ブログ

心が晴れやかに踊る、絶景!!!

不思議な寂しさをただ受け入れる。

 

こんにちはっ!!

 

あのゲリラ豪雨から一転、
地を這うオレンジ色の光が(´∀`)

 

今日は、砂丘ツアーに出発です!

 

 

ただ砂丘だけではなく、
あの不思議な小川と云われがある
フェアリーサンドも
ツアーに含まれています(´-`).。oO

 

 

何よりもまず
身体からこぼれ落ちるほどの
日焼け止めと虫除けスプレーを
塗りたくります。笑

 

 

集合時間は13時。

 

 

お気に入りのラフなスタイルに着替え
出発の時を妄想しながら心待ちにします(・∀・)

 

 

なんの妄想かって?

 

 

それは、世界二周目の時、
旦那さんとどこの国を周ろうか?
という妄想です(*´Д`*)

 

 

 

脳内旦那ですがなにか?(・∀・)

 

 

 

文句あるやつ、
ゲイでもバイでも連れてこい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

 

朝早くに起きた私は
暇すぎて周辺を散歩することに。大してなにもありませんでしたw

 

朝ごはんはバインミー。
フランスとベトナムの融合。パクチーを抜いてもらったのに
この緑の葉がパクチーの味(ToT)

 

気持ち悪くなりながら
朝食を終え、大人しく宿で
引きこもるのでした(ー ー;)

 

 

色々と次の準備やら
やることはあるのですが
残念なことにWi-Fiが不具合。

 

 

繋がらず、やることがなくなったら
とにかく無になるしかありません。笑

 

 

ただ、ただ、白い壁を
ぼーーーっっと一点見つめ

 

 

危ない人になるのでした。

 

 

欧米人に話しかけろって?

 

 

欧米人は決まって朝から
コーヒーとピザ、
もしくはフランスパンを食べています。

 

 

邪魔するわけにはいきませんΣ(- -ノ)ノ

 

 

あいつらどこへ行っても
コーヒーと洋食を食べてる。

 

 

はい、そして。

 

頭の中にワラが詰まりそうなくらい
暇を持て余していると

 

やっと出発( ̄▽ ̄;)少し走ったところで
他のホテルからも人を拾います。
遠くの方から歩いてくる人を見ていると・・

 

 

スビン!!!!( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

 

これはもう運命じゃないでしょうか?(・∀・)

 

 

 

ご機嫌になりながら
スビンと共にツアーへ出かけるのです。笑さて、フェアリーサンドへ着きました。ここは赤土や白土が入り混じり
流れている小川なのですが、
赤土と白土の断層が
崖のようになっており
所々に草木が茂っています。

 

 

そのフォルムがとても美しく

 

 

まるで土が生きていることを
知らせているかのようでした。小川は時々、砂の流れの都合で
穴が空いており
転んでしまいそうになるのですが、

 

 

 

ぎゃー!うぉー!

 

 

 

と叫んでいると

 

 

サッと手を差し伸べてくれるスビン(*´ェ`*)カッコいい(*´ω`*)

 

 

何度も助けてくれました(о´∀`о)

 

 

ホッコリしていると
もう30分は経ってしまったでしょうか?

 

慌ててスビンと私は車へ戻ります。

 

すると、ドライバーは剣幕な表情で

 

 

「お前ら遅いぞ!!!」

 

 

怒られてしまいます。笑

 

 

すみません( ̄Д ̄)ノ車を走らせ、向かったのは
漁師が沢山いる海です!ここムイネーは魚醤の産地だそうです。

 

その後、
イエローサンドを目指します。

 

イエローサンドに着きましたが
私たちが目指すイエローサンドは
降ろされた場所よりも遥かに遠かったつωT`)
ドライバーは私たちにこう告げます。

 

 

 

「この車に乗って、砂の丘まで行け。」これ無料なの?

 

 

「いや、1人70円だ。」

 

 

また金かよ〜!笑
そんな話聞いてねーぞ!笑

 

 

お金は払わないわよ!と
思っていると
その思いを遮るかのように

 

 

 

「じゃあ、2人で93円にしろよ。」

 

 

 

スビンは交渉しはじめます。

 

 

 

カッコいい(●´ω`●)

 

 

私と2人で車に乗りたいのね(●´ω`●)

 

 

いや、違、

 

 

それならお金払ってもいいかなぁ。笑
なんて思っていましたが

 

ドライバーの答えは・・

 

 

「無理だ。1人70円だ。」

 

 

クソッ。

 

 

で、2人は歩くことにしたのです。どうでしょうか?この絶景!

 

 

ジャンプで撮りたくて。あれ?ただのオバサン失敗の笑み。笑随分時間は経ったでしょうか?

 

 

やべっ、また怒られる!
と一目散に1人で車へ戻ります。

 

 

しかし車は見当たりません( ̄▽ ̄;)

 

 

私の後を追ってきた
スビンが車を探しはじめます。

 

 

歩いて

 

 

歩いて

 

 

歩いて

 

 

歩いても

 

 

足が砂に埋もれて
前へ進みません(ノД`)笑

 

 

これは29歳にはキツイわ。
無理よ、こんな道。笑

 

 

スビンと共に途方に暮れていると
前からある車が走ってきます。

 

 

「お前ら探してたんだぞ〜!」

 

 

ドライバーです!!
なんと私達を車で探し回り
迎えにきてくれたのです!(*´ω`*)

 

 

ありがとう(*´∀`*)
感謝してます(*⁰▿⁰*)

 

そしてお次はレッドサンド!すっかり日は暮れてしまい
私はこう思いはじめます。

 

 

これ、ホワイトサンド行けないんじゃないの?

 

 

そう、このツアー。

ホワイトサンドと
イエローサンドと
レッドサンドの3つが含まれているツアー。

 

 

この3つの中でも
一番行きたいと思っていたのが

 

 

ホワイトサンドだったのです。

 

 

でも、車は明らかに市街へ向けて
走り出します。

 

途中、スビンに聞きました。

 

 

ねぇ、私たち、ホワイトサンドへ行ってないよね?

 

 

するとスビンこう言います。

 

 

「イエローサンドがホワイトサンドのことだよ。」

 

 

 

うっそ〜ん!?(´・ω・`)

 

 

 

いや、でも私が写真で見たホワイトサンドは
もっと無垢な真っ白で
見たことのない砂丘だったんです!

 

 

 

それにぶっちゃけていいですか?

 

 

このムイネーへバスで向かっている時に

 

そのホワイトサンド見たんですよね。

 

 

 

意味ねぇぇぇぇええ。笑

 

 

だから絶対違うと思った。笑

 

 

しかし、車はホテルへ向かい
スビンを含めた一緒に乗っている人たちは
イエローサンドがホワイトサンドだと思ってるんです。笑

 

 

ということで
行けなかったホワイトサンド。

 

 

残念すぎる!(´;ω;`)

 

 

ちなみにこんな感じ。こちらからお借りしました

ね?一番キレイでしょ?笑

 

 

 

ブワッ(´;ω;`)

 

 

でも、まぁ仕方ないや。
こうして楽しかった1日が終わります。笑

 

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP