ブログ

タイを21日間旅して感じたこと。

愛の形ってなんだろう。

 

こんにちはっ!!

 

ーーータイランド。

 

そこは多くの日本人を魅了する国。

 

タイへ行った日本人達は、
絶対にまた行きたいと、
口を揃えて言う。

 

きっと、タイには何かがある。

 

そう、期待を込めて
タイへの旅の道は始まりました。

 

 

タイには、
想像を超えた都会の街があり、
郊外へいくと
見慣れた屋台が連なり、
道路が舗装されていない町。

 

今と昔が混在するマチ。

 

愛称、
バックパッカーの聖地とも言われる
カオサンロード。

 

多くの欧米人達が
笑顔で日々を楽しんでいました。

 

タイに住む人々は、
キングが亡くなられた事で
悲しみに暮れている毎日。

 

街のそこら中には、

目を疑いたくなるほどの、
キングを供養する
大きな看板やお花の数々。

 

 

王宮の周りへ行くと
真っ黒の洋服を身に纏った人が
数え切れないくらいいて、
キングのご冥福を祈るばかり。

 

 

タイの人々を励ますために、
トゥクトゥクやバイタクは
サービスで
フリーなこともあるそうです。

 

そんな刻々と移りゆく
タイでの日常の中で

 

 

私は、
いつも人の優しさに触れていました。

 

 

道に迷うと、
タイ人は、必ず辿り着くまで
とことん案内してくれる。

 

他人であり、見知らぬ、
ただの旅行者に、
自分の限られた時間を
何時間も使って、
人を助けてあげることはできますか?

 

簡単なようで難しいこと。

 

自分でどうにかならない場合、
周りの人々へ声をかけ
必死に助けてくれた。

 

 

これは、
どこの国でも
言える出来事ですが、
タイは、ただの親切だけではない、

 

まだ、この時は、
気づいていなかった
何かがありました。

 

 

その何かとは。

 

【本来、人が持っている愛。】

 

 

そう、人の愛でした。

 

 

とても温かい。

硬くなった人の心を溶かすもの。

 

 

私は人の優しさを通して、
たくさんの愛を受け取りました。

 

 

愛で溢れた国、タイ。

 

 

愛って目には見えないけど、
形にすると優しさかもしれない。

 

そう思いました。

 

これは、タイ人だけではなく、
タイで出会った人、
全てに思うことです。

 

タイで出会った日本人。
以前からの友人、
タイで出会った旅人。
通りすがりの外人。

 

 

ご飯をご馳走してくれた。

困っていると惜しみなく助けてくれた。

交通費を出してくれた。

風邪薬をもらった。

楽しかった、と言ってくれた。

道に迷うとWi-Fiを貸してくれた。

要るものはないか、と声をかけてくれた。

 

 

みんな、みんな、
行動を伴った優しさをくれた。

 

人に優しくされるたびに、
心の中で何かが揺さぶられる。

 

そして、
あることに気づく。

 

 

『私は愛されているという事。』

 

 

タイでの色んな出来事が
走馬灯のように頭の中を巡る。
みんなの優しさに心が震え、

 

 

 

気がつくと、
目は涙でいっぱいに溢れました。

 

 

 

どうして
みんなそんなに優しいのだろう。

 

どうして
みんなそんなに
私の事を想ってくれるのだろう。

 

どうして私は
1人で生きようとしていたのだろう。

 

 

以前の私は、
人の愛を受け取ることが、
こんなにも素敵なことなんだと、
知らなかった。

 

 

【人の良さを知らない。】

 

ということは、

 

【人の愛を受け取らない。】

 

ことと、
同じだったのです。

 

 

そう気づかせてくれたのが、
この地、タイでした。

 

人の心を一瞬にして、
生まれたばかりのような
ひねくれていない状態にさせるもの。

 

それは、
言うまでもなく、

 

 

【愛に溢れた人の心から生まれる優しさ。】

 

 

そう、この地で教わりました。

 

いつの間にか、
人に優しくできなくなってしまった私。

 

人の優しさに触れると、
やっぱり、優しくなりたい。

 

人に優しくなりたい。

 

時が過ぎるごとに、
強く思うようになるのです。

 

そんな時、旅の仲間が
言っていたことを思い出しました。

 

 

「人と人との間に生まれる
エネルギーは1番大きいから。」

 

 

 

人に優しくされた時、
人に優しくなりたいと思う。

 

人に助けられた時、
人を助けたいと思う。

 

人に尽くされ感動した時、
人に尽くし感動させたいと思う。

 

 

【人として、あるべき姿。】

 

 

私は、生きていく上で
とてもとても大事なことを
思い出すことができました。

 

タイでの旅は、

たくさんの人の愛と
行動が伴った優しさを通して、

 

もう一度私に、
あるべき姿へ戻るよう、
促しているかのように
思えました。

 

 

だから、あなたも。

 

孤独を感じる時、
心が荒んでしまう時、
人に優しくなれない時、
理解されないと感じる時、

 

 

ーー愛されていないと感じる時。

 

 

 

人の優しさを受け取ってください。

 

 

人の愛を受け取る事が出来ない人は
人に愛を与えられない。

 

 

でも、

人は、誰もが無条件に
人から愛されている存在です。

 

 

すでに、あなたは愛されている。

 

 

そのことを思い出してください。

 

人の温かい心に触れると、
今度はあなたが人に優しくできます。

 

これは、
人から様々なものを奪うだけ、
という意味ではありません。

 

 

あなたがいつしか忘れてしまった、
心の奥に眠る素敵なもの。

 

それを、惜しみなく、
自身に、そして相手に、
与えられる自分になるために
必要なこと。

 

そうすることで、
まだあなたが知らない、

 

 

感動をもって
涙を流してしまうような
出来事に出会えるから。

 

 

人の愛から出る優しさは・・

 

 

ーー世界共通だと思う。

 

 

ということで、
たくさんの人に出会い、
瞬く間に過ぎ去ってしまった
タイでの旅は、

これにて・・

 

 

ーー完ーー

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP