個別セッションは指定のテキスト購入で予約できます!

女性から尽くされると気持ちが冷める男性心理!

こんにちはっ!
自助力の専門家、恋愛コーチYUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

この記事の動画解説↓

今回は、尽くす女と、尽くされると冷める男について実例を紹介したいと思います。笑

男性に尽くすことで離れていく理由

あなたは男性に尽くしてますか?

もし、尽くしているなら直ちにやめた方がいいです。

過去の投稿に、私が尽くしてきたことを書いているので、参考までに覗いてみてください。

なぜ?男性に尽くしてはいけないのかを解説します。男性に尽くすと、男性は、段々と熱が冷めていきつまらなくなります。これはどんな男性にも当てはまります。

あんなにマメに連絡をくれていた男性も段々と連絡をしなくなり、あんなに会いに来てくれていた男性も段々と会いに来なくなります。その内、仕事が忙しい忙しいと言い出して会ってもらえなくなります。

なぜなら、男性の愛が深まらないからです。

なぜ?女性から尽くされると男性の愛は深まらないのか?についての詳しいメカニズムは男性心理の基本①手放したくない女が叶う! というテキストでかな〜り具体的に解説しています。

簡単にいうと女性から尽くされると男性性が発揮しないから面白くないんです。女性が尽くせば尽くすほど、そのスピードは速くなり女性が望む方向とは別の方向へ傾いていきます。

おすすめ

男性は女性から尽くされたいとは思っていない

過去の私の失敗体験です。男性は事業資金が足りなくて困っていると吐露をこぼしていた時のことです。

その当時、尽くす女であった私はその男性に「お金貸そうか?50万なら現金ですぐ用意できるけど」と言ったんです。爆笑

女として最悪な行動です。笑

その言葉を言われた男性はこう答えました。

「いや、そんなこと求めてないねん。。ただ、大丈夫って言って欲しいだけ。。」

そう言われた私は内心、え?そんなことを求めているの?大丈夫って言ってもお金がどうにかなるわけじゃないのになんで?と、男性の言っていることが全く理解できなかったんです。

でも、これが男性の本音なんです。

生々しい一例ですが、このように男性は、女性から尽くされたいなんて思ってません。

ましてや、女性にお金を頼るなんて本来は男としてめちゃくちゃカッコ悪いことなんです。それを分かっていないと、過去の私のように、尽くしまくった後に都合の良い女に成り下がります。

男性は、「あなたなら大丈夫!大丈夫!」「私はあなたが自分の力で問題を乗り越えられることを信じているよ」って言って欲しいだけなんです。

おすすめ

男性に尽くすと男性は自信を失う

先程のように女性から尽くされると男性心理はこう動きます。

「女性からお金を差し出されるほど、俺は出来ない奴なのか。」「女性に助けてもらう俺ってカッコ悪いよな」→余計に自信をなくす。

そう、女性から尽くされると男性は益々自信を無くします。

益々とは、男性は、どんなにイケメンでもお偉いさんでも元々自信のない生き物なんです。

だから、社会で活躍したがるし、認めてもらいたいから武勇伝を話します。

男性に尽くすのではなく励ましの言葉や、唱を入れる言葉が男性の自信を育てます。弱音や愚痴を吐かれたら「あなたなら大丈夫!」と、明るく吞気に言うだけでいいんです。

「認める+褒める」

このセットが効きますからやってみてください。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

ガチで男心を学びたいあなたへプレゼント!
モヤモヤする、、。彼との関係をどうにかしたい。ツラい状況から抜けだしたい!!
もし、あなたがそんな状態なら、このBOOKで解消できます。
男性から愛されるための基礎が学べて最後はスッキリする!
全100ページ!17,000文字以上の大ボリュームBOOK!
今なら期間限定で3つの特典を用意してます〜!急いでっ!
おすすめ
NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「わたしの恋愛はこの先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついているかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛において
なにひとつ悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

私は「恋愛に悩みなんてないよ!」と言える女性を
たくさん増やしていくことが

私の使命です。

あなたの力になることが私の目的です。

このサイトに訪れてくれたあなたにとって
「自助力」な「なにかの気づき」を得られることを願って。

CTR IMG