ブログ

タオ島で死ぬかと思った出来事。

タオ島は物価が高い。

 

こんにちはっ!!

 

はい!
ビーチに向かった私( ´艸`)

 

 

では、その美しきビーチを
とくとご覧あれ〜!!!おぉ?!

おぉ!?

ぉぉおお!?!?キターーーヽ(○´3`)ノ念願だったビーチ(ノД`)水が透き通ってるっ!♡気持ちよすぎた(´∀`=)
幸せすぎた(´∀`=)

 

 

ここから撮影大会。笑どうでしょうか?(´∀`=)

 

 

日本は激寒っと聞いていますが
気分は常夏を
どうぞ味わってください。笑

 

途中、ゲリラ豪雨もありましたが、
ほとんど晴れ!!

 

周りにいたTバックのねぇちゃんも
ガッツリガン見しておきました♡

 

 

あっはーん(//∇//)♡

 

 

2時間ほど遊んだでしょうか?

 

 

周辺をフラフラ散歩しながら宿へ戻り、
お風呂に入る予定でした。

 

 

でも・・

 

周りの欧米人はみーんなっ!
バイクに乗って出掛けてる!!

 

 

この小さい島はバイクがあれば
1日で一周できるとのことで
島に訪れた観光客は
バイクで周遊することがお決まり!

 

 

いいなぁ〜
私も乗りたいな〜
バイクかぁ〜

 

興味津々の私。

 

あちこちにある
レンタルバイク屋。

 

何件もウロチョロ。

 

勇気がなく宿へ戻ります。笑

 

 

バイク乗ることに勇気がないって?

 

 

そう、私は自画自賛するほどの、
運転がクソ苦手。笑

 

 

バイクに乗れば200%事故る。笑

 

車を運転すれば200%
車線の真ん中を走る。笑

 

自転車に乗れば
木にぶつかり、
大事なアソコを強打Σ(- -ノ)ノ

 

歩いていても、
何もないところでコケる。笑

 

 

こんな私。
バイク乗っちゃっていいの?(・∀・)

 

 

あかん!
あかん!
あかん!

 

 

バイクで事故ったら死ぬ!
タオ島で死ぬ!
絶対に事故る!
自分で保証する!

 

 

 

 

 

 

あのぉ〜
バイクレンタルしたいんですけど・・借りちゃってるよ。笑

 

 

1日乗りたい放題450円٩(*´ω`*)۶

 

ちなみに、
ここタオ島にあるバイクは

 

 

125ccしかないΣ(- -ノ)ノ
しかもヘルメットなし!!笑
さらに水着にTシャツを着ただけの格好。

 

 

50ccしか乗れない私。

 

 

乗る前から恐怖( ;∀;)

 

 

とにかくエンジンをかけてみる。

 

 

時速20キロヾ(・ω・`;)ノ

 

 

でも、いざ乗ってみると・・

 

 

最高ぉぉおおおーーヽ(*´∀`)ノ 海が一望できる丘まで
行くことができたんですヽ(*´∀`)ノ

 

 

最高でしかないタオ島(*´∀`*)ノ。+゚ *。

 

 

楽しすぎて
バイクで一周してやろうかと
思いましたヽ(゚∀゚)ノ

 

 

ブンブン進む私。

 

そこで待ち構えるのは・・

 

 

 

砂利道の下り坂。

 

 

おっと!
これは危ないぞ〜。
慎重に、慎重に。

 

 

恐怖すぎて私の取った行動。

 

 

 

時速20キロからの電源オフ!笑

 

 

バイクの意味ねぇ〜っ!笑

 

 

そろ〜っと
滑らないように
慎重にバイクを進めました。

 

ふぅε-(´∀`; )
セーーフ。
よかった・・。

 

再びエンジンをかけ、
走り出す準備です。

 

 

ギュルルゥー。

 

 

あれ?
エンジンがかからない!

 

何度セルを回しても
エンジンがかかりません。

 

そこへやってきた
欧米人らしき2人組の女子!

迷わず、声をかけました。

 

助けて!
エンジンがかからない!

 

すると、女子2人は
かなり力強いキックで
エンジンを
かけてくれました٩(*´ω`*)۶

 

おぉ・・
さすが欧米人(たぶん。笑)

 

 

ありがとー(´∀`=)
でも、バイク怖いよっ!笑

 

そう言うと、
女子2人は気にかけてくれます。

 

 

「大丈夫?」

 

 

怖いっす(・∀・)
でも大丈夫です(・∀・)

 

 

そう言い残し、
再び走り出したわけですが・・

 

 

また現れる砂利の下り坂。

 

 

 

今度は急カーブ付き。

 

 

 

もうダメだ( ;∀;)
怖すぎる!!!
絶対に滑る!!!

 

 

だから、砂利道で
絶対にブレーキを踏んでいけない!

 

 

絶対に滑る!!!!

 

 

わかっていました。
砂利道でブレーキは危険。

 

 

しかしっΣ(- -ノ)ノ

 

 

怖すぎて
ちゃんちゃらブレーキを踏む私。笑

 

 

 

ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!
死ぬぅぅうううううーー!!!

 

 

奇声をあげ、
恐怖に怯えていました。

 

そこで振り向くは、
さっきの女子2人!!!!

 

 

「ちょっと!あなた大丈夫!?」

 

 

その女子2人も
砂利道の急カーブ下りに
危険を感じ、
引き返しているところでした。

 

 

大丈夫じゃないです(´;ω;`)

 

怖いです(´;ω;`)

 

滑ります(´;ω;`)

 

助けて欲しいです(´;ω;`)

 

 

 

「ゆっくりよ!ゆっくり!スピード出さないで!!」

 

 

わかってる(´;ω;`)
電源オフってる!笑

 

 

キィーーーッ

 

 

キィーーーッ

 

 

「そこでブレーキはダメよ!!危ないわ!!」

 

 

わ、わ、わ、わ、わか、
((((;゚Д゚)))))))
わかってまーーーーッ

 

 

「ゆっくりよっ!!!」

 

 

キィーーーーッ!!

 

 

ガッシャーーーンッ!!

 

 

 

事故ってしまったのです。

 

 

 

( ゚д゚)!?

 

 

「ちょっと!!大丈夫!?」

 

 

2人が乗っていたバイクを
1人の女子に預け、
急いで駆け寄ってくれる
女子もう1人(´;ω;`)

 

125ccの重たいバイクは
私の左足にのしかかり、
足はバイクの下敷きに。

 

その衝撃で、
内ももは強打。
赤く腫れ上がり、

ふくらはぎは擦り切れ
血が滲む足。
起き上がると・・

 

 

痛すぎて歩けない。。
((((;゚Д゚)))))))

 

 

バイクを起こしてくれた女子2人。

 

そのタイミングで、
タイ人の男が通ります。

 

 

「おいおい!大丈夫か!?」

 

 

すみません(´;ω;`)
事故りました(´;ω;`)

 

彼は、
エンジンのかかりにくくなったバイクを
一生懸命に、
エンジンをかけてくれ、こう言います。

 

 

「そっちは危ない!来た道を戻れ!」

 

 

はいそうします(´;ω;`)

 

 

そして女子2人は、

 

「私たちと一緒に戻りましょ!!」

 

そうします(´;ω;`)
そうします(´;ω;`)

 

 

1人の彼女は、
私のバイクを後ろから掴み、
滑らないように
細心の注意を払ってくれました。

 

 

「ゆっくりよ!ゆっくり!!
エンジンかけなきゃ!前へ進まないわ!」

 

 

無理です(´;ω;`)
怖いです(´;ω;`)

 

 

もう完全に
バイク恐怖症になってしまった私。笑

 

 

なんせ目の前に広がるのは、
砂利が散乱した道ばかり。

 

そして
アップダウンの激しい坂。

 

そこで、今度は
欧米人らしき男が通ります。

 

 

「おい!どうした?」

 

「この子、事故っちゃってケガしてるわ。」

 

すみません(´;ω;`)

 

「オーマイガーだよ!
よし、俺の後ろへ乗りな!」

 

イインデスカ(´;ω;`)

 

「じゃあ、私はあなたのバイクを運転するわ。もう大丈夫よ。」

 

 

ほんとすみません(´;ω;`)
もうバイク乗りません(´;ω;`)

 

 

こうして男女3人組に助けられ
砂利道を全て突破し、
ゆっくり、ゆっくり、
私の宿まで送ってくれました。

 

 

すみません(´;ω;`)
感謝しかありません(´;ω;`)
ありがとうございます(´;ω;`)

 

 

そう何度も、
ジャパニーズお辞儀をすると、
その3人は笑顔で、

 

「心配しないで!幸運を♡ね!」

 

ありがとうございます・゚・(ノД`;)・゚・

 

 

 

もう絶っっっっ対に
バイクには乗らねぇぇえ!!笑

 

 

 

こうして、恐怖にまみれた私は
歩きにくくなってしまった
足をひきづりながら・・

 

 

バイクを返しに行きました(・∀・)

 

 

バイクの乗車時間。
ものの30分。笑

 

レンタルバイク屋は、
不思議に思っているようでした。

 

そりゃそうです。笑
いくらなんでも帰ってくるのが
早すぎるからです!!笑

 

事故がバレまいと、
私は何食わぬ顔で
こう言いました。

 

 

いやぁ〜!
景色最高だったよ!!
もう超満足(`・∀・´)

アリガトウゴザイマシタ〜。

 

 

「あら?もういいの?」

 

 

ぶわっ(´;ω;`)

 

モウマンタイ(´;ω;`)

 

 

てか・・
みんな・・

 

 

あんな砂利道でよく乗るわ!!笑
なんで滑らないの!?
不思議でたまらない!!笑

 

しかもほとんどノーヘルメットよ!?
死ぬよ!?

 

 

マジで死ぬかと思った。

 

 

幸いなことに、
滑るとわかっていたことで
電源をオフにし、
スピードは20キロ以下にしていたこと。

 

これが50キロとか60キロ
生身の体が地面に擦れていたものなら・・

 

 

死しかない((((;゚Д゚)))))

 

 

生きててよかった(´;ω;`)

 

ということで。笑

 

アホな女は、
ここタオ島で
スリルと楽園の両方を
同時に味わう
1日を過ごしたのでした(´ཀ`」 ∠)

 

 

では、また!
⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP