ブログ

日本人を求めて弾丸移動!!笑

日本人が恋しい時。

 

こんにちはっ!!

 

プノンペン、3日目。
ここではキリングフィールドと
宿の近くを不審者のように
徘徊しただけです。笑

 

 

体調悪いせいもありましたが、
なんせどこに行く気にもなれない。笑

 

 

その理由は1つしかありません。

 

 

皆さんもお気づきのように、

 

 

日本人と旅をしたすぎる!!笑

 

 

ほんとにっ!
ここプノンペンで
1人も日本人を見かけません!!笑

 

 

嘘だと思いますか?

 

 

マジな話です(´;ω;`)

 

 

そこで、
日本人がうじゃうじゃいるという
シェムリアップへ弾丸移動ですっ!笑

 

 

プノンペンからシェムリアップへは
もちろんバスで(゚∀゚ )

 

 

7時間移動です(゚∀゚ )

 

 

短かすぎる(・∀・)♡

 

 

人間の慣性の法則は
恐ろしい効果があるようです。

 

 

でもバス移動も飽きてきて
ヒッチハイクなど
ぶっ飛び移動もしたいところですが
女ひとり。辞めておこう。笑

 

 

プノンペンから
シェムリアップまでの
バスチケットは
近くのキャメルバスツアーで
売っているそうです。

 

 

価格は800円

 

鈍った体には
いい散歩になるので
買いに行く予定でした。

 

 

しかしΣ(- -ノ)ノ

 

 

宿のスタッフに
花が咲いたような笑顔で

 

 

「今日はどこへ行くの?」

 

 

と聞かれ、

 

 

シェムリアップ行きの
バスチケットを買いに行くよ!

 

 

とおぼつかない英語で答えると

 

 

「ここで買えるわ。6ドルよ。」

 

 

 

 

( ゚д゚)!!

 

 

 

藪からボウ。( ゚д゚)

 

 

それは言い過ぎ。
2秒も迷わず

 

 

買いました(・∀・)

 

 

なので、出かける用事が
なくなったわけです。笑

 

さて、出発日。
お世話になった宿のみんな。

 

ここのロンはw
とても優しくいつも笑顔で
気遣ってくれました(´;ω;`)
ボラれませんでした(´;ω;`)彼女は日本人の私に
日本のお寿司を買ってきてくれて
食べさせてくれました(´;ω;`)エンはいつも一生懸命
日本語を勉強していて、
「これなんて言うの?」
と積極的に
質問してくれました(´;ω;`)
みんな、
仲良くしてくれてありがとう(´;ω;`)

 

 

トイレは便座がなかったけど。
扇風機は壊れて
蒸し風呂部屋だったけど。

 

 

細胞の1つ1つに
染み渡るんじゃないかってくらい
たくさん愛をもらったよ(●´ω`●)

 

 

 

小躍りできるほど
幸せです(●´ω`●)

 

 

 

小躍りしたらただの奇人
(・∀・)

 

 

さてさて!

バックパックに
愛をたくさん詰め込んで
日に日に重たくなる荷物を
引きづりながら出発です(゚∀゚ )

 

 

とは言っても
目の前のバスに乗るだけですw

 

 

楽すぎて旅らしくない〜!笑

 

 

そこで、朝から
おばぁちゃん並みに早起きし、
ぷらぷら市場を散歩することにしました(o^^o)

 

バナナの叩き売り。 化粧品の叩き売り。途中、ゲリラ豪雨に見舞われ
避難ついでに朝ご飯!!!

 

ライスヌードルwwwこ、これは・・

 

むちゃくちゃ美味しい(о´∀`о)
ムイネーで食したフォーを
超える美味しさです!!!

 

ほんのり甘く
酸味は効いていませんが
それぞれの具材が融合し、
味がギッシリ!濃厚

 

細い麺が
するすると喉を通り
ちょうど良い温かさが
体温を上昇させます(о´∀`о)

 

175円。

 

 

幸せ〜(●´ω`●)笑

 

 

ま、幸せを感じるのは一瞬。

 

邪魔をするのは
お汁にダイブしそうなハエ。
周りはハエパラダイスでしたw

 

 

私、虫がめちゃくちゃ苦手なんです(;ω;)

 

 

虫が苦手な人は
たくさんいるので
普通なことかもしれませんが

 

 

こう見えて、幼い頃は
虫が大好きでしたヽ(*´∀`)

 

 

どのくらい
虫が好きだったかと言うと

 

アリが巣へ食べ物を
運んでいるのをみて
感動した私は
家から角砂糖を持ってきて
餌付けをしていました(・∀・)

 

一生懸命働いているアリを見て
応援したかったんです。笑

 

そんなことをするものだから
当時住んでいた私の家の前は
砂鉄が盛られているんじゃないか?
ってくらいアリの大行列ができ、

 

近所のおばさんに怒られました。笑

 

はたまた、セミも大好きで
セミを捕まえては
家に持ち帰り、

 

 

家の中で放し飼いにしてました(・∀・)

 

 

祖母にお尻を叩かれ
よく怒られたものです。笑

 

 

ある学校の帰り道、
友達とコウロギを見つけ
一緒に遊んでいたら

 

 

ブチッ!!!

 

 

友達がコウロギを
踏み潰して殺したんです!!

 

 

私は怒りに狂い、

 

 

生きてるのに!!!
生きてたのに!!!
あんたなんか嫌い!!!

 

 

その後、

 

その友達とは絶好しました(・∀・)

 

 

その日から、
ショックでたまらなかった私は
コウロギを土に埋め、お花を供え
毎日学校の帰り道に供養をしてましたw

 

 

さらには、
当時の自宅のトイレに
置いてあったバケツで
おたまじゃくしを飼っていたんですが
あまりにも可愛くて

 

 

ずーーーーーっと、

 

 

トイレに引きこもってました(・∀・)

 

 

すると、ドアの向こうから

 

 

ドンドンッ!!

 

 

 

「トイレ行きたいねんけど!!」

 

 

「はよ出てこい!!」

 

 

 

姉は怒っていました(・∀・)

 

 

虫が大好きだった私は
私がトイレから出ることで
おたまじゃくしが捨てられると思い

 

 

トイレから出ませんでした(・∀・)

 

 

フンッ(・∀・)

 

 

あるときなんて
ゴキブリを虫かごで
飼いたいと言い出す私。

 

 

姉は、

 

 

「ゲッ!!頭おかしいわ!!」

 

 

 

反対されました(´;ω;`)

 

 

悲しくなった私は
虫かごを首から掛け
公園へ出かけました。

ダンゴムシ、コオロギ、
バッタ、てんとう虫、

 

 

いろんな虫を虫かごに収め
家へ持ち帰りました。

 

 

 

・・捨てられました(・∀・)

 

 

 

ナゼ(´;ω;`)

 

 

 

しかし、
何があったのでしょうか?

 

今では、その面影はなく
コバエや蚊が
目の前に通ろうものなら

 

 

パンッ

 

 

秒殺です(´・ω・`)

 

 

あぁ、
可愛かったあの頃の私。

 

 

いずこへ???

 

 

 

どーでもええわっ!!!

 

 

ということで、
シェムリアップへ行ってきます!笑

 

 

では、また!
⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP