個別セッションは指定のテキスト購入で予約できます!

「男性が決断力ないのはウソ!」その5つの理由

こんにちはっ!
自助力の専門家、恋愛コーチYUKOです!

「たった1人の男性から愛され大事にされる女性」を増やすために自己肯定感や男性心理を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

男性はすぐに決断をしない!?

たしか過去記事か昔のインスタの投稿でも

お伝えしたことのなかに、

男性の時間軸と女性の時間軸は違うことを説いたと思います。

簡単にいうと、

男性がなにか答えをだしたり決意や決断をするときは、

女性と比べて約3倍くらいの時間の遅さだよってこと。

ここについて今回は、

もっと詳しく説いていきたいと思います!

例えばですが、

簡単なことだと彼氏へ

「ディズニーランドに行きたい」と言ったとします。

すると、彼氏はこう答えたとします。

「んー、まぁ、いいね。落ち着いたらね」

こういう返事だとほとんどの女性は、

「彼は行きたくないみたい」

「断られた」

「ディズニーランドに興味ないみたい」

と判断をして落胆します。笑

場合によってはそれが不満になることもありえます。

だけど、

男性は基本的になにかを決めるときにすぐに答えは出しません。

大切なのでもう一度いいます。笑

男性は、決断が遅いんです。
何するにしてもすぐに決めません。

決断とは、

付き合うのか?付き合わないのか?

付き合い続けるのか?別れるのか?

同棲するのか?しないのか?

結婚するのか?したいのか?

〇〇に行くのか?それとも△△に行くのか?

転職するのか?しないのか?

〇〇を買うのか?買わないのか?

それとも◼️◼️を買うのか?やめるのか。

あらゆる決断や決意に対して男性は女性と比べると遅いです。

先に女性の心理をお伝えすると、

女性は基本的に物事を決めるときに

「感情」が揺さぶられて決めることが多いので決めるのが早い傾向にあります。

「好き」と思えば「付き合うー!」ってなるし、

「欲しい」と思えば「買うー!」ってなります。笑

曖昧な関係は

早く白黒はっきりさせたいし、

結婚するかしないのか曖昧なのもイヤだし、

そして、女性は自分の感情がいつも明確なので迷いがないんです。

ところが男性は違います。

おすすめ

男性がすぐに決断できない5つの理由

男性はどうしてすぐに答えを出せないのかというと、

理由はいくつかあります。

まとめてみると以下のような感じ。

①失敗したくない(自信を失いたくない)
②男たるもの一度決意したことは覆してはならぬ武士精神
③自分がどう思ってるのか分からない
④シングルタスク故の思考の順序
⑤情報の整理に時間がかかる

順番に解説しますね!

おすすめ

①失敗したくない(自信を失いたくない)

男性は、なにかにつけて

失敗を避けたいと思ってます。

それは、自分に自信をつけて

「自分を凄いと思いたい」

「凄い自分を維持したい」

という欲求が根底にあるから。

また、劣等感を自らの手で払拭するために

仕事は頑張るし女性にモテることは喜びだし、

女性を喜ばせることは快感だったりもする。

それらが彼らの隠れた人生の目的になっていることもあります。

だからこそ、失敗というのは、

男性にとって恐れていること。

失敗して自信を失うことは嫌なんです。

さらに、男性の性質には勝ち負けにこだわるフシがあり、

「成功を手に入れること」は、

男性のこだわりの一つとしていえます。

なので、テキトーな感情で決断したり、

あまり考えずに決めてしまうと、

あとから後悔するかもしれない。

それは絶対にしたくないという理由で決断が遅くなります。

②男たるもの一度決意したことは覆してはならぬ武士精神

次に、決断を遅くさせる男性特有の考えは、

「男たるもの一度決意したことは覆してはならぬ」という考え。

これは、女性にはなかなかない発想だと思います。

男性は、自分が答えを出したことを、

あとになって

「やっぱりこの前のはなしで!」

ということはどこか「女々しい」ことだと思っていたり、

無責任で男らしくない振る舞いだと感じていたりすることが多く、

決めたことをプライド的にも

「覆したくない」と思っていたりします。

たとえ、それは

感情的には「覆したくても」です。

たとえばですよ??

ある男性が、あるものを買おうと思って

色々考えた結果「買わない選択」をしたとします。

色々案内をしてくれた店員さんに

「これは買わないことにします」と告げたとします。

その後に、感情的に

「やっぱりほしいな〜」となっても、

「やっぱりあの商品買います」とは言いづらいんです。

↑こうなるのはどちらかというと女性のほうです。笑

プライドの高い男性は

「なんだか優柔不断な男だな」と思われるのもイヤだし。笑

そもそもというか、

男性がものごとを決めるときは、

論理的に客観的に多面的な角度で、

いろいろ分析を重ねてから、

自分にとって「間違いのない」答えをだそうとするので、

「やっぱり前のはなしで!」

とはならないって感じなのですが、

それは⑤で解説します。笑

なんせ男性はプライド的にも

一度決めたことは譲らない傾向にあります。

おすすめ

③自分がどう思ってるのか分からない

次の、男性が決断に遅い理由として、

自分が実際にどう感じて、

なにを思っているのか?よくわからないことで、

決める材料が見当たらない=決断に正確性が求めづらい=決めるのが遅くなる。

というプロセスも同時にあったりするから。

男性は女性みたいに

気持ちの動きに敏感ではないので、

たとえば、

女性から「私たちの関係どうするの?」と唐突に言われても、

すぐに答えられません。

すぐに答えないことで、

女性はさらにヒートアップして

「即答できないってことはやっぱり私のことはどうでもいいのね!!」

となり、すれ違っていきます。

でも、それはあなたのことをどうでもいいとか、

なにも考えてないとかではなく、

シンプルに男性は、

いちいち自分の気持ちの動きを

細かく見ていないし見れないから、

「私たちの関係どうするの?」と言われたら、

「どうしたいのか?」

「どうするべきか?」

に役立ちそうな、

決められるだけの情報や材料を探す旅に一旦でるんです。笑

だから、

すぐに答えは出せません。笑

女性「私のどこが好き?」男性「とりあえず全部」

であって、

すぐに具体的なことはでてきません。笑

④シングルタスクゆえの思考の順序

次に、男性が答えを出すのに時間がかかる理由として、

シングルタスク脳の影響があります。

たとえば、奥さんから

「あの件はどうするの?」

と唐突に言われたとします。

男性は、「あぁー」と言って、

「新しい考えるタスクが入ってきた」

と、思いつつ、

今自分が抱えているタスクの優先順位を動かします。

そして、例えばですが、

「①仕事②自分のこと③家族のこと④あの件」

というように、

言われた案件の優先順位が低いと、

それを扱うまで(そこに到達するまで)時間を要します。笑

男性は、シングルタスクなので、

仕事などの重要なことにとりかかっているときは、

それに一生懸命になりますし、

他のことはあまり考えられないので、

必然とあとまわしになりがち。

もちろん人によって差はありますので、

柔軟に考えてくださいね。

シングルタスクとは、

「①仕事②自分のこと③家族のこと」

このあたりを片付けてからでないと

①に「あの件」が上がってこないので、

「あの件はどうするの?」と唐突に言われてもすぐに答えられません。笑

⑤情報の整理に時間がかかる

次に、男性がすぐに決意できない理由として、

情報の整理に時間がかかることが挙げられます。

男性にとっての情報の整理とは、

たとえば、彼女と

「結婚するか」「しないか」という内容で迷っていた場合(重要なことがらであればあるほど)

主観的に、合理的に、客観的にみて自分の判断が正しいかどうか?の証拠に至るまで整理していくことをいいます。

たとえば、

「彼女とは結婚しない」

という決断をしようとしたとき

そこには必ず「整合性のある理由」を持ちます。

女性のように「なんとなく」や、

「好きだから」という答えはだしません。

男性が答えを出すときは、

重要なことがらであればあるほど

「〇〇の理由でできない」

「〇〇の理由だからそうする」

と明確な理由が伴っている傾向にあります。

これは、恋愛に限らず買い物をするときへも影響しています。

大きな買い物をするとき、

スペックはどうなのか?

自分の希望に沿った「間違いのない」アイテムなのか?

欠陥はないのか?

そしてそれは、社会的にみて評価の高い商品なのか?という、

自分の判断が間違ってないかどうか/を細かいところまでしっかり検証します。

男性は、①でもお伝えしたように、

失敗を恐れている、

すなわち成功を手にしたいので、

確実に正解をだそうとします。

だから、「彼女とは結婚しない」という選択をした場合、

自分の感情だけでなく、

彼女との出来事や歴史に目をむけて、

または、まわりから見られている2人の関係や彼女の評価、

さらに、自分がいま結婚した場合の

メリットやデメリットの比較。

生活はどう変わりそうなのか、

経済的には?自信のありなしは?などなど、

多面的な視点から冷静に判断したうえで、

「結婚はできない」と決断する傾向にあります。

男性は、このような情報を探したり、

整理したり検証の段階を踏むので

どうしても決断をすることが遅くなりがち。

価格ドットコムのようなサイトを見てみればよくわかると思います。

あのサイトは主に男性むけに作られているので。

どの商品にしようか?と迷ってる男性が、

自分がAの商品に決めても問題ないか?失敗しないか?」

を客観的に判断するために、

スペックの比較表を利用したりするわけです。

ちなみに、私も男性性が強いので、

男性と同じくものごとを判断したり、

決断するときに感情で決めたりしません。

感情がよしとしていても合理的でなければ、

または、費用対効果など悪ければ選びません。

以上5つの理由で、

男性はなんせ決断や決意、

答えだすことに時間がかかることは理解できましたでしょうか。

男性の決断を急かすと失敗する

今日お伝えしたことを踏まえて、

女性がよくやりがちな失敗は、

まだ考えてる段階の男性を急かしてしまうこと。

「ねぇ!?考えてくれてるの!?」
「どうするの?!」
「どっちに決めるのよ!?」
「やっぱりやってくれないんだね」

このように、急かしてしまうと、

男性はよく考えないうちに答えをだす羽目になる。

すると、最適な選択をときにはミスってしまうし、

いい風に考えてたのに、

「じゃあ、一旦君とは別れよう」

と、最悪の決断をさせてしまう可能性も生まれてしまいます。

では、そのようなことにならないためにはどうすればいいのか?

おおらかに構えるとうまくいく

女性が男性になにか提案したときや、

決めて欲しいと迫ったときに

男性が曖昧な返事をしたら、

「まだ考えているんだな」とおおらかに捉えて泳がすことです。

「彼は、ディズニーランドに行きたくないんだわ」

みたいに、

白黒で自己完結しないこと。

そして、

しばらく放置をして様子をみる。

しばらくして相手からなんのアクションもなかったら、

そのときに

再び「あの件はどうなったの?」と促すこと。

男性って、①〜⑤のようなことがあって、

決断が遅いだけで約束などもけっこう覚えてくれてたりします。

女性からすれば、

「あの約束はすでに断られたんだわ」って

思っているようなことでも女性が忘れた頃に

「前に言ってた旅行に近々行こうか」

なんて提案してくることもよくあるんです。

これは単なる男女の違いです。

男女の違いを知ってるか?知っていないか?で、

関係は雲泥の差で変わってきます。

そんなこんなで男性心理はしっかり学ぶことをお勧めします!

ちなみに、決断に合理性を求める男性に、

思い通りの決断をしてもらうためのヒケツは、

今度書こうかなぁと思います。笑

ということで、彼が決めてくれない悩みもいけます!

お客様の声


そのほかお客様の声はこちら!

 

ガチで男心を学びたいあなたへプレゼント!
モヤモヤする、、。彼との関係をどうにかしたい。ツラい状況から抜けだしたい!!
もし、あなたがそんな状態なら、このBOOKで解消できます。
男性から愛されるための基礎が学べて最後はスッキリする!
全100ページ!17,000文字以上の大ボリュームBOOK!
今なら期間限定で3つの特典を用意してます〜!急いでっ!
おすすめ
NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「わたしの恋愛はこの先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついているかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛において
なにひとつ悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

私は「恋愛に悩みなんてないよ!」と言える女性を
たくさん増やしていくことが

私の使命です。

あなたの力になることが私の目的です。

このサイトに訪れてくれたあなたにとって
「自助力」な「なにかの気づき」を得られることを願って。

CTR IMG