ブログ

いざ!チェンマイへ〜!!!

一人旅、再開。

 

こんにちはっ!!

 

お世話になったおしかずに
笑顔でお別れした後、
バスに乗り込んだ私。

 

久しぶりのバス移動。

 

おしかずと行動していた時は
ほとんどタクシーだったから、
もう環境が雲泥の差www

 

しばらく走ると思うのは・・

 

 

さ、寒い・・(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

そうなんです。
こっちのバスって
空調がキツくて、
長距離バスはいつも極寒!笑

 

 

冷房直撃なんですよね。笑

 

 

でも、上着はバックパックの中。

 

体を丸めて
冷えないように
眠りにつきました。

 

ふと、目が覚めると今度は、

 

 

と、トイレに行きたい(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

またかよ〜。笑

 

 

毎回おんなじ苦労に見舞われてますが
今回はいつもよりヤバイ。笑

 

 

なんせ連日
食べ飲みしていたため、
体に水分が溜まり、
休憩毎にトイレへ
駆け込んでも足りない!!笑

 

 

アルコールがまだ体に残ってる!

 

 

ここから、
2時間くらい我慢しました。

 

 

もうあかんわ!
漏れるわ!

 

 

と、目につくのは
ビニール袋。笑

 

 

もうこれにするしかない(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

覚悟を決め、
どこでしようか、
考えていました。笑

 

 

と、思った瞬間!!!

 

 

ピーッ

 

 

ガァアーーーッ

 

 

 

バスのドアが開いた!!!

 

 

なぜ停車したのか
わかっていないまま、
とにかく、バスのスタッフに、

 

 

I have to go to  the restroom!!

 

 

 

「ええ?ここ休憩じゃないよ!」

 

 

 

そんなんもうええねん!笑
トイレ!トイレ!
トイレットぉぉおー!!

 

 

私のヤバそうな顔を見たスタッフは、

 

 

「わかった、こっちだ!」

 

 

商店のトイレに案内してもらい、

 

 

 

ジャーーーーッ。

 

 

 

助かった( – ∀ – )

 

 

マジ29歳にして
漏らす覚悟してた。笑

 

 

そして、そのトイレ。

 

私の滞在時間は1分未満。
トイレの中は、
モスキート地獄!!笑

 

 

1分未満なのに、
3箇所噛まれました(。-∀-)

 

 

もう慣れたわよ、
蚊なんかに噛まれても
気にしないんだからっ!!

 

 

ふんっ(・∀・)

 

 

バスが停車したのは、
幸運なことに、
1人の人が降りる場所だったみたいで
一時的に停止しただけ。

 

 

顔も知らぬ人に助けられました。笑

 

 

誰か知らないけど
ありがとぉ〜(*゚∀゚*)

 

 

 

そしてバスが走ること13時間www

 

 

チェンマイに着きました(*゚∀゚*)

 

 

って、あれ?

 

 

ここチェンマイ??

 

 

ありゃ?

 

 

 

人通りが少ない、
ただのバスロータリーなんですけど!

 

 

明らかに繁華街から遠い。

 

 

もちろん、
私の予約してある宿は
市街地中心の場所です。

 

地図を確認し、
距離をはかってみると、
市街地まで3キロですΣ(- -ノ)ノ

 

時間は23時を過ぎており、
周りを見渡すも、
バイタクらしき人もおらん。笑

 

真っ暗な暗闇に、人がおらず、
その代わりに、いるのは野良犬。

 

 

これはヤバイぞ〜
これはヤバイぞ〜
なんか危険な匂いやぞ〜

 

 

で、どうしたかというと、

 

 

同じバスから降りた
欧米人バックパッカーの団体に、

 

 

勝手についていくことにした。(・∀・)私の頭の中はこう。

 

 

どうせ、みんな
市街地にある
ドミトリーに行くはず。

 

 

ついて行けば無問題(・∀・)

 

 

トコトコついて行きます。

 

1人のサウスアメリカ人を捕まえて、
こう話しかけました。

 

 

あなたどこ行くの!?

 

 

「え?俺?ターペー門の近くまで行くよ。」

 

 

 

٩(*´ω`*)۶

 

 

よっしゃキターーー!!!

 

 

なんと、私の宿も
ターペー門の近くなのです(゚∀゚ )

 

 

すると、
欧米人の団体は、
ソンテオという
タクシーみたいな
トゥクトゥクみたいな乗り物と
交渉しています。

 

 

私は話しているところを割り込み、

 

 

私もトゥゲザーしていい!?

 

 

必死です。Σ(- -ノ)ノ笑

 

 

すると、
声が聞こえなかったのか、
スルーでした(・∀・)

 

 

1人ポツン( ˙-˙ )

 

 

すると今度は
違う女の欧米人らしき人が、
一人当たりいくらで乗れるか、
みんなに説明していました。

 

 

その女は人の数を数えます。

 

 

「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイ、シックッ、セブンン、エイツ・・」

 

 

( ˙-˙ )!?

 

 

1人、2人、3人、4人、・・8に、

 

 

 

・・8人!!

 

 

それ私よ!!8人目私!!
入ってるぅーー!!!
人数に入れてくれてるぅーー!!!

 

 

 

ありがとーーー╰(*´︶`*)╯

 

 

こうして、無事に、
20バーツおよそ60円を支払い、
ターペー門まで向かうのでした!笑

 

 

みんなにお礼を告げた後、
徒歩10分の宿を目指します。

 

 

ターペー門は
周りが城壁のような壁で囲まれていて
夜はここ一帯が
ナイトマーケットになります! 多くの観光客で
ひしめき合うマーケットは、
いろんな方向から
日本語が聞こえてきます。

 

 

 

つまり、
コムローイを見に来た日本人も多い!

 

 

そして、
そのナイトマーケット。めっちゃ可愛い
雑貨ばっか売ってた!!

 

 

人通りも多いし、
安心した私は
バックパックを背負ったまま、
マーケットを物色するのでした。笑

 

 

結局、1時間ほど経ち、
宿に向かうわけです。笑

 

 

ナイトマーケットは
いつしか遠のき、
少し人通りが少なくなった頃、
宿へ着きましたヽ(○´3`)ノ

 

って、
閉まってるぅーーー!!!

 

 

閉店ガラガラで〜す。

 

 

おいおいおいおい!
宿なのに閉まってるよ!?

 

 

1人ポツン( ˙-˙ )

 

 

足元には、野良犬。笑

 

 

今夜は君と野宿だね。

 

エサいる?

 

ごめ、食べカスしか残ってなかった。

 

 

冷静になります。

 

 

・・・。

 

 

え?ヤバイやん?

 

 

とにかく、ドアを・・

 

 

ドンッドン!!

 

 

ドンッドン!!

 

 

叩くしかありませんよね(・∀・)

 

 

端っこの壁に
謎のボタンがあり、
なんのボタンかは知りませんが、
とにかく、
あるものは全て押しましたw

 

 

今度は、
ドアを無理やりこじ開ける作戦。笑

 

 

ここの宿の一階は、
スーツショップになっており、
周りから見ると明らかに・・

 

 

強盗犯。Σ(- -ノ)ノ

 

 

ガチャガチャ
ガチャガチャ

 

 

どうしたら開くか
試行錯誤してました。

 

 

いや、
人の店を荒らすなよっ!笑

 

 

すると、中から人が!!!

 

 

「君、今日宿泊の人?」

 

 

そうそうそうそう!!
遅くなってすみません!
ボウです!ユウコです!!

 

 

ホッと一安心╰(*´︶`*)╯

 

 

無事、宿に着きましたーー!!

 

2階へ案内してもらい、
今夜の宿は・・

 

うん。5つ星ホテルから
急落下、ドミトリー。笑
エアコンなしです( ̄▽ ̄;)!!
2泊なのに、720円。笑

 

 

それに、
階段に・・
階段に・・

 

 

 

ゴキブリが仰向けになって寝てたーー!!

 

 

ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

 

 

ゴキブリだけは
マジで無理っす(・∀・)

 

 

そう、今回の世界一周。

 

恐れるものは、
ゴキブリと南京虫!!!

 

でも、4カ国またいでも、
まだゴキブリには
会っていませんでした。

 

 

なんて幸運なんでしょう。

 

 

いつもドミトリーに着いたら
南京虫チェック。笑

 

いませんでした╰(*´︶`*)╯

 

さて、
翌日のコムローイに向けて
どうやっていくか調べたり、
ブログを書いたりしてると
夜中の3時Σ(- -ノ)ノ

 

寝なければ・・

 

近くのセブイレへ
失くしてしまった
バスタオルを買いに行き、
宿へ戻りました。

 

夜中にガサガサする私をみた
欧米人らしき女に睨まれΣ(- -ノ)ノ

 

重たい体をベッドに沈め、
眠りにつくのでした。笑

 

 

次回、コムローイってどうやって行くの?

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP