ブログ

ベトナムフエでボラれた話!!

買ったビーサンがアバクロのパチもんだった。

 

こんにちはっ!!

 

10月18日午前7時。

 

無事フエに着きました。
着いた場所は
シンツーリストのオフィスの前。

 

フエに着くなり
1人の男が私に近寄って来ます。

 

 

「明日ホイアンへ行くんだろ?
明日、君を乗せる場所をオフィスで手続きしないと行けないから、オフィスへ連れてってあげるよ」

 

 

突然の説明に
私はうまく聞き取れなかったけど
推測でこう思ってしまうのです。

 

 

【私が明日、ホイアンに行くことを知ってる男。】

 

 

そして男は説明を続けます。

 

 

「俺、君が持ってるバスチケット会社のキャメルトラベルの者なんだ。」

 

 

そう言われ、
自分のチケットを確認します。

 

確かにキャメルと書いてある。

 

そこで私はさらにこう思います。

 

あぁ、なるほど!
乗ってたバスはシンツーリストだから
キャメルトラベルは
業務委託していたのね(*´∀`*)

 

 

だから、彼は私を迎えに来てくれた。

 

 

そう思ってしまった。

 

 

これが悲劇の始まりだったんです。

 

 

彼に言われるまま、
バイクに乗り込み
2人でキャメルトラベルへ向かいます。

 

無事、明日のピックアップ場所を伝え
彼は私にこう言います。

 

「君のホテルまで送ってあげるよ!」

 

でも、
ホテルのチェックインは14時
この時点でまだ8時でした。

 

それを伝えると彼は

 

「じゃあ、観光でもする?」

 

 

と言いました。

 

 

少しマズイ雰囲気を感じます。

 

 

ちょっと待って、それっていくらなの?

 

ここで、いくらか確認します。

 

すると

 

「それは君のチップだよ。」

 

 

あ(・∀・)そうなの?(・∀・)

チップなら自分で金額は決められるし
高くても数百円でいいよね。

 

と思っていました。

 

それに観光地まで自力で行くとなると
丸一日かかる上にめんどくさい(ノД`)

 

そして、先ずは
お腹が空いていたので
カフェでフォーを食します。トイレで着替えている間に
席へ戻ると
彼はお会計を済ませていたのです
・・( ˙-˙ )

 

 

は?なんで?

 

 

ちょっと!それいくらだったの?

 

そう言うと

 

 

「俺たち友達だろ?何も問題はない。」

 

 

あぁ、そうなの( ̄▽ ̄;)

 

ここで頭によぎるのは

 

 

後で確実にボラれる。

 

 

そして、あらかじめ行きたいところを
決めていた場所を彼に告げ
その通り案内してもらいます。
フランスの影響を受けて建てられたバロック建築。全て陶器で造られた壁画。
ここにフランスと中国の融合が。
日本のように繊細さはないが
一つの芸術作品のように見える。 彼と話をしてみると
私より1つ下の28歳。
キャメルトラベルのスタッフだと言う。

 

彼の名は

 

「ロン」ロンは行きたい場所以外にも
ガイドブックに載っていない場所を案内するよ、と言い

 

連れてってくれたのが・・

 

墓地でした。笑

 

 

ベトナムの墓地はやたらカラフルで
日本とは真反対でした。

そんな世間話をしながら
今度は、恋愛の話になります。

 

余談ですが
ベトナムの結婚指輪は
右手の中指にはめるそうです。

 

 

どーでもええわっ!!!

 

で、一通り観光した後
そろそろロンとお別れの時間になります。

 

途中、何度も
いくらになるのよ?

 

と確認しては

 

「それは君が決めることだよ。」

 

の一点張りでした。

 

 

だから、私は900円くらいでいいだろうと思ってたんです。

 

 

そしてお別れの時、
彼はおもむろに請求書のようなものを取り出し
なにやら金額を書き始めます。

 

 

あれ・・?

 

 

なんかおかしくないそれ?

 

 

それを私にみせ、
私は驚き桃の木、山椒の木どころか

 

目が飛び出そうになるのです。

 

 

(´⊙ω⊙`)

 

 

 

( ゚д゚)

 

 

 

( д ) ゚ ゚

 

 

 

目が飛び出てしまったら
きちんとしまわないといけません。

 

 

違っ、

 

 

その金額なんとぉぉぉおおお

 

 

 

6308円(´ཀ`」 ∠)

 

 

 

ろくしぇんえ〜ん!?!?(´ཀ`」 ∠)

 

 

私は勢いよく

 

ちょっと!これ高すぎるわよ!

 

そう言うと

 

 

「ちょっと待ってよ、俺は一日中12キロも走ったんだぜ?それにご飯代もお茶代も出した、これはガソリン代も入ってる!ちょうどいい金額だよ!」

 

 

 

は!?
そもそもてめぇの仕事は
キャメルトラベルのスタッフじゃねーのかよ!?

 

 

そう言うと

 

 

「違う、俺はバイクタクシーさ。観光客をこうして観光地へ案内するのが俺の仕事なんだ」

 

 

 

てめぇ嘘ついてたのか!
このクソ野郎がぁぁぁああああ

 

 

となり、ここから
交渉の交渉の交渉を重ねます。

 

 

それにしても高すぎるわよ!
ここはベトナムよ!
日本円にしても高いわよ!
せめて半分の3000円にしなさいよ!

 

 

そう言うと

 

 

「それはヒドイ!6時間も案内したし、君が観光している間、俺はずっと君を待ってた!荷物だって持ってたんだ!」

 

 

この時、思いました。

 

 

なんでベトナムの月収を知らなかったんだろう。

 

この時、ベトナムの平均月収を知っていれば
自分がどれだけボラれているか
正確に判断できたはずです。

 

 

だけど、この時は相場というものが
わからず、6000円は確かに高いけど
3000円くらいが妥当なのか?
それとも1000円でも高い方なのか、

 

 

全くわからなかったのです(´;ω;`)

 

 

そしてずーーーっと
交渉の交渉を重ねても

 

ロンが発する言葉はただ1つ。

 

 

「そこにATMあるから。」

 

 

 

チンッ。

 

 

はい、終了。

 

 

 

世界一周は終了で〜す

 

 

大和撫子の私は泣く泣く
5300円支払うのでした(ToT)

 

もっと頑張れよ自分( ;∀;)
1000円しか値切れてない。

 

 

もっと強気でいけば良かったよお母さん。

 

 

楽しかったから
払っちゃったよ、お母さん。

 

 

そして後から知った話。

ベトナムの平均月収は
1万7000円(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

これが日本で例えると
たった1日案内してもらっただけで
10万円支払っていることになるのです。

 

 

てめぇレンタル彼氏でもそんなかからねーぞ!

 

 

このクソ野郎!!!

 

 

おっとΣ(- -ノ)ノ

 

 

彼氏レンタルしたことねーわっ!

 

 

ボラれてるぅ〜( ;∀;)

 

トホホな日をここフエで
過ごした私は誓います。

 

 

【疑うことを知ること。
そして同時に自分の気持ちを確かめること。】

 

 

必ず金額を確認して
納得してから支払う。
じゃなかったら、絶対に支払わない。

 

そう思ったのでした。

 

この後、ナナさんに事情を説明すると
ベトナムスイーツのチェーが
美味しいと励ましてくれて

 

気を取り直すため、
チェーを飲みに行くのでした。

おしまい。笑

 

 

では、また!
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP