現在、サイトリニューアル中につき表示が不具合になることもあります。

「デートで割り勘にされてしまいます」その男性心理とは?

こんにちはっ!
自助力の専門家、恋愛コーチYUKOです!
「たった1人の男性から愛され大事にされる女性」を増やすために自己肯定感や男性心理を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

割り勘彼氏の男性心理とは?

「発言小町」 からお悩みをピックアップして回答していきたいと思います。今回のお悩みはこちら↓

この記事の引用元


さぁ、恋愛上手なあなただったらどう思いますか?

彼の行動に対し、彼女はセコいと感じているようですが、私はセコいとは感じなかったんですよね。

なぜかというと、男性心理がまんま表れているだけのことだからです。笑

ここね↓
「お会計伝票は素早く彼が取り会計に行く」
「店の外でちょうだい」と言われる。

彼の心情ってどんなのかわかりますか?
答えはこれです↓

「恥をかきたくない」
「自分がどう思われるのか気にしている」
(世間から見て)

男性特有の社会的な生き物であると、
過去にお伝えしている通り、彼は↑の心情だから
「店の外でちょうだい」っていうんです。

彼的に、レジの前で「女性にお金を出させている」ことを、
スタッフや周りから見られるのは恥ずかしいって感じているからこうなります。

え、後からお金を請求するんだったら同じじゃない?
セコいだけじゃない?その方が恥ずかしくない?ってなったと思うので、その矛盾を紐解きます。笑

割り勘なのは女性の振る舞いが原因

なぜ?彼は彼女へ「店の外でちょうだい」って言ってきたんだと思いますか?

私はこれが原因だと思いますけどね↓

「毎回レジの前で私が半分出そうとしたら」

彼女、日頃から自分から出してるんですかね?
彼からちょうだいと言われて割り勘に至ったのか経緯はわかりませんが、
どっちにしても、お金を出そうとするからこうなるんだと思います。笑

つまり、彼は彼女がお金を出す=割り勘を受け入れつつも、
レジ前で出さずに自分のことを立ててほしいって思ってるんですよね。

立てるとかではなく、セコいって彼女は言ってますけど、
もし、自らお金を出そうとしてるんならばセコくはないと思います。

だって出してるんだから、彼は出されたものを受け取ってるだけのことで、、笑

もちろん、気概のある男なら女性がお金を出そうとしても、
俺が払いますっていうかもしれませんが、割り勘になるだけの理由はちゃんとあるので何とも言えません。

割り勘になる理由3パターン

ちなみに割り勘になるだけの理由には、主に3パターンあります。

真性ケチか、仮性ケチか、損したくない&お金を出したくなるほど満足してない(女性へ対して)

↑このどれかなんですよね。

真性ケチと仮性ケチでなく、女性へ対しての満足度が低くて
割り勘になっているのであれば、後からちょうだいと言われても納得できますね。

まぁ、相手の男性をセコいと思ってるくらいなので十分楽しませれてないのかなぁ。
男性側が満足度が低いことはなんとなくリンクしてしまいますよねぇ。

どちらにしても、男性心理をわかっていたら、
こういう場面でも男心って瞬時に分かるようになりますよ。

セコいだとか、矛盾してるだとか、
下手に相手をマイナス評価しなくなるので、
いくらでも関係を良くすることを見い出せる。

男性心理を知ったところで、
使わなかったら意味はないんですけどね。

使ったところで、マニュアルになってもいけないんでね。
愛される在り方の感覚がモノを言うので。

さて、あなたはこの彼のことをなんと感じましたか?

セコいと感じましたか?

あなたが感じた考えによって「愛され女思考」なのか「愛されない女思考」なのか、瞬時に分かります。

知りたい方は知ってる人に聞いてください。
なにごとも上手くいくは、その道で上手くいってる人に聞くのが一番早い成功法になります。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

ガチで男心を学びたいあなたへプレゼント!
モヤモヤする、、。彼との関係をどうにかしたい。辛い状況から抜け出したい!!
もし、あなたがそんな状態なら、このBOOKで解消できます。
男性から愛されるための基礎が学べ最後にはスッキリする!
全100ページ!17,000文字以上の大ボリュームBOOK!
今なら期間限定で5つの特典配布をしています〜!急いでっ!
NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかしたら、
「私の恋愛はこれから先もうまくいかない」

そう、落ち込んでいませんか?

「私は愛されない」「私なんて誰からも構われない」
そんな風に傷ついているかもしれません。

私も同じような過去を歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな私でも恋愛に何一つ悩みがない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。
私は、「恋愛に悩みなんてないよ!」と言える女性をたくさん増やしていくことが私の生き甲斐です。

悩めるあなたのお役に立つことが私の喜びです。

このサイトに訪れてくれたあなたにとって「自助力」となる気づきを得られることを願って。

CTR IMG