こんにちはっ!
自助力の専門家、恋愛コーチYUKOです!

「たった1人の男性から愛され大事にされる女性」を増やすために自己肯定感や男性心理を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

自己肯定感が低い根本的原因

「恋愛での在り方ってなんですか?」と問われることが多いので解説したいと思います。

「恋愛で在り方を決める」とは、

「本心の欲求」を明確にしましょう!

「本心の欲求に従った選択ができるようになりましょう!」という意味です。

でも、本心の欲求と聞いてピンっとくる人はいないでしょう。笑

これまでに自分の本当の気持ちや欲求をないがしろにしてきて、

粗末に扱って本音を見てみぬフリをしてきた人がほとんどだから、

本心の欲求はなんですか?と問われて即答で答えられる人はいません。

特に日本の教育は右向け右、

多数決、丸暗記思考で

おまけに出る杭は打たれる風潮にあるし、

個性は出すと嫌われるか批判されたり白い目で見られがち。

そうやって生きてきて思考停止しているのがデフォルトだから、

自分にとって1番居心地のよい選択をするってことが苦手な脳になっているんです。

あなたは悪くない!

ついつい隣の人を見てしまって自分の感じた感覚を信じる&採用ができない。

だから、自己肯定感が低くなったりする。

自己肯定感を高めるには

自分の本心の欲求とはなんぞや?

からスタートする必要があるんです。

恋愛でいう在り方を決めるとは、

「あなたはどんな恋愛がしたいのですか?」
「あなたは恋愛でどんな状態だと幸せなんですか?」
「男性からどのように扱われたいのですか?」

逆に

「あなたはどんな恋愛はしたくないんですか?」
「あなたは恋愛でどんな状態はイヤなんですか?」
「男性からどのように扱われたくないんですか?」

といったような質問を繰り返してノートに書いていくんです。

在り方って本心の欲求だから

「私はこうなりたいんだな」

こんな状態は本当は望んでないんだな」

ってことを自覚すればいいだけなんです。

もしくはコミットすれば良いんです。

それが自分と向き合うという意味であり

その先に自己肯定感が高くなる。

あなたは恋愛にどんな状態を望んでますか?

たとえば、私の場合だと男性心理を勉強する前に在り方を決めました。

なぜ?決めたのかというと、

「もう不倫ばっかりの幸せになれない恋愛はしたくない!! 

「私だって平凡で構わないから相思相愛な恋人になりたい!!」

と強く願った流れで私はどんな恋愛をしたいのか?

と自問自答をしたとき以下がフワッと出てきたんです。

「たった1人の男性から愛され大事にされる女性でありたい」

後に「たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続ける」

というポリシーに変わったのですが、

これをコミットしたことで自分の信念が変わります。

そして、自分の本心の欲求をコミットしているわけだから、

無理なくストレスなく男性との関係をスムーズに運ぶことができます。

たとえば上記に沿わない、

大事にしてくれない男性が現れたら相手にしなくて良いわけです。

コミットしてしまうと信念が変わるから

大事にしてくれない男性といると違和感を感じるようになります。

もちろん、コミットした後に現れた不倫希望の男性に対しても

違和感を感じるようになり応えることはありませんでした。

コミットしたら在り方から成る直感のサインが

この男性は違うよーと知らせてくれているわけです。

あなたの在り方からズレてるよ!というサインなわけ。

自己肯定感を高めるコツ!

よく自己肯定感を高めましょう!と言ってると思いますが、

私からはこんな感じに見えてるから高めよう!と言ってます↓

「私は愛されるはずがない女性である」
「私は大事にしてもらえない女性である」
「私は男性を追いかけるのが好き」
「私はいつも不倫ばかりである」
「私は価値がない、価値が低い女性である」

恋愛がうまくいってない人の思いこみはだいたいこんな感じです。

これを書くと

え?いや私は恋愛をうまくいかせたいと思ってるんです!!

ってなると思うんですけど、

あなたの信念(思い込み)が上記のようなもので染まってるから

うまくいかない行動(結果)になってるんです。

基本的に人間は思考どおりの行動になります。

思考と違う行動はできない仕組みです。

だからまずは男性心理を学んで行動する前に

自己肯定感を高めることが先なんです、、。

もちろん、男性心理を学んで行動することで

信念が変わっていくこともありますよ。

でもそれだけではイマイチ効果がでない女性もいるんで、

根本から変えたほうが確実なんです。

自己肯定感を高める方法!

恋愛以外にも日頃の生活の中から

自己肯定感を高める方法を紹介します!

それは、、

自己の内観法です。

この方法は私が独自に改良を重ねて開発した方法です!

ある手順に従って自分と対話していくことによって

本心の欲求を捕らえてまた表現(行動)していく。

その習慣をつけることで自動的に自己肯定感を高めて

最終的には自分軸までも養えるという画期的な方法です!

そうすることでどうなるのかというと、

自分の心を大事にした生き方ができるようになります。

そしてこの生き方は

これからの時代に必須の生き方でもあります。

嫌なことは嫌だと言える(言わないという選択もできる)

彼氏に合わせなくなる、

素直な気持ちを詰まることなく言えるようになる、

自分の幸せと居心地の良さを第一に考えて

行動ができるようになる(自分軸の形成)

悩みがなくなる、ストレスフリーになる。

いいことずくめなわけです。

自己の内観法の手順を書いておきますので

1人でできる方は参考にしながらやるのがおすすめです!

でも自己の内観は1人では難しいので

私と一緒にやったほうが確実です!

ネットで調べてもやり方はでてきません。

この自己の内観法の手順は

私が独自に開発をしたものだから。笑

ググっても私のブログ記事が出てくるだけ。笑

自己肯定感を高める具体的な手順!

自己の内観法の手順!

①出来事・事実を書く
②1に対して5w1Hの質問使って深掘りをする
③2に対して共感・肯定を繰り返す
④本心の欲求を書く
⑤〇〇〇〇を繰り返す
⑥〇〇〇〇を書く(④を中心に考える)
⑦〇〇〇〇を書く
⑧〇〇を書く(⑥と⑦を考慮する)
⑨〇〇する!

自己の内観のルール

内観は後から見返すことができるように、ノートに書きだしていきます。


①出来事・事実を書く

出来事や事実とは、ネガティブな出来事に対して書きだしていきます。

書きだす出来事は一つまで。

下記のようなやり方はお勧めしません↓

•お父さんに結婚はまだなのか?と聞かれてウザいと思った。

•彼氏から太ったね、と言われてショックだった。

この2つを内観するなら、①〜⑨までの手順を順にやっていくこと。

②1に対して5w1Hを使って深掘りをする

次に、1で書き出したネガティブな感情にたいして、

「いつ、どこで、誰が、なにを、どのように、なぜ?」という質問を使って、

本当の自分はなにを求めてたのか?

なんで嫌だったのか?

なんでショックだったのか?

どうなればよかったのか?

どんな結果だったら納得&満足できたのか?

と本心の欲求が掘り起こされるまで深掘りをしていきます。

特に、「なぜ?」という質問は

問題の根本的原因を追求するのにうってつけ。

例えば上記の例で言うと、

•お父さんに結婚はまだなのか?と聞かれてウザいと思った。

→「なんでうざいと感じたの?」

 

→「自分だって結婚できるように婚活をして頑張っているのに、

結果がまだ出ていない自分にたいして急かされたようで気分が悪かった」

 

「じゃあ、どのようにお父さんから声かけをしてもらいたかったの?」

 

→「頑張ってるんだな、と言われたらよかったかな」

こんな感じです↑笑

こうしてどんどん、

本当は自分はなにを感じてなにを望んでいるのか?

自分の気持ちがスッキリするまで書きだしていきます。

③2にたいして共感・肯定を繰り返す

次に、2でできた感情や感じたことについて、

まずは自分の気持ちに寄り添ってわかってあげる、

ネガティブな思いに共感してあげます。

上記の例だと「自分だって結婚できるように婚活をして頑張っているのに、

結果がまだ出ていない自分にたいして急かされたようで気分が悪かった」

→「そうだよね、頑張っていることをわかって欲しかったよね。わかるよ」

こんな感じ↑

④本心の欲求を書く

2のステップで自分の本音が見えてきたら、

実際に自分は出来事に対して

なにを求めていたのか?という本心の欲求を書きだします。

なぜ?本心の欲求を書きだすのかというと、

誰しも自分の欲求に従うことでメンタル上心地よくいられたり、

ストレスなく過ごすことができるからです。

 

逆に、本心の欲求とは真逆のことを選択したり、自分の気持ちに嘘をついていると、うまくいかないだけでなくストレスになるしこじれます。

要するにネガティブな感情が起こるのは、

その裏にある欲求が隠れていてなおかつ、

自分が求めてないことが起こるとネガティブな感情は生まれるようになってます。

なにも理由がないのに勝手にネガティブになるのだとしたら、

それは精神的な病に該当すると思います。

そして、裏にある欲求というのは

2つの欲求にわけることができます。

以下↓

  • ネガティブな欲求
  • ポジティブな欲求

ネガティブな欲求↓

自分はこうはなりたくない、こうは見られたくない、こうしたくない、これはやめて欲しい、これはイヤなど。

ポジティブな欲求↓

自分はこうでありたい、こんな風になりたい、こうして欲しい、こうされると嬉しいなど。

上記の例でいうと、

「自分だって結婚できるように婚活をして頑張っているのに、

結果がまだ出ていない自分にたいして急かされたようで気分が悪かった」

→ネガティブな欲求に該当します。

「じゃあ、どのようにお父さんから声かけをしてもらいたかったの?」

→「頑張ってるんだな、と言われたらよかったかな」

ポジティブな欲求に該当します。

つまり、お父さんに本心で思うことは

「応援してもらいたかった」とか、

「自分のやっていることをわかって欲しかった」

ということだと思います。

以上です!


この先の手順⑤〜⑨「自己の内観の手順」フルバージョンは

フルサポメンバーとテキスト購入者さん、

セッションを受けたことのある女性にしか明かしてないです。

よく巷の記事で自分と向きあいましょう!とか、

自己肯定感を高めましょう!!って書かれてますよね?

でもさ、自分と向き合うって実際になにをしたらいいの?

ってなったことありません?笑

私がそうだったんですよね。

もっと具体的に教えてよ!!ってなる。笑

でも具体的に教えてよ!!ってなってたときって

無料で情報を探してたときなんですよね。笑

「そりゃないわな」って後から気づきました。笑

上記の手順のフルバージョンや、

内観の見本や自己肯定感のメカニズム、それから自己否定のカラクリや

その他の自己肯定感を高める方法などについては、

「自己肯定感を高める自己の内観法」テキスト

「自己肯定感②思いこみを解消!実践テキスト」ですべて網羅してます。

正直いうとこのページを読めてる女性には必要なテキストです。

あなたはどんな恋愛を望んでますか?

どんな人生を生きていきたいですか?

ということで、自己の内観を一緒に手伝うこともできます!笑

自己の内観を実践したお客様の声

そのほかお客様の声はこちら!