ブログ

まさか会える時が来るとは・・。

縁ってどんなもんよ。

 

こんにちはっ!!

 

12月21日。

 

この日は!!
あの、旅でかなりかなり
お世話になった人と会う日です!!

 

私のブログをはじめから
読んでくださっている方は
ピンときたかと思います。

 

改めまして、
ご紹介します。

 

 

「ハヤト」

 

 

それは、厳しく時に甘い男。笑彼と出会ったのは
ひょんなことからであり、
運命的とも言えるウザい出会い。笑

 

世界一周へ行く前、
Facebookで自分の苗字を
検索していた時のことでした。

 

なんで検索したかって?

 

私の苗字は日本全国に
200世帯程度しかいない
とても珍しい苗字です。

 

「同じ苗字っておるんかな?」

 

なんとも
単純な好奇心でした。笑

 

そこでトップに表示されたのが
ハヤトだったわけなのですが。

 

 

ここからが凄いんです!!

 

 

彼とは同じ神戸出身。
しかも、同じ歳。

 

 

( ゚д゚)うぇぇえ!?

 

同じ歳でいるの!?

 

思わず、
友達申請をしました。

 

すると、
メッセージが届きます。

 

「どこかで会ったことありました?」

 

いや、
ないと思いますけど・・

 

「いや、会ったことあるよ。」

 

はい?( ˙-˙ )

 

 

それが・・
まさか・・

 

 

 

16年前に出会った事のある人でした。

 

 

 

16年前といえば、
私は13歳の中学生。

 

当時、部活動で
柔道部に所属していて
ちょいちょい試合がありました。

 

試合の待機時間に、
女友達と並んで座っていた私。

 

そこで、
背後から知らない男が
私の名前を呼ぶんですよ。

 

「○○!!○○!!」

 

「めっちゃ失礼!!知らん人やのに、
いきなり呼び捨てとか失礼やわ!!」

 

私の女友達は
とても怒っていましたw

 

後ろを振り返ると、
そこには、
名前を呼んでいた男と
ハヤトが座って居たんです。

 

意味、わかりますか?

 

 

同じ苗字である私たちは、
名前を呼ばれると、
2人が振り返る。笑

 

 

そこで、
ハヤトの柔道着に縫われていた、
名前の刺繍をみて、驚くわけです。

 

 

同じ苗字がいる!!
同じ苗字がいる!!

 

 

この時、
お互いに驚いたものの、
会話は発展することはなく、
仲良くなることもなく
出会いは一瞬の出来事となりました。

 

それが16年の時を越え、
ネット上で再会。笑

 

 

「君の名は。」

言いたかっただけw

 

 

私は、あの時のことを
今だに鮮明に覚えていて。

 

ハヤトもまた、
私の女友達のことまで、
ハッキリ覚えていました。

 

彼とは、
ここから意気投合をし、
いろんな話をする中で
ある、共通点を見つけます。

 

それは。

 

 

「これから世界を旅する女。」

 

と、

 

「これまでに世界を旅した男。」

 

 

そう、2人とも
バックパッカーだったのです。

 

こうして、
世界一周へ旅立つ頃、
ハヤトは立派な旅のアシスタントとなりました。笑

 

貴重品ポーチを買え。

英語の勉強をしろ。

twitterのアカウントを作れ。

インスタを始めろ。

旅中に物を売れ。

語彙力を身につけろ。

自己主張の癖をつけろ。

ボラれないように交渉しろ。

 

あーしろ、こーしろ。

 

毎回・・
毎回・・

 

 

うっさいんじゃぁぁあ!!

 

 

偉そうなんじゃぁぁあ!!

 

 

充電ない時に
メールしてくんなぁぁあ!!

 

 

Wi-Fi繋いだら
君の未読に寒気がぁぁあ!!

 

 

ふぅ(・∀・)

 

 

なんか聞こえましたぁ?

 

 

いくつもの偶然が重なり、
これを読んでいる方は、
運命だと思っていますでしょうか?

 

でも・・

 

運命の人ではないです(・∀・)

 

 

なにが嬉しくてコイツと・・

 

 

ボソッ(´ཀ`」 ∠)

 

 

まっっっっっっったくっ!!
興ぉぉぉぉぉぉ味が無ぇぇわ!!

 

 

「それはこっちのセリフじゃ!」

 

という声が聞こえます(・∀・)

 

ま、でも、
数えたくないくらい
ハヤトには助けられました(棒読み)

 

語学留学も勧められ
いくことになったのですが
彼がいなかったら、
旅はもっと酷いことに
なっていた気がします。笑

 

涙が出るくらい、
大変お世話になりましたので
お礼をお伝えしたかったです。
どうもありがとうございました。

 

来年もよろしくお願いします。

 

旅が進むにつれて
すっかり感謝の気持ちで
いっぱいになった私は、
旅中、何かがあると即座に・・

 

ハヤトー!
ハヤトー!
ハヤトー!

 

SOSです( ´艸`)

 

 

しかしΣ(- -ノ)ノ

 

ドSなのか?さじ加減なのか?
彼は飴と鞭の使い方が上手く、
決して甘やかしてはくれません。

 

 

「甘えるな!自力で頑張れ!」

 

 

ですよね( ˙-˙ )

ですよね(´・∀・`)

ですよね(´;ω;`)

 

 

「今すぐやれ!明日行け!」

 

 

超スパルタなんですけどΣ(・ω・ノ)ノ!

 

その厳しさは、
まるで、大草原に放り出された
ライオンの赤ん坊の気分でした。

 

 

それでも、
体調を崩した時なんかは、
甘く、甘〜い優しさ。

 

私のように無知で
暴走するタイプをみていると、
放っておけないんでしょうね。

 

わかりますその気持ち(´・∀・`)

 

っと、もうこの辺で
よろしいですか?(・∀・)笑

 

はい!笑

ということで16年ぶりに
再会しました次第です!!笑いやぁ〜、
相変わらずウザい奴です。

 

デリカシーのない男と
キツい女が掛け合うと
どうなると思いますか?

 

それはもう・・

 

罵り合いですwww

 

でも、これくらいが
楽で楽しいわ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

カフェで盛り下がり。笑
飲みに行くことになりました!久しぶりに
飲んで飲んで飲んで。

 

格段に仲良くなりました!笑

 

なにを話したかも、
あまり覚えていません( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

とりあえずうるさいです。笑

 

しかし、唯一、
耳をダンボにして
聞き取った彼の言葉。

 

「それにしても冗談抜きで
ブログ書くの上手くなったな!
初めの方は酷かったけどな!」

 

一言多いんじゃ!このクソ男!

 

そう?(●´ω`●)
もっと褒めて(●´ω`●)

 

ハヤトの飲んでいたワインまで奪い、
眠たそうにする姿を尻目に
お構い無しに話しかける私。笑その話しかけた内容が・・

 

 

ハヤトの野望ってなに?

 

 

「お前・・蹴り飛ばしたろか!」

 

え(・∀・)

 

「全然、人の話聞いてねーし!」

 

え(・∀・)

 

「眠たいって言ってるやろーが!」

 

え(・∀・)

 

 

やっぱり罵り合い。

 

 

でも、楽しかった(´∀`*)
ハヤトありがとー(╹◡╹)

そして
ハヤトからの次の命令。

 

 

「携帯をSIMフリーに替えろ。」

 

 

ほんまに・・

 

 

うっさいんじゃぁぁあ〜!

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP