出会い・片思い

3回目のデートまでに脈なしなら見直すべきこと!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

前回は、片思いをしている
女性からの質問に回答いたしました。

そこで、2回目デートから
盛り下がり3回目のデートへ
繋がっていない失敗について、

この章では重要なことをお伝えします。

スポンサーリンク

3回目のデートまでに本音を語ること

まず、デートで、
気になる男性とどんな会話をしてますか?

趣味の話?
テレビの話?
食べ物の話?

どんなことでも良いのですが、
3回目のデートまでに、
とにかく「本音」で話をしてください。

正直、趣味やテレビや、食べ物よりも、
もっと核となる、本質的なことを
会話してください。

核となる、本質的なこととは、
あなたの目標や夢、人生観、恋愛観、
結婚観、価値観などについてです。

「私はこういう人間ですよ」

「こんな事を学んできました」

といったことを話すのです。

自己開示することで、
相手の心は開き、
同じように話してくれたりするものです。

その時に、ようやく、
相手の魅力や、人間性、器の大きさ、
男としてどうなのか?

が、分かると思うんですよ。

後で、1回目、2回目、3回目のデートで
会話すべき話題の実例を紹介します。

なぜ、これらの会話が必要なのかというと、
上部ばかりの会話を重ねても、
親密になれないし、信頼関係の構築が
出来ないからです。

ただ、楽しいだけの恋愛は、
高校生までです。

この恋愛講座は20代半ば〜40代の女性が
多くご覧いただいているので。

その年代は、恐らく結婚も
考える年齢だと思うんですよ。

ということは、
相手がどうであれ、
結婚できるような、プロポーズされるような
態度、在り方を身につける必要がありますよね。

いつまでも結果、
時間だけ消費するような
人間関係を構築するよりも、
もっとあなたの欲求をダイレクトに
叶えられる在り方が必要なんです。

時間は有限ですし。

だから、一歩踏み込んだ会話は、
打ち解けてからするのではなく、
打ち解ける前の、3回目までがベストなのです。

男性側も、
人としてどうなのか?
彼女としてどうなのか?

といった視点を持って
その女性を見ます。

いつまで経っても、
本音が分からないようでは、
つまらないし、深まるものも深まらないです。

趣味やドラマや食べ物の話なんかは、
正直、会話の話題として優先順位は低いです。

後からで良いのです。

ということで、
次の章で実例を紹介します。

スポンサーリンク

デート1回目の話題、実例

実際に私が3回目までのデートで
行った関係構築の方法を紹介します。

1回目のデートでは、
お食事をしている時に、

①過去の恋愛観
②今後の恋愛について
③過去の仕事について

上記を主に会話しました。

具体的に、
「なぜ?元彼と別れたのか?」
「何が許せなかったのか?」
「学んだ後、気付いたことは何か?」
「何に感謝しているか?」

です。

スポンサーリンク

過去の恋愛観、今後の恋愛について話す

まず、①〜②について。

元彼と別れた原因については、
聞かれて答えるのも良し、
こちらから元カノと別れた原因を
聞いても良いです。

自分から言ってしまう方が、
相手の本音を引き出せますけど。

そして、上記の話題の注意点は、
元彼を悪く言わないこと。

どれだけ傷つけられた過去があっても、

「その元彼のおかげで、
色んなことを学ばせてもらったし、
本当に辛かったけど、
今では、変われたから感謝しているんです。」

といった言葉で締めくくる。笑

人は、人の話を聞く時、

ネガティヴか?
ポジティブか?

で、分けて判断します。

例え、過去の話がネガティヴだったとしても、
最後ポジティブに塗り替えれば、印象は良く残るんです。笑

さらに、相手へプラスの印象を与えます。

「失敗を活かしました」
「失敗だったけどこんなことを頑張ってます」

といった言い方が、
相手の心に響くんです。

前向きだなぁ、とパワーをもらえるような
イメージですかね?

この辺りを話した後、
相手の過去の恋愛観について、
尋ねるか、放っておいても
話してくれるようになります。笑

すると、過去の話は終わるので。笑

スポンサーリンク

話題の順序を守ること

現在の恋愛事情、今後の恋愛について、
自然な形で色々聞けますよね?

人が物事を話す時、
過去→現在→未来の順
話を組み立てると、話しやすいし、
引き出しやすいんです。

覚えておいてください。

それで、未来の話。

結婚はどう思っているのか?
何歳で結婚したいのか?
周り(ご両親含む)どう言っているのか?
どんな人がタイプなのか?
譲れない条件は何か?

実際に行った、一例です。

聞いたら聞いたで、
あなたは?ってなりますよね?笑

この繰り返しで、
考え方や、人間性を深掘りしていくんです。
価値観のすり合わせとも言います。

デートの質は大切ですよ。

自分の過去の仕事について話す

次に③について。

これはもう、そのまんまです。笑
あなたのやってきた仕事について
話すのです。

「こんな仕事をしてきた」
「いま、こんなことを頑張ろうとしている」
「こんな仕事に就きたいと思っている」

そしたら、相手の仕事観、
過去の仕事、今の仕事について、
聞けるようになりますし、
勝手に話してくれたりします。

お忘れになっているかもしれませんが、
これは、1回目のデートでの会話ですよ。

1回目で、出来るだけ、
このような踏み込んだ会話に徹して下さい。

相手に向き合う、というのは、
自ずと自分と向き合うことを指しますから、
そのような真摯な態度は、
相手をも、真摯にさせます。

あなたに対して、真摯にさせるのです。

いい加減に扱われるのは、
女性の在り方に問題がありますよ、
といつもお伝えしているように、

会話の内容がいい加減で薄いと、
男性の態度も、いい加減で薄くなりますから。

だから、はじめが肝心です。

ということで、
2回目のデートでの会話実例をご紹介します。

デート2回目の話題、実例

実際に私が3回目までのデートで
行った関係構築の方法を紹介します。

2回目のデートでは、
お食事をしている時に、

①夢や目標について
②生い立ち、境遇について

主に上記を話しました。

具体的に、
「こんな仕事をやり遂げようと思っている」
「こんな人生計画がある」
「こんな夢がある」

などなど。
こちらから話した上で、
「あなたはどうなんですか?」
と、話を持っていきます。

そうすることで、
相手の考え方、価値観、計画性、
生きてきた上で大事にしていること、モノ
などなど、分かるようになります。

お互い、そういった本質的なことを
会話すると、早々に仲が深まります。

時々、
中々、本音を話してくれないとか
中々、打ち明けてくれないとかって
嘆く女性を見かけますけど、

初めからこのような話をしていないから
そうなるんですよ。

ある程度、接触を繰り返しているのに、

ディープな話になった時、
なぜか構えてしまって、
話せなかったりします。

それは、相手へ対して、
見栄を張っていたり、
カッコよく見せたかったり、
色んな心の障害が邪魔をするからです。

「今更、言えない、、、」

みたいなことですよ。

相互に言えることですけれど。

だから、初めに曝け出すことが肝心なのです。

それで、お食事を終え、
雰囲気の良いバーなどを利用して
次に②の話題へ移します。

②は最も重要な話題です。

あなたの生い立ち、境遇についてです。

正直、私の生い立ち、境遇について、
自慢できるものは何もなく、
どちらかといえば、
平凡な一般家庭で育ったのではなく、
不遇といえば、不遇です。

そういう、自分の嫌な生い立ちについて、
ありのままに話します。

男性の器量を見極める方法

その目的は、
相手の器の大きさ、人間性を見るためです。

自分とは対照的な、
経験したことのない、
ネガティヴな話を聞いた時、
相手はどのような反応をするのか?

そこを見て、
今後、一緒にやっていけるか?
見るんですよ。笑

なぜなら、
恋人であれ、結婚相手であれ、
未来のパートナーとして考える時、

綺麗事ばかりではなく、
時には、辛い事、乗り越えないといけない
問題や、しがらみ、など、
多くの障害が出てくると思うんです。

その問題を一緒に対処できるか?

相手の問題処理能力が
関わってくるんですよね。

サバイバル能力というか。

それで、ありのままに話した時、
神様は
「俺には分からないけど、、、」
と言いながらも、
一切否定をしなかったんですね。

むしろ、
丸ごと肯定し、認め、褒めてくれたんです。

その時に、
「器の大きい人だな」と分かるわけです。

きっと今後も、私にしか、
分からない、体験できないような
辛いことがあった時、

このように、丸ごと肯定し、認め、
褒めてくれるんだろう、と連想できるわけです。

女性は放っておいても、
仕事、結婚、出産、育児などで
環境や体も簡単に七変化します。

そんな男性に分からないような、
出来事が起きた時、

「何が、そんなにしんどいねん?」

などというような。笑

無神経な(?)発言を
する男性は、一緒にいて
こちらもしんどいのですよ。笑

何も、神様の人柄が良い、
と言いたいのではなく、
この件に関しては、
実践と検証を兼ねて。笑

不特定多数の男性へ試してます。

そして、
その結果はキッパリ2つへ分かれます。

上記のような、
相手の心情を汲み取る姿勢で
対応をする男性と、

この件でいえば、
家庭環境が不遇であることを、
ちょっとどこか見下したような、
ニュアンスのある対応をする男性と。

↑このような見下しは、
育ちの良い女性を自分のステータスだと
思っている可能性が高い。笑

後者の対応をするような男性は、
きっと、今後も相手の気持ちを
汲むことなく、自己の価値観と自己判断で、
接するだろうと思います。

一例ですから、目安として取り入れてください。

このようにして、
2回目のデートでは、
1回目よりもさらに踏み込んだ会話に徹し
相手の価値観、考え方、人間性を見るようにするのです。

そうすれば、

実は俺も、、、
俺の方はね、、、

と話してくれるようになります。

上記のような会話が出来ていれば、
お付き合いをスタートさせた後、
女性のあなたがラクなんです。

女性がラク、とは、
実際に、最近あったことですが、
家族関係で問題が起きたんです。

そのことを、隠さずに、
話すことが出来たんです。

それは、早々に家庭環境のことを
話した土台があるから
詰まることなく、スムーズに話せるんですよ。

それがなかったら、
私でさえ恐ろしくて話せません。笑

話題自体が重たいですしね。笑

だから、
本当は聞いて欲しいのに、
受け入れられるのか怖くなって
全然話せない、、、

なんてことはもったいない悩みです。

何のための
あなたのパートナーですか?

自分の唯一の心の支えである、
ポジションを、自ら、相手へ与えるんですよ。

好きな人なのに、恋人なのに、
夫婦なのに、仮面のように、
うわべだけしか話せない
薄っぺらい関係は簡単に壊れます。

だから、
もっと本音で接するようにしましょうね。

というわけで、
次に3回目のデートでの
会話実例を紹介します。

デート3回目の話題、実例

実際に私が3回目のデートで
行った関係構築の方法を紹介します。

3回目のデートでは、
1〜2回目のデートで
会話した内容を掻い摘んで
さらに深掘りします。

1〜2回目のデートの話題は以下。

①過去の恋愛観
②これからの恋愛について
③過去の仕事について
④夢や目標について
⑤生い立ち、境遇について

この中の、②と④です。
どちらも未来に関しての会話になります。

②のこれからの恋愛についてとは、
結婚観も含みます。

実際に②について、
私が神様👱🏻‍♂️へ質問したのはこちらです。

「子供何人欲しいですか?」
「親と同居ってどう思います?」
「どんな家庭が理想ですか?」

めちゃくちゃダイレクトでしょ。笑

これはこのまんま、
使用しないといけないわけではありません。

あくまでも、
一例であり目安ですから、
そこは感覚を使って習得して下さい。

そして、もちろん、上記は、
会話の自然な流れで話題を振るんですよ。

突然、真剣な眼差しで、
質問されたらなんか怖いし。笑

そこは、上手に、冗談めかしながら、
答えてくれるような雰囲気、
話題へ持っていってからですよ。

それと、こんな価値観や考え方を、
アレコレ聞くと、
こちらが好意を持っていることが
バレバレだと心配する女性が出てきますが、

別に好意を持っていると、
思われてもいいんですよ。

明確に「好き」だと、
告白をしなければ。笑

むしろ、
好意を持っていると
思われた方が良いんです。

そう思われていれば、

「あれ?俺のこと好きじゃないかな?」

という、心境へ持っていける、
すなわち、追いかけられる在り方を、
整えることができます。笑

あんだけ興味持って質問してくれたのに、
女性からの連絡はサッパリとか。笑

分かりやすいじゃないですか。笑

それで、④について。
2回目のデートで話せなかった、
具体的なことを打ち明けます。

こうやって、
具体的な打ち明けをすると、
相手は思わず俺のことを信頼してくれてると思うでしょう。

男性は、自分を必要とし、
信頼してくれる人を大事にします。

そして、この2つに共通する
部分は、どちらも未来の話ですよね。

未来の話は、基本ポジティブです。

これらは、
まだ2人の関係が、どうなるか分からない
「未来の関係」だから、
「未来の話」をするのです。

意味、分かりますか?

すごく深いことを言ってるかもしれません。

例えば、あなたがある男性に出会って
こう言ったとします。

「最近、彼氏と別れて傷心なんです。
少し寂しくて、、、」

そこで、男性は、
その女性の「傷心」を拾い、
下心を持ってチャンスと捉えたとします。

下心とは、今デートに誘えば、
男性にとってお得なことが
あるかもしれないといったこと。

もしくは、
「寂しくて、、、」
といったネガティヴに引き寄せられ、
寂しい者同士が仲良くなるってこと、
ありますやんか?

どちらも、それは未来ではなく、
過去へ向かってますよ。

傷心も、寂しい思いも、
過去の自分が作り上げた
ネガティヴな結果だからです。

そんな過去のネガティヴを、
これからのポジティブな2人の関係に、
持っていけるかって、、、

難しいですよ。

だから、
3回目のデートまでに本音を曝け出し、
未来に向かって2人が歩めるように、
会話に気を配り、関係を構築することです。

ここからは、
しつこく伝えます。

価値観をすり合わせをする

巷の恋愛記事で、
男女の離婚へ共通する上位の原因。

「価値観の不一致」
「性格の不一致」

あなたも見たことがありませんか?

交際をスタートさせて、
3年、5年後に、後からボロボロと、
本音、価値観を知るようじゃ遅いんです。

結婚してからだと、
もっと遅いですよ。

「こんな人やとは思わなかった!」

とか。

蓋を開けたら、
「ギャンブルで借金まみれ」でしたとか。

そんなものは初めから、

「お金の使い方はどうなのか?」
「価値観はどうなのか?」

といった、いくつかの質問をする、
相手の本質的部分を知る視点を持っていれば、分かることなんですよ。

結婚を考えているのなら、
尚更、大事なことですよ。

自分の価値観と、譲れないもの、
相手の価値観と、譲れないもの、

どこまですり合わせできるか?
そこを、見ていくんです。

この相手とだったら、どうなのか?
という部分を早々に知ること。

それを知るためには、
当然、自分のことをよく知っていないと、
出来ないことですから、
いつもお伝えしているように、まずは自分を知ることです。

浮かれポンチになって、
その場を楽しむだけの視点は、
二股や、不倫だけにしておいて下さい。爆

というわけで、
本音、曝け出しましょう。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

自己学習型テキスト♡

YouTubeもやってます!

関連記事

無料プレゼント↓

PAGE TOP