恋人関係

彼氏からの連絡頻度を底上げする方法!!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

男性の連絡頻度の認識とは?

今回は、忙しい彼からの連絡頻度について不満を持つ女性からの質問です。

彼女が知りたいことは、「彼からもっと連絡が欲しい」「夢中にさせたい」解説していきたいと思います。

まず、初めにこの彼の態度について。これ、男性として普通です。笑

男性はラインや電話はコミュニケーションという認識はありません。

要件がないなら、電話を切る、という彼の発想は正常なんです。笑

認識がコミュニケーションじゃないから、業務のやり取りのように素っ気ないんですよ。

冷たいからじゃないですよ。

あと、「返事がいらないようなところで切る」というのは、男性限らず普通なんですけどね。。男性は目的のないオチのない、ただのお喋りはラインで続けたりしません。

続けたいとも思いません。もし、目的のない、オチのない、ラインを男性側が続けるとすれば、恋人関係でいうと、「彼女が誰かに取られそうで不安」といった心境へ陥った時にそうなりやすいのはあります。

それも、一時的に、です。

ただそれは、目的のないオチのないただのお喋りを続けたいからではなく、彼女の心が離れそうなのを、食い止めたい、こちらへ注意を向けさせたいといった「目的」があるからなんです。

だったら彼を不安にさせよう!と、短絡的に考えるのはやめてくださいね。

なぜなら、文章を読む限り、彼女はまだそれが使えるスキルが備わってないと見て取れるからです。

男性の世界観を知ること

彼女は学生さんでしょうか?

「連絡がたくさんほしい」という発想は、
学生さんらしい発想なので。

もし学生さんであれば、社会人男性の日々のルーティンは、汲み取りにくいかもしれませんね。

そもそも、社会人である男性は、仕事や付き合いや、家のことやらで優先すべきものがたくさんあります。

忙しいのは当たり前。

仕事の就業時間が終えたとしても、就いている仕事によっては、次の段取りを頭の中で考えて策を練ったり、計画を立てたり、しないといけないんですよ。

そういったことも含めて頭の中は常に忙しいのです。

だらだらとラインを続けるのは、暇でないと出来ないんですよ。

そのことをご理解いただいた上で話を進めますから、上記のことが分からない女性は、過去の記事で詳しく書いてありますから遡って探してみて下さい。

彼氏からの連絡頻度を底上げする方法

それで、彼からもっと連絡が欲しいのなら、具体的に明確にお願いしてみれば良いです。

ジャブを打つのと、彼の温度感を見る為です。

例えば、文中にあるように、「ラインで好きだと言ってほしいな♡」とか。

それで、反応が薄いようなら、さほど彼女への熱がないという表れとなります。

その時は、この恋愛講座に書いてあることを、やれるところから徹底的に実践して下さい。

重複するので、同じことは何度も書きません。

一言で言うと、追いかけられる在り方を身につけてくださいということ。

「電話をかけても」や、「ほとんど私から」という文が示しているように、既に彼女が彼を追いかけているからです。

彼を追いかけている内は、追いかけられることはありません。

もっと連絡が欲しいなら、追いかけられるように、すなわち、追いかけるのを先ずはやめること。

ちなみに、なぜ、やれるところから徹底的にやる必要があるのかというと、

「こう送るから、こう来る」
「このラインを送るからラインが多くなる」

という一箇所だけに焦点を当て、「やり方」を変えようとすると出来事が変わった時、通用しません。

変えないといけないのは、そのあなたの「在り方」です。

あなたの在り方そのものが追いかけられる在り方だから、ラインが来るようになる、これが、彼から連絡がたくさん来て夢中になる最短方法であり、正解なんです。

恋愛講座へ書いてあることを、1つだけ掻い摘んで実践しても、効果は薄いということなんです。

ちなみに、彼女と同じように、神様も交際当初は週2〜3日に一度ラインが来る程度でした。

しかし、恋愛講座へ書いてあることを全て実践した結果、放っておいてもラインが毎日来るようになり、絵文字もつくようになりました。

だから、「こう送るから、こう来る」じゃないんです。

恋愛講座で書いてあることとは、頼る+大喜び、素直であること、認める+褒める、アドバイスはしない、ラインの連投をしない、追いかけない、本音で向き合う、などなどです。

これらを実践することで、彼を夢中にさせることも叶いますから。やってみて下さいね!

あと1つ気になったのが最後の文にあるこちら。

「周りの人を褒めると、自分の自慢話をしてくるタイプ、甘え下手」

この発想はちょっと違うかな?

男性が嫉妬をするとき

彼がそういうタイプなのではなく、男性心理において、男性は、他と競争の性質を持ってます。

競争と切って離せないのが順位ですよね?

競争するわけですから。

つまり、順位付けに価値を置いてます。「周りを褒めると、自分の自慢話」というのを男性目線で直訳すると、

「俺は彼女にとって、1位であるはずなのに、他の者を優位に立てる行為は、まるで、俺が2位になった気分」

ということ。

分かりやすくいうと、「男として」嫉妬しているということです。

男はそういうところで嫉妬するんですねぇ。笑

こういった心理が分かっていると、

夢中にさせたい時やプロポーズさせたい時に使えますから。笑

今の内に、男性心理と性質は、ご理解と実践をされることをオススメします。

ご質問者様からのコメント!

以上で、参考になりましたらうんこです(♡・∀・♡)

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

喜びの声

そのほかお客様の声はこちら!

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

ブログ統計情報

  • 1,328,122 人の女性が訪れています★

経歴•実績

経歴•実績
2020年3月 少人数制フルサポート開始 6名参加
2020年8月 少人数制フルサポートメンバー12人参加 満員
2020年9月 恋愛テキスト販売開始 コミュニティ開設
2020年12月 月間3000PV→月間平均11万PVサイトへ成長
2021年4月 フルサポート第二期メンバー 募集開始
2021年6月 フルサポート第二期メンバー 8名参加中〜
2021年9月 テキストメンバー限定コミュニティ 71名参加更新中〜
2021年8月 相談累計2,650件以上(質問回答、セッション、メアド、フルサポ)
2021年9月 テキスト販売累計262
2022年 米国NLP協会認定NLPコーチ及び日本NLP能力開発協会認定NLPコーチ 資格取得予定

恋愛テキスト♡

YUKOにお礼がしたい方♡笑

関連記事

YouTubeもやってます!

無料プレゼント↓

PAGE TOP
error: このコンテンツはコピーできません。