ブログ

プノンペンで絶対に行くべき場所。

トイレットペーパーがない国。

 

こんにちはっ!!

 

さて、プノンペン初日から
色々思うことはありますが。笑

 

今日はキリングフィールドへ行ってきました!
ロンと約束通り、
トゥクトゥクに乗って出発です!

 

皆さん、

キリングフィールドは知っていますか?

 

 

今からまだ30年前という
割と近い年に起こった
カンボジア国民の大虐殺が行われた場所です。この時、カンボジアは
ポルポト政権に支配されており
大虐殺は行われました。

 

 

亡くなった人の数は300万人以上と言われ
この時のカンボジアの人口は800万人
およそ4人に1人が殺されたそうです。

 

 

人々が
極悪非道な拷問を数週間、
数ヶ月に渡って受けた後、
嘘の供述を書かされ

 

選択の余地もないまま、

 

 

殺されました。

 

 

中には、罪のない子供達、
都市に住んでいるという理由や
メガネをかけている、というだけで
殺された人もいたそうです。

 

 

トゥールスレンに収容された国民たちは
毎日、炎天下の中
12時間、または19時間の労働を課せられたそうです。

 

 

与えられる食事は
1日2回のおかゆだけ。

 

 

飢えと過労で3万人以上の人が亡くなったそうです。
拷問は、目を背けたくなるほどに酷い。

 

電気ショックを与えられたり
恥部をペンチで切られたり
糞便を食べさせられたり。

 

少しの物音を立てると
殴られ、蹴られ、
糞便の混じった水に
頭を入れられたそうです。収容所として使われた
トゥールスレンは
塀の周りを金網で囲み
人々が収容されている小屋は
窓もなく、鉄格子で全て閉ざされていました。国民の叫び声やうめき声が
外に漏れないように
常に、音楽を流し存在を隠していたそうです。

 

 

だから、誰も何も知る術がなかった。

 

 

あなたが幼い頃、
あなたが勉学に励んでいた頃、
あなたがまだ母親のお腹の中にいた頃、
あなたが幸せを感じていた頃、

 

 

同じ地球で

 

極度の飢えに耐え、拷問を受け
自分の死が来ることに
ただ、ただ、恐怖を感じていた人々が
300万人以上もいたのです。

 

 

私は一切の言葉も出ませんでした。

 

 

たった1人の誤った考え方が
300人以上の人の命を奪った。

 

 

 

それも何も罪のない人達が、です。

 

 

ポルポトが目指す国は
完全なる自給自足の国。

 

 

だから、農民こそが価値のあるものだとされ、
それ以外の教育者や、医者、エンジニア、
さらには、その下に連なる子孫や親族までもすべて皆殺し。

 

 

農民以外の者はただ生きているだけで
死刑に値する犯罪者として扱われたのです。
ポルポト復讐者を防ぐためだけでも人が殺されました。

 

 

「雑草を取り除くなら根こそぎ。」

 

 

ポルポトの言葉です。

 

 

従わない者や
口答えをした者は
即座に処刑。

 

 

処刑はキリングフィールドで行われ
毎日300人以上の人が殺されたそうです。

 

 

殺される前は死体の腐敗臭を防ぐため、
おかゆに殺虫剤を混ぜられていたそうです。

 

 

極度の飢えに苦しんでいた人々は
殺虫剤入りのおかゆを食べ
意識が朦朧とする中、
ハンマーや斧で頭を殴られ殺されました。うめき声を上げないよう、
ココヤシの幹の固く尖った部分を使って
声が出ないように喉を切られる者もいたそうです。

 

 

毎日増える死体を墓穴に埋め
死体を積み上げていたその場所は
土が腐敗のガスによって穴が開き、
今もまだ、殺された者の骨が出てくるそうです。子供を持つ母親は
自分の目の前で我が子を木の幹に頭を打ちつけられ殺されます。木には今もまだ打ちつけた後のような
くぼみがありました。

 

 

このキリングフィールドには
無数に窪みのような穴が開いており
毎日、毎日、死体が捨てられていたそうです。カンボジアの黒い歴史として残る実際に起こった

 

 

最悪な出来事。

 

 

 

絶対に忘れてはいけないこと。

 

 

 

最悪な出来事とは、
こういう時に使う言葉なんだと
思いました。

 

 

そして、

 

 

二度と起こしてはならないこと。

 

 

今もまだ、うめき声を消す為に
かけられていた曲が
頭の中をループしていて

 

 

とてもとてもいたたまれない気持ちです。

 

 

 

きっと、ここに収容され殺されてしまった人々は
今後、私たちが感じることのない恐怖を
毎日、毎日、感じながら怯えていたに違いありません。

 

 

 

大切な人、友人、家族、
数え出したらキリがないほど
大事な人を想い、
皆、助かることを願って過ごしていたはずです。

 

 

 

でも、叶わなかった。

 

 

 

1人の間違った考え方によって。

 

 

 

すべて失われてしまった。

 

 

 

あなたは何か感じますか?

 

 

プノンペンで絶対に行くべき場所です。
キリングフィールド、行ってください。

 

 

では、また!

 

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP