マインド・在り方

【感謝】幸せになる1つのポイント!

こんにちはっ!!

自助力の専門家、YUKOです!

もうそろそろ、2018年が終わりますね!
あなたの今年1年はどんな年でしたか?

 

幸せな日々は過ごせたでしょうか?

 

本日は、スピリチュアル記事として
幸せになるポイントのお話をしていきたいと思いまーす

それでは、いってみよー!

スポンサーリンク

幸せになるポイントは感謝の気持ち

幸せになるポイントは、
究極の感謝の気持ちを持つこと!

そして、感謝の気持ちは、
考え方から生まれ、幸せの要は、
考え方にヒントがある♪ヽ(*´∀`)ノ

巷でよく言われてることなので、
何を今更( ˙-˙ )という題材なんですけど。

感謝の気持ちについて、
深く掘り下げて、腑に落ちるようにしましょう!

そこで、あなたに質問があります。

あなたは今、幸せですか?

今、幸せですか?と聞かれて、
まぁまぁ幸せと答えられる方が大半じゃないでしょうか?

それとも、
状況がすごく辛くて全然幸せじゃない。

もしくは、
もっと幸せになりたいと願うからこそ、
今は幸せじゃないと言える方もいるかもしれません。

状況や感じる感性は、人それぞれなので、
今幸せの方も、そうでない方も、
いま、この瞬間からなんの条件も要せず
幸せになることは可能です。

なぜか?

そもそも幸せ、不幸せは、
あなたのどこが決めると思いますか?

それは、心ですよね。
心というのは、脳みそと連動しています。

脳みそからの指令は、
心を伝った後、あなたの表情や行動に直結します。

 

心=脳みそ

 

その証拠に、脳の病気であるアルツハイマーになると、
主に大脳皮質に存在する神経細胞が失われることで発症します。

それによって、ボケてしまったり、
人格さえも変えてしまう。

心を入れ替える、
と聞いたことあると思いますが、
心の在り方(考え方)を入れ替えることで、
脳みそにとって自己評価が変わる。

自己評価が変わる→未来の思考が変わる→行動が変わる→起こる現象が変わる

こんな流れでしたね(♡・∀・♡)

では、その考え方をどのように、
変えていけば良いのか?

具体的に紹介しますヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

感謝できる考え方とは

あなたは日本人ですか?
日本人であれば、超絶ラッキーです!笑
またとない幸運の国に生まれました。

日本という国に生まれた限り、
ご飯が食べれて、家があって、水が出て、
何不自由なく暮らせてると思います。

もし、仮に働けなくなっても、
衣食住は程度の差あれど、
国から最低の保証はされています。

私の尊敬している実業家の方で、
納税額日本一を誇る斎藤一人さんという方がいるんですけれど。

その方は、こんな事をおっしゃっています。

昔の日本に生まれていたら、
空から爆弾が降ってきてた。

でも今、降って来るのは雨くらい。

そう考えると、恵まれ幸せな環境だと思いませんか。

物事の良い面を見る考え方

この一節には、こんな意味が隠されてます。

あなたのいま置かれている状況や環境は、
あなたの幸せを決める一部に過ぎなくて、
幸せの要は、全て考え方から生まれる。

もし、今、
あなたの仕事がうまくいかなくて、
あなたの恋愛がうまくいかなくて、
人間関係がうまくいかなかったとしても、
その中から、感謝できる良い面を見つける事です。

そう!あなたの状況が限りなく最悪と言える状態でも、
それは、あなたが精神的に成長するよう、
感謝できるようになるために見えないあの世からのプレゼント!

 

そんな風に考えれば良いのですヽ(゚∀゚)ノ

 

物は考えよう(・∀・)キリッ

 

 

ブラボーーーーーー♪ヽ(*´∀`)ノ

 

なにが?(・∀・)

例えば、雨が降ると、
無意識に多くの人はこんなことを口にします。

女性
雨降って最悪

 

でも、いつでも幸せでいられ感謝できる人は雨が降った時、こんな風に考えます。

 

彼女
雨降ってるけど、そのおかげで肌が乾燥しない!フゥー!

 

物事には、どんなことでも良い面と悪い面があります。
これは、この宇宙に生きている限り
不変の事実として存在します。

 

その、良い面と悪い面のどちらを捉えるのか?
選ぶのはあなたの自由です!

でも、いつも幸せで感謝できる人は
無意識に良い面へ目が向いています。

悪い面を見てしまう人の成れの果ては、
愚痴、文句、弱音、不平不満、不安。

 

いつもイライラして、
なぜ自分はこんな目に遭ってしまうのか?と考えます。

 

そして心の病気を招いてしまうこともΣ(- -ノ)ノ

 

女性
そうはいっても、どうしても許せないこともある!

 

そう思いますか?つωT`)

 

では、そんなあなたに私の体験談をご紹介します。

どんな親にでも感謝をすることから始まる

突然ですが、私は24歳くらいまで、
親をものすごく恨んでいました。

幼少期、愛情不足で育った子供だったからです。

まともに愛情をもらえず、親との関係が悪いせいで
普通のことが普通に流れていかない20代前半を過ごしました。

仕事も人間関係も恋愛も、
全てにおいてつまづきが多かったように思います。

お金がないと言われ、成人式の振袖が着れなかったこと。
高校に行きたかったけど、働けと言われ、
自力で学費を稼ぎ睡眠3時間の高校生活だったこと。

数えたらキリがないけど、人並みに苦労だったと思います。笑

親に尽くしてもらえる友人家庭は物凄く羨ましかったし、
その度に、親や環境のせいにして恨んでいました。

だけど、そんな環境に生まれたからこそ、
良いこともたくさんありました。

人から「しっかりしてるね」と、
褒めてもらえることが多いのは、そんな親だったから。

どんな時でも生きていける自信がつき、強くなれたのも、
頼りない親がいてくれたおかげなんです。

 

“物事には良い面と悪い面が同時に存在する”

 

私は親から得た悪い面ではなく、
こんな親だからこそ得られる良い面だけを考えるようにしたんですね。

そう考え方を変えると、
親に対しての恨む気持ちはなくなり、
感謝の気持ちでいっぱいになったんです。

あんなに親に対し音信不通の20代だったのに
今では、実家へは帰るし、親孝行をすることもできる。

こうすることで、親も嬉しいし、自分も嬉しんですよね。
親に感謝してデメリットなんてなにもないんです。

ここで、注目して欲しいのは、
親との関係において前向きになれるような出来事はなかった点です。
親から歩み寄られたわけでもなく、和解したわけでもありません。

ただ、ただ、そんな親を受け入れ、許し感謝しただけで、
過去の自分のような恨み、憎しみは昇華するってことです。

その後、余計なことで悩むこともなくなり、
きちんと自分の人生を歩むようになれます。

感謝は意識すること

幸せになる第一歩は感謝すること!これが明るみになったところで
実践しないことには考え方は変わりませんよね。笑

この記事を読んだだけでは、なにも状況は変わりません。笑

感謝ってね、意識してできるものなんです。
初めはですよ。慣れていないことというのは、
どんなことでも訓練が必要です!

だから、嫌なことが起きたら、どこか良い面を見つけて
ありがたいと思える思考を身につけることです!

 

さぁ、つべこべ言わずやりましょう!笑

 

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP