ブログ

タイ人って優しいですよね?

あり得ないほど日焼けした。

 

こんにちはっ!!

 

さて。
ロングラックへ戻ってきた私。笑

 

結局、
ロングラックの良さもわからず
荷物をまとめ、
オンヌット駅を目指します!

 

 

この日は、
一番会いたかった人と
オンヌット駅にある
日本人宿で
待ち合わせをしていました!

 

 

私の一番会いたかった人。

 

 

その彼女を紹介します(*´ェ`*)

 

彼女の名は

 

「あすみちゃん」

 

もう半年以上も前に
Facebookの世界一周グループで
出会いました╰(*´︶`*)╯♡

 

 

そこからずーーっと
連絡を取り続け、
たまたま時期の被っていたタイ。

 

 

バンコクを一緒に観光しようと
約束をしていたのです(´∀`*)

 

 

ーーーーー。

 

 

節約のため、
ロングラックからサイアム駅まで
なるべく歩いて距離を縮める作戦。笑

 

 

距離を縮めた後は、
バイタクに乗る予定でした。しばらく歩きました。

 

なにやら人の行列が!!!

 

 

なんとなく、並んでみます。笑

 

 

 

すると、それは!!!タダ飯ーーーー(=´∀`)ノ

 

 

そうや!
これはこうちゃんが言ってた!

 

 

「今、バンコクで観光地とかの前へ行くと、タダでご飯配ってるよ。」

 

 

超ラッキーー(=´∀`)
お腹すいてなかったけど
食べちゃったよ(・∀・)

 

 

永遠デブの道へようこそ
٩( ‘ω’ )و

 

 

満腹になり、
歩き出した私。

 

 

ええ、歩きましたよ。

 

 

1時間もぉおーー!!
Σ(- -ノ)ノ

 

 

今回は、楽じゃないですよ。

 

 

なんせ肩には10キロの
バックパックが
のしかかってますから!!

 

 

皆さんも知っての通り・・

 

 

また道に迷ってたんです(・∀・)

 

 

わかってましたよ、ええ(・∀・)

 

 

途中、疲れすぎて
休憩してたんですよ。

 

 

すると、
バイタクのおっちゃんに
声をかけられたんです。

 

 

「どこまで行く予定?」

 

 

サイアム駅ー!いくら?

 

 

「80バーツ〜!」

 

 

240円かぁ(´・ω・`)
疲れたしなぁ〜
もう乗ろうかなぁ〜

 

 

なんて思っていたらぁ!!

 

 

なにやら、
話を聞いていた
商店の人がでてきて、
お得なことを教えてくれます。

 

 

「バイタクは高いよ!バスなら8バーツほどで行けるから、そうしたら?」

 

 

( ゚д゚)!?

 

 

8バーツ・・

 

 

 

クソ安い(*´Д`*)

 

 

もはやその声は、
神の助言そのものでした(*´Д`*)

 

 

そして私は、
微かな期待をかけて、
質問をしました。

 

 

オンヌット駅まで行きたいんだけど!
それってバスで行けるの?

 

 

「あぁ!行けるさ!時間はかかるけどね」

 

 

ヒャッホーイ╰(*´︶`*)╯

 

 

バス乗る!バス乗る!
バス停どこ!?

 

 

ーーーーー。

 

はい、こうして、ここから
1時間彷徨ったわけなんです。笑

 

 

何度も人に道を尋ねました(T-T)

 

 

言われた通り、

 

まっすぐ進んだり
右へ曲がったり
坂を上ったり
左へ曲がったり

 

途方に暮れるだけではなく、
日も暮れてきたこの日。

 

 

諦めず、人に声をかけ続け、
オンヌット駅行きのバス停と
バスナンバーは何番なのか?

 

歩いて聞き回りました(T-T)

 

 

すると、
1人のおっちゃんが
立ち止まってくれます。

 

 

オンヌット駅に行きたいんだけど!!

 

 

「オンヌット駅は随分向こうまで行ったところにあるバス停だ。」

 

 

えっとーヽ(;▽;)
それはー、えっとー。

 

 

「わかった、ついて来い。」

 

 

ありがとうございます(;ω;)

 

 

この時点で優しいおっちゃん。歩くのが超マッハ!笑
全然ついていけませんでした。笑

 

 

話を聞いてみると、
おっちゃんは
サイアム駅で用事があり、
声をかけたところにあった
バス停でサイアム駅行きの
バスを待ってたのです。

 

 

なのに、
わざわざ私のために、
オンヌット駅行きのバスが出ている
バス停まで送ってくれたのです!!

 

 

そして、
サイアム駅まで一緒、
だということを知り、
バスに乗り込みました。

 

いくらか尋ねました。

 

 

ねぇ、このバスいくら?

 

 

「タダだよ。」

 

 

( ゚д゚)タダ!?

 

 

マジで!?笑

 

 

すげーー国!Σ(- -ノ)ノ

 

 

バンコクでタダでバスに乗れるなんて
知りませんでした。笑

 

 

ちょっと嬉しくなりながら、
サイアム駅へ着きます。

 

 

すると、おっちゃんは
またしても私に、

 

 

「ついてこい!!」

 

 

そう言って、
どんどん先を進みます。その向こうで私は、
ついていけてないのにも関わらず
観光客丸出しでw
途中、足を止めては

 

 

 

カシャッ。

 

 

 

ノンキに写真を撮ってました(・∀・)おっぱい写真(・∀・)

 

 

おっちゃんはその都度、
私の方へ振り返り、足を止め、

 

 

ニコッ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

こんな顔↑笑

 

素敵な笑顔を見せてくれます。笑

 

そして、
10分ほど歩いたところで
やっとオンヌット駅行きのバス停へ。

 

おっちゃんは
私にこう言います。

 

 

「ここからオンヌット駅へ行けるから。バスはいつ来るかわからない。」

 

 

そうなのか(T-T)
バス遅いのか・・

 

 

黙ってボーーッと
突っ立っていると、
おっちゃんはこんな優しい言葉を。

 

 

「あそこに座ってなさい。俺がバスを待っててあげるから。」

 

 

へぇぇぇえええ!?!?

 

 

超優しくないですか!?
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

私が重たいバックパックを
背負っているのをみて、
バスが来るまで座ってろ!と!

 

 

こんな見知らぬ
コジキみたいな私に
優しすぎます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

もう貢ぎます(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

違った、

 

 

そして、
20分くらい経った頃でしょうか?

 

 

おっちゃんは
いろんな迷い人に声をかけられ
一生懸命に道を教えてあげ、
とてもとても、

 

忙しそうでした(・∀・)

 

 

私も人生迷い人でしゅ(・∀・)

 

 

人生教えてほしいんだケロ(・∀・)

 

 

その後、
おっちゃんは私に駆け寄り、
サッとあるものを渡します。

 

 

それが、
もう神様なんじゃないかって
思えるくらいビビるモノです!!!

 

 

それは・・

 

 

 

 

なんと、バス代です(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

おっちゃんは私に
バス代をくれたのです!!!

 

 

バス代をくれたんですよっ!?

 

 

きっと私のこと好きなんだと思う。

 

 

 

結局、
バスが来たのは40分後Σ(- -ノ)ノ

 

 

バスが来るまで
ずーーーっと
付き添ってくれたおっちゃん。

 

 

バスが来た瞬間、
私に渡した21円
30円にスッと変え、

 

 

「これで足りるよ!行ってらっしゃい!」

 

 

そう言い放ち、

私は深く深くお辞儀をし、
バスに乗り込みました。

 

バスに乗った後、
席に着く余裕も我に与えず、
おっちゃんの姿を探すも、
もう、どこかへ行ってしまいました・・

 

 

おっちゃん(´;ω;`)

 

 

 

私は、一生この人のことを忘れない。

 

 

私もこんな人のように優しくなりたい。

 

 

そう思いながら、
トボトボ宿を探すのでした・・。

 

 

次回、まるで日本みたいな宿。

 

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP