マインド・在り方

在り方を変えるとは?

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、在り方について深掘りをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

在り方を変えるとは?

最近、在り方の意味が分からないとチラホラお声を頂いていたので、
そりゃそうだよな、ということで解説していきます。

在り方とは?

一言でいうと、
「自分はどうでありたいか?」
「自分は何を望んでいるのか?」

自分の願望のことを言います。

この恋愛講座では、
「男性から愛され大事にされる」
ための在り方を、
男性心理、性質へ沿って教えています。

つまり、この講座を読んでくれている
女性の方々は、少なくとも、
「男性から愛され大事にされたい」
という願望があるはずなんです。

その自分の願望を、叶える為に、
どうすべきか?←ここが講座にあたります。

在り方を変えないといけないよ、
と言っているのは、皆さんのお話を聞いていて、
「男性から愛され大事にされる」在り方から
ズレた行動をしているから、

想いから変えないと
いけないと言っています。

ズレた行動とは、
現状「愛されない私の在り方」
を実践していたり、
こうありたい、こうなりたい、
気持ちから真逆のことをしてるんです。

在り方とは、
「あなたの本心はなんと言ってますか?」
ということを問われています。

自分の本心の欲求に素直になること。

そこを見ていくこと。

スポンサーリンク

私の過去の恋愛経験、実例

実際に私の過去の体験から例えます。

過去の恋愛は散々でした。

都合の良い女になって傷つけられたり、
寄ってくる人は既婚者ばかりだとか。笑

普通に恋して普通に男性と相思相愛、
幸せになることは、不可能に思えてたんです。

だって寄ってくるのが
うんこ男ばかりだったから。爆笑

でもそれは、
相手が悪かったからとか、
自分の選び方がおかしいとか、
そういうのではなくて、
私の在り方に問題があったからです。

当時の在り方とは、
「どうせ私は愛されない」
在り方を持っていたということ。

どうせ私は愛されない想いをもっていると、
その在り方に相応しい男性が寄ってきます。

これは、自己価値が低いが故です。

どれだけ自分にとって
いい男に巡り合いたくても、
自己価値が低ければ、ご縁は生まれません。

この自己価値が低い発想で選んだ男性とは、
どんな男性か分かりますか?

自己価値が低い時に選んだ男性なんて、
その自己価値の低い自分に釣り合う男性です。

男と女はどこまでいっても、
釣り合いだからです。

相応しい男性を、
ちゃんと選べてないことも多いんです。

しかも、恋というのは、
頭がちょっとイカれるので。笑

この人しかいない!
この人以外考えられない!

ってなると思うんです。笑

でも、よく考えてみてください。

過去の男性に対しても、
同じことを言ってきてませんか?笑

この人しかいない!
この人しか考えられない!

同じことを繰り返しながらも、
新しく自分を愛してくれる人が現れたら、
言ってたことはケロッと忘れて、

また、同じことを言うんです。笑

冷静に考えたら、おかしいやん。笑

私も過去の男性へ対し、
この人しかいない!って
思ってたけど、今はもう忘れてるんです。

つまり、ただの思い込みですよね。笑

恋ってそんな感じです。

スポンサーリンク

在り方が変わることでうまくいく

それで、散々な経験の後、

「私は男性からちゃんと愛されて、
1人の人に大事にされる人生がいい」

と、心から望んだんです。
そしてそれを受け入れた。

ここ重要です。

望み、受け入れるんですよ。

でも、だって、とか要らないです。

ただただ、受け入れる。

ちゃんと受け入れた時、私の在り方は、

「どうせ私は愛されない」から、
「男性から愛され大事にされる自分」
へ変わるんですよ。

その時に、この人しかいない!!
という想いは、本心からすると
間違いだったことに気づけるんです。

「男性から愛され大事にされる自分。」

これが本心であり、願望だからです。
こうでありたいからです。

そこを認めた上で、スタートです。

じゃあ、愛される為にはどうしたらいいのか?

今まで「どうせ私は愛されない」
何十年も実践してきたわけですから、

「愛され大事にされる自分」は、
自分が持ってない要素ですよね?

それを知る必要がありますよね?

どこで知るのか?

この恋愛講座で知るんですよ。笑

恋愛は、会社でも学校でも
教えてくれないジャンルだからです。

「男性から愛され大事にされる恋愛講座」
から学んで、

自分にないものは、新しくインプットさせる必要があるんです。

もし、仮にあなたが
シェフになりたいと思ったら、
まずは何をしますか?

自宅で料理?

違いますよね?

専門学校へ行って、
シェフになる為の方法を学びますよね?

あれと同じなんです。

シェフになりたいのに、
自宅でずっと料理していて、

あれー?シェフになれないなー?
なんでだろう?

って言っていることと同じです。

ここまでを踏まえて、
在り方を変えるということ。

根本的に「自分はどうでありたいか?」

スポンサーリンク

比較対象がなければ正しく判断できない

核となるものが無ければ、
どこかで躓き、やらかしてしまいます。

男性から愛され大事にされることはないんです。

土台がなければ、その上に
家を建てることはできません。

うんこ男が寄ってきた時、
在り方が定まっていなかったら、
「愛され大事にされる自分」に相応しい相手かどうか?

まともな判断もできないんですよ。

人は、比較対象がないと、
何事も正しく判断ができない生き物です。

例えば、
「愛され大事にされる自分」がAとして、
「どうせ愛されない私」がBとします。

恋愛で何か問題が起きた時、
Aだったらこうする。Bだったらこうする。

2つを知っていれば、
自分がAだったら、Bのやり方を選択しなくて済むんですよ。

意味分かりますか?

ところが、Aを知らなかったら、
Bしか選択の余地や発想がないので、

この選択は本心にとって正しいか?
分からないってことです。

把握も冷静に対処も出来ないです。

ちゃんと自分の欲求や、在り方に
忠実に素直になり、認めることです。

認めることで、心のバランスが良くなり、
自己価値が高くなることで、
自分に相応しい男性(A)を
ちゃんと選べるようになります。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP