夫婦関係

「夫が黙る」話し合いは女性発想ですよ?

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、恋愛お悩み掲示板からピックアップして解説していきたいと思います。笑

引用元

スポンサーリンク

話し合いがしたいのは女性だけである

さて、これもよくある事例ですねー。

質問は、夫とどうやって話し合いの場を設けているのか?とのことですが、

喧嘩をした時に男性と納得いくまで
「話し合い」がしたいと思うのは、
女性だけの発想なんですよね。

まずその思考が、男性とズレてることで、
喧嘩した時に「頭が冷えるまで話はしたくない」と言われ、
夫が黙りこくって部屋に閉じこもる事態になってます。

女性っておしゃべりが大好きです。

相手と喧嘩した時にとことん話し合いをして
自分の思ってる本音をぶつけたり、不満をぶつけたり、
意見交換をしたいと思っていて、また相手もそのようにして欲しい。

相互に気持ちの共有&共感したいと思ってます。

そうすることで、お互いが分かり合えて
信頼関係が築けると思ってます。

だからあなたも不満があったらなんでも言ってね、
話し合おうねって姿勢を取ろうとします。

このやり方は、女性同士では当たり前の
コミュニケーションの取り方だからです。

でも男性はここの考え方がまるで違います。

スポンサーリンク

夫が黙る理由とは?

男性は「話し合いたい」とは、思ってません。

男性が話し合うと聞いた時にイメージするのは、
面と向かって対立することを指します。

討論のような、争いのような、
口論をするイメージを持っています。

相手と斬り合うイメージです。

なぜかというと、
男性は基本自己解決思考だからです。

不満を言い合うとか、妥協点を共に探すと言ったやり方は、
戦う性質を持つ男性から見て、敵へ自分の武器を差し出すとか弱みを見せるとかと同じなんです。

そうではなくて自分だけの力で
物事を解決していきたいと思ってます。

だから、女性から話し合いをしたいと言われた時、
言い合いをしたり不満をぶつけ合うことは無駄に思えるし、どちらかというと避けたいんです。

その心情が表れているのがここ↓

「ケンカになると口を聞かず、部屋に閉じこもります。
頭が冷えるまで話をしたくない。と言われます。」

「かといって、その後話し合いは無く、時間が解決するまで待つ」

これ、男性心理がまんま表れてるんですよね。

わかるかな?
女性とは全く違う思考を持ってるんです。

スポンサーリンク

同じ生き物だと思うと衝突する

男と女はそれほどに生き物が違うから、
「同じ生き物」だと思って接していると、
必ず歪みが生まれるようになってます。

たとえば、ここの箇所がそう。

「不満があるなら言葉で伝えて欲しい、私の不満も聞いて欲しい。
要求どおりでなくても良いから、お互いの妥協点を探したい。そう思うのは我儘でしょうか…」

↑既に間違ってる。

一つ思考が間違うと、ドミノ倒しのように
全て間違える結果になるのが思考の問題なんです。

だから、異性の生き物とはなんたるか?
その特性や特徴を知ることで、
思考が変わり、対応の仕方がわかるわけですよね?

わかっていたら?

「みなさまにお聞きしたいのは、夫とどうやって「話し合い」の席をもうけているか?」

という発想にならないです。

このように、考えているうちは、
どうにか話し合いの席を設けることへ焦点を当て、
良い方法があったら試みるんだけど、

なぜか、一向に良くならなくて、
向き合ってくれない夫にさらに不満を募らせる結果になって、
ひいては「頭おかしいんじゃないか」って

どんどん相手を低評価していくことになるんです。

すると、自分は関係を良くする努力をしているつもりでも、
結果、うまくいかないから疲れてきて憂さ晴らしに不倫や浮気に目を向ける。

パートナーと向き合うことから逃げていくという末路。

このような繰り返しを延々とやってるカップル、夫婦って山のようにいます。

でも、特性を知っていれば、
最短でうまくいく対応ができるんです。

スポンサーリンク

黙る夫と円満になるには?

この件に関するうまくいく対応とは、
「お願い」をすることです。

おそらく、日頃から夫へお願いをしていないから不満が募るんだと思うんです。

不満とはどのような状態か?

自分の「してほしいこと」が、
満たされてない状態のことを言います。

百歩譲ることが良きだと思っていたり、
遠慮することが良い女と思っていたり、
頼ることに抵抗があったり、
甘えることに慣れていなかったり、
または過去からそうしてきてないから頼ることは悪いことだと思っていたり。

これらの考えも複雑に絡まって、
今の思考を作ってるわけですよ。

「不満があることを聞いてほしい」
とありますが、男性は不満を聞きたいと思ってません。

「不満があるなら言葉で伝えてほしい」とありますが、
口論したいと思ってないので、このようなスタンスの奥さんへ自ら不満を話そうとは思えないと思います。

男性が求めているのは、
不満があるなら、「どうしてほしいのか?」
解決策を提示してもらいたいんです。

たとえば、いつも私がゴミ出しをしていることに不満があって、聞いてほしいと思うのなら、

「ゴミ袋が玄関に出ていたら、出してほしい」

そう言えばいいんです。

共感は後なんです。

実際にゴミを出してもらったときに、

「ありがとう!毎回、この臭いのと重いのを
自分で運び出すのは、辛かったんだよね。笑」

って言ったら、「そうだったのか。気づかなくてごめん」

ってなり、その時に「気持ちがわかってもらえた、共感してもらえた」って実感できるのだと思うのですよ。

必ずしも、話し合いを設けることで、
良い方向へ話が纏まるか?答えはノーです。

女性発想は、女性にしか通用しません。

男性への対応の仕方は、話し合いではなく、
「お願い」をすることだから。

これが、男性心理に沿った恋愛成就法であり、夫と円満になる方法です。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP