ブログ

女が寂しさを感じる時。

洗濯物が乾かない。

 

こんにちはっ!!

 

ロビーでブログを書いてました。

 

いつもなら、
部屋に引きこもる私。

なぜロビーへ入り浸るか
みなさんわかりますか?

 

 

それがですよ・・

 

転がるパンツ、転がる化粧品、転がる洋服、
ゴミにしか見えない謎の水着・・・

 

汚ねぇよ!笑

 

 

いや、ほんまに。笑

 

ちなみに1日目はもっと散らかり具合がひどくて、
はじめは足の踏み場がなかった。笑
片付けられても何かが転がってます!!笑

 

毎回思うけど、
女子ドミって
たいがい散らかし放題。笑

 

多分、持ち物が
多いからなんでしょうけど、
男子ドミの方が圧倒的に綺麗。

 

日本人宿はそんなことないけど、
欧米人が多い女子ドミは
ほとんどこんな感じ。笑

 

パンツとか転がってますから!!笑

 

 

男性の皆さん(・∀・)

 

 

お気の毒に(・∀・)

 

 

チェックインの後、
足の踏み場がなかったため、
ロビーへ移動したんですΣ(- -ノ)ノ

 

すると、
1人の男に話しかけられる。

 

彼の名は、

 

「デビット」アイスランド人の37歳。
彼は日本と中国が好きだと言う。
アイスランドとは
真逆である気候。
ここ、パンガン島が大好きだそう。

 

 

暇を持て余していた私。
この日にやりたかったのは、
サンセットを見に行くこと。

 

「君はこの後、どこに行くんだい?」

 

ビーチまで
サンセットを見に行こうと思って。

 

「あぁ、それなら良いところを知ってるよ。一緒に行く?」

 

いいね〜!!
行こう!

 

「じゃあ、部屋でちょっと寝てるから、行く時、呼んでくれる?」

 

わかったー!
ありがとう!

 

ブログを書き終え、
荷物をしまい、
彼を呼びに部屋を訪ねました。

 

 

ドンッドン!!

 

 

ドンッドン!!

 

 

ハロー?デビット?
エクスキューズミー?

 

なんにも反応がありません。笑
しばらく待つものの、現れない彼。

 

 

置いていっちゃお(・∀・)

 

 

1人でビーチへ出かけました。

どこでサンセットを見れるのか
わかりませんが。笑

 

適当にたどり着いたその場所が!
ベストスポットだったのです。

 

さぁ!そのサンセットヽ(○´3`)ノどんどん日が暮れていきます。

 

周りには
お酒を楽しみながら
ローチェアへ腰を掛ける欧米人たち。

その後ろには、
浜辺に建てられたバーが。

 

かけられるBGMが
チルアウト的な曲。笑

 

夕日が沈むまで、
ずーーっとその様子を見てました。初めて見る海での夕日。

 

 

 

最高のロケーション。
最高のビーチ。
最高のミュージック。

 

 

なのに、
切なすぎて落ち込むのでした。笑

 

 

1人は暇だね〜

 

そう思いながら、
宿へ戻りました。

 

宿へ戻り、
またブログを書く私。笑

 

周りにいた欧米人は
みんなでトランプをしていたり、
ボードゲームを楽しんでいました。

 

そこで現れたこの男。

彼の名は、

 

「デビット」

 

 

同じ奴やないか。笑

 

 

「君どこ行ってたの!?ずっと君を待ってたよ!!」

 

えー?うそー?
何回もドアを叩いたよ!!

 

「あら、それは悪い。何か飲む?」

 

ありがとう!

 

って・・
酔わして潰す気だなo(`ω´ )o

 

と、警戒しつつも
ここからこの男と
急速に仲良くなるわけですが。

 

 

この男・・

 

 

面白すぎるっっ!!笑

 

 

サムライのモノマネ。
チャイニーズのモノマネ。

 

 

面白すぎて一生笑ってましたw
でも、なんか変わっているこの男。

 

そして次に繰り出すのは・・

 

 

「君は瞳が美しい。君は綺麗だ。
とても健康的だ。セクシーだ。」

 

 

はじまった〜(´ཀ`」 ∠)

 

 

あのぉ〜
私は普通の友達が希望なんですけど
(´・∀・`)

 

 

そういう
恋とか求めてないんですけど(´・∀・`)

 

 

そんな思いも伝わらず、
デビットは会話を広げる。

 

「今夜は何するの?」

 

ここのスタッフ達と
シバムーンパーティへ行くよ!
一緒に行く?

 

「あぁ!いいね!そうしよう。」

 

ということで、
パーティの時間まで
ゲームを楽しむことになった2人。

 

そこでこのゲーム
知っていますか?ビアポン?笑

 

 

相手の並べられたカップに
ピンポン球を投げ入れ、
入れることができたら、
相手がビアを飲む。

 

という、
なんともくだらないゲーム

 

投げまくり、
ピンポンを入れまくる私。

 

 

こんな才能いらね〜(。-∀-)

 

 

その後、ビリヤードを楽しみ、
デビットにあるものを渡される。
それは・・

 

バケツのお酒Σ(- -ノ)ノ

 

 

こんなにいらねーよwww

 

 

ねぇねぇ(´・∀・`)
私、ポテト食べたいんだケロ(・∀・)

 

ということで、
ポテトを食べながら
ひたすらデビットの話を聞く女。

 

彼はなんと
9ヶ月もパンガン島にいるんだとか。笑

 

 

仕事どないなっとんねん。笑

 

 

と思いつつも、
デビットはひたすら

 

「いやぁ〜君と一緒にここでずっと暮らしたいよ」

 

なんっでやねんっ!!笑

 

「なぜ君はずっと日本に住んでいるんだ?」

 

そんなこと言われましても( ;∀;)

 

「君もパンガンに住めばいいよ!」

 

住まねーよ!!笑

 

「日本は自然災害が多いし、物価は高いし、なぜ住んでるんだ?」

 

ほっといて!!笑

 

「日本人はなぜ日本を離れないんだ?」

 

知らねーよ。笑

 

 

ここからずーーっと、
彼の生い立ち、趣味、家族構成、
毎日の生活、アイスランドの観光地、
パンガン島の観光地・・

 

あらゆる話を聞きました。

 

 

お見合いかよ( ;∀;)www

 

 

そして最後はお決まりの・・

 

 

「一緒に住もう。」

 

 

住まねーよ!Σ(- -ノ)ノ

 

口説かれるたびに
私が繰り返す言葉。
それは、

 

パードゥン?
パードゥン?
パードゥン?

 

what do you mean ?

 

 

わからないフリをしていました。
(・∀・)

 

てか、
アイスランド人の
英語って聞き取りやすい。

 

でも、
何言ってるかは8割
わかっていません(・∀・)

 

 

はぁ〜。
英語話せたら便利ですな〜。

 

 

たくさん話して
たくさん笑わせてくれる彼。
そして珍しいほどに優しい。

 

ちょっと変わってるし、
口説かれるのはウザいけど
楽しかったですヽ(○´3`)ノ

 

楽しかった٩(*´ω`*)۶

 

 

なのにっ!!!

 

 

求愛されればされるほど、
なぜか寂しくなる私。笑

 

 

なんでだろう?(´・∀・`)

 

 

今までいろんな旅人と
行動を共にして
1人になった時もあった。

 

それでも、
みんなといても、
ひとりでいても、
寂しく感じたことはなかった!

 

なのに、
1人の男に求愛されると、
ものすごく寂しく感じる。

 

 

なんでだろう?(´・∀・`)

 

 

日本人であれ、
外人であれ、
好意を向けられると
途端に寂しくなる( ;∀;)

 

寂しくなって
結果、1人になりたくなる。笑

 

 

なぜ?(´・∀・`)

 

 

寂しさが増してゆく私は、
思いつめたように
ぼーーっと上の空に。

 

その度に、
デビットはこう語りかける。

 

「what do you think ?」

 

いやぁ、何もないよ。

 

 

 

チーーーンッ。

 

 

どんだけヽ(;▽;)ノ

 

 

普通は逆でしょ。笑
1人が寂しいから
人を求めたりするものなのに、
私の場合は男がいると
寂しくなって1人になりたくなる。

 

 

つまり意味不明Σ(- -ノ)ノ

 

 

プノンペンで感じた
日本人が恋しい感情とは
また別の寂しさ。

 

1人でいるよりも、
ずっとずっと
寂しく感じるのでした(´・∀・`)

 

 

申し訳ないけど、
デビットと過ごした時間は、
私にとって寂しい時間と
なってしまった( ;∀;)

 

 

もしかしたら、
彼はサンセットなのかもしれない。

 

 

は?(・∀・)

 

 

哀愁漂うアイスランド人。

 

 

この物語は
翌日も続くのでした(。-∀-)

 

 

次回、森の中で踊る、シバムーンパティー!!

 

では、また!

⭐︎気軽に記事シェアどうぞ♩
友だち追加

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

関連記事

PAGE TOP