の歳は13歳。

学校に通いながら
毎日母親のお手伝いをしているのです。

 

 

めちゃくちゃ
偉くないですか!?( ;∀;)

 

 

13歳といえば、
まだまだ遊びたい好奇心盛りで
放課後は友達と遊びに行くのが
日常なのではないでしょうか?

 

 

それなのに、
文句1つも言わず、
テキパキと仕事をこなしていました。

 

 

彼に、私はこんな事を尋ねます。

 

 

仕事楽しい?

 

 

「もちろんさ!」

 

 

あ、これ英語で聞きましたから!!笑

 

 

そして彼は、
私に出来上がった焼きそばを渡し、
私にこう聞くのです。

 

 

「オイシイ?」

 

 

日本語ですσ゚ロ゚)σ

 

 

たった13歳の子供が
親の仕事の手伝いをし、
さらには英語も話せ、
日本語もカタコトながら話せる。

 

 

もうそれは、
尊敬の値でしかありませんヽ(;▽;)ノ

 

 

その少年に興味を持った私は、
さらにこんな事を聞きました。

 

 

どうしてそんなに英語話せるの?

 

 

すると、少年は、

 

 

「学校で英会話習ってるよ!」

 

 

そうなんだ、偉いね( ;∀;)

 

 

私は、
その少年がとてもとても偉く思え、
気づいたらチップを渡していました。笑

 

 

母親が留守の中、
1人っきり鍋を振るい、
焼きそばを完成させ
お会計まで済ましてしまうのです。

 

 

なんなら、
両替まで、親に言われずともでかけて、
何もかも1人でこなしてしまうのです。

 

 

その両親も素敵な方々で
いつも笑顔で接してくださいました。

 

 

そして、
その少年の隣では、
10歳にも満たない妹が
パジャマ姿のまま、
せっせとチリソースを
袋へ詰めていたのです。

 

 

それも超マッハです!!笑

 

 

 

日本では考えられない(T-T)

 

 

いや、
日本でも幼い子供が
親の手伝いをしていると思いますが。笑

 

 

こんなカンカンに
太陽が顔を覗かせる中、
文句1つも言わずに
働いている姿をみて、

 

 

心打たれてしまったのです!!!

 

 

カンボジアは
子供がめちゃくちゃ多い国なので
これが当たり前かもしれませんが、

 

 

私が出会ってきた子供達は、
み〜んな、

 

 

一生懸命に働いていました。
(´・ω・`)

 

 

すごいですよね、
勉強もしていて、
さらには働いてる。

 

 

私も仕事しなきゃな(´・ω・`)

 

 

と、
我に返るのでした(´・ω・`)

 

 

とか思いながら、

 

私は呑気に
焼きそばを待っている間、
隣でサトウキビジュースを
売っていたので、

 

 

ちゃっかり買ってきました(・∀・)

 

 

 

食ってばっかり

 

 

 

これが!!
めちゃくちゃ美味しいのです!!笑デターーー!!σ゚ロ゚)σ

 

 

それしか言ってない。笑

 

25円で飲める
サトウキビジュースは
オレンジのような
サッパリした香りと
まさに砂糖のような甘さ!!!

 

 

キンキンに冷えた
サトウキビジュースが
熱くなった体を
徐々に冷やしてゆくのです。解説いらね〜!笑

 

 

仕事しろよ三十路〜!笑

 

 

ついでにいい加減
トイレットペーパーぶら下げるのやめろ!!笑

 

 

 

はい!笑

 

 

 

また買いに行きましゅ(・∀・)

 

 

こうして、
宿へ戻り、暇すぎた私は
パソコンを肩にかけ、
イエロー宿に出向き、
ブログを書いてるわけです\(//∇//)\

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP