ブログ

プノンペンで起こる出会い!!

第3カ国目。

 

こんにちはっ!!

 

さて!
カンボジアのプノンペンへ到着しました٩(*´ω`*)۶

 

 

結局、プノンペンへ着いたのは
夜の21時!!!笑

 

 

お先真っ暗(´ཀ`」 ∠)

 

 

で、恒例の宿探し!
マップスミーを開き、
距離を確認します。

 

 

その距離2キロ٩(*´ω`*)۶
近い!近い!歩ける!!

 

 

地図とにらめっこしながら
バックパックを背負い、
腰のベルトをきつく締め上げます。

 

 

その隣でずーーーっと
声をかけてくるのが
トゥクトゥク!!!!カンボジアのトゥクトゥクって
4人乗りなんですね。

 

もちろん無視です。

 

 

絶対に乗らないから!!笑

 

 

さて!しゅっぱーつ!!
と一歩足を踏み出した途端に、
1人の男の人に声をかけられます。

 

 

「ねぇ、君はホテルまで歩いて行くの?」

 

 

え?うん!歩くよ!

 

 

そう言うと、

 

 

「君のホテルはどこ?僕のホテルはここなんだけど・・」

 

 

そう言いながら彼は私に地図を見せ
その後ろからトゥクトゥクドライバーが

 

 

「1人3ドル!2人で6ドル!」

 

 

 

うるさいです。笑

 

 

え?あぁ、私のホテルはここ。
あなたと近いね。
でも私は歩いて行くよ。

 

 

「ええ?歩くの?ここ遠いよ!」

 

 

>1人3ドル!2人で6ドル!

 

だってトゥクトゥク、高いもん。

 

>1人3ドル!2人で6ドル!

 

すると、彼はこう言い出します。

 

 

「じゃあ、2人で乗ってシェアしたらお金半分になるし、そうしない?2人で3ドル。どう?」

 

 

>1人3ドル!2人で6ドル!

 

 

ほぅ・・。

 

 

2人で3ドル・・。

 

 

乗りましゅ(・∀・)♡

 

 

こうしてドライバーに了承を得て
彼と共にホテルを目指します。

 

 

彼は、オーストラリア人。
オーストラリア人は
英語の発音が良すぎて
マジで何を言ってるかわからない。笑

 

 

例え出しましょうか?

 

 

スタートって
言葉がありますよね?
あれ、オーストラリア人から聞くと

 

【スタッツ】

 

どうひねってもスタッツです。

 

 

え?なに?スパッツ?
スタッツゥ?なになに?

 

 

永遠これの繰り返しです(´・ω・`)

 

永遠これの繰り返してたら
お先に彼のホテルへ着きました(・∀・)

 

 

そして、
彼は1.5ドル分を
ドライバーに渡します。

 

 

すると・・

 

ここからまたもやお金トラブルが巻き起こるのです。

 

 

「おい!1人3ドルだぞ!」

 

 

デターーー!!笑

 

 

彼は呆れ顔でこう言います。

 

 

「あんたは言ったよな?2人で3ドルだって。」

 

 

「いや、言ってない。2人で6ドルだ。」

 

 

「俺はそう聞いた!2人で3ドルだ!」

 

 

 

はぁ(。-∀-)
またはじまったよ、盗れ盗れ詐欺。

 

 

私は大人しく
その様子をみてました(・∀・)

 

 

ずっと彼とトゥクトゥクドライバーは
言っただの、聞いてないだの、
同じことを繰り返し会話を重ねます。

 

 

もう10分くらい時が経ち
私は、大人しく・・

 

 

蚊に噛まれるのです。笑

 

 

そして、
めんどくさくなってきた私。

 

 

あ”〜ッ!!もうええわ!
私、ここから歩いて行くし!
3ドルは払わへんから!!

 

 

そう力強く言葉を投げた後、
ドライバーに1.5ドル分のベトナムドンを渡し、さよならしました。

 

 

そして、
ベトナムにも似た、
この薄暗いプノンペンの街で
夜な夜なホテル探しがはじまるのです。

さすらい

 

さまよう

 

宿の道

 

ふらつき見つけた

 

宿の場所

 

 

10分ほど歩くと宿ありました!!ここも、日本人がいない。笑
ちょっと寂しさを感じながら
チェックインをしていると
宿の主が、こう言いはじめます。

 

 

「あなたの名前ないね。予約してくれた?」

 

 

えええ(´・_・`)
予約したよ?

 

 

おもむろに、携帯を取り出し
予約画面を見せます。

 

 

すると、

 

 

1日ズレて予約していたみたいでした(・∀・)

 

 

ほんとバカすぎる(*⁰▿⁰*)

 

そこで、部屋の空きがなく、
急遽、系列店へ泊まることになった私。1泊300円荷物を移動させ、
ロビーでブログを書いていました。

 

 

後ろから、トントン。

 

肩を叩かれ振り向きます。

 

 

そこにいたのは
宿のスタッフであるエン。彼は英語がペラペラ。
なのに、日本語学校にも通っていて
夜な夜な勉強していたのでした。

 

 

すごいですよね〜。
私なんて日本語も話せないのに(ノД`)

 

 

彼は笑顔で私にこう言いました。

 

 

「日本語教えて欲しい!」

 

 

可愛い(*´-`)

 

そこからずっーーーーと
ローマ字で発音の仕方を
教えるのでしたwいや、英語教えて。笑

 

 

 

すると、
今度はちょっと酔っ払いの男が
近寄ってきて
私に話しかけてきます。

 

 

「君、日本人!?俺、日本人大好き!!」

 

 

あら♡
ありがとう(*´-`)

 

 

すると彼は
ご機嫌な表情を浮かべながら

 

 

「君にビールをご馳走するよっ!一緒に飲もう!」

 

 

 

ビール・・(・∀・)

 

 

私、ビール苦手なんです。笑
ビールだけは苦くてちょっと。

 

でも、まぁ、
ご好意は受け取ろうと思い
ビールでカンパイです。img_4246後で高額請求されない?(´・∀・`)

 

 

大丈夫?(´・∀・`)

 

 

彼は26歳。
警察官の学校へ通っていて
彼の兄がこのドミトリーを経営し
ここへ住んでいるそうです。

 

 

休みの日はトゥクトゥクドライバーの
アルバイトをしていて
こんな会話を耳にしました。

 

 

「明日はお客さんを乗せてキリングフィールドを回るんだ。君、キリングフィールド知ってる?」

 

 

 

(´⊙ω⊙`)!?

 

 

それ!私、明日行くよ!!

 

 

そうなんです。
彼と出会う前、
日本語を教えていたエンに
ちょうどキリングフィールドの行き方を聞いていたところでした。

 

 

エンはトゥクトゥクで行くべきだと
私に言い、
相場料金は12ドル〜15ドルだそうです。

 

 

15ドル(´ཀ`」 ∠)

 

 

高すぎる。笑

 

 

そこで、酔っ払いの彼は
私にこんなことを教えてくれました。

 

 

「1人でトゥクトゥク乗ると高いよ。
だから誰か見つけてシェアすると1人5ドルで往復できるから。」

 

 

マジ!?(´⊙ω⊙`)
そんなシステムなの!?
それ教えてくれんの!?

 

 

超優しくないですか?w

 

 

そして酔っ払いの彼は続けて
こう言います。

 

 

「明日、よかったら乗せて行ってあげるよ。キリングフィールドの博物館へも寄るし便利だと思う。」

 

 

ええええええ(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
マジ!?ありがとー!!

 

 

こうして、私は
明日、キリングフィールドへ
なんの苦労もなく
向かえる約束ができたのでした( ´艸`)

 

 

すっかり意気投合をしたその彼に
名前を尋ねました。

 

 

このブログを読んでくれている
あなたにも紹介します。

 

 

その彼の名は・・

 

 

 

彼の名は・・

 

 

 

次回!彼の名を知る時、1つの試練が生まれた。

 

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP