彼氏の愛情表現が「自分の求める愛情」とは限らない。

※このページをブックマークしてください。
※紛失された場合、再購入が必要となります。商品再送は行なっておりません。

彼氏からの愛情表現に満足しない理由

彼の愛情を正しく受けとれない現象って、
自己肯定感が低い女性に多いと思うのですが、

今回は、自己肯定感とは別に
彼の愛情を受けとれないときの原因について迫ります。

自己肯定感に問題はないとして、
彼の愛情に満足しないとき原因はズバリ!

「あなたが求める愛情の形と彼の愛情表現にズレが生じている」

どういうこと?って思うかもしれませんが、

そのまんまです。笑

人って、愛されてるなーって感じるとき、

自分がされて嬉しいことを相手からされて初めて「愛されてる」って感じるんです。

たとえば「飴ちゃんが欲しい!」って言ってる女性に

クッキーあげてもその女性は喜ばないんです。笑

でも、クッキーをあげる男性は、

自分なりの愛情表現なんです。

よく聞く例でいうとお誕生日プレゼントは、

「彼が私のことを考えてくれた気持ちが嬉しいからなにをもらっても嬉しい♪」ってやつ。

それって本当に本当に本当に本心で思ってる????

じゃあ、彼はあなたのことを思って
あなたが喜ぶと思って生クリームと

チョコレートとクッキーがいっぱい乗った
お菓子の家を毎年のお誕生日プレゼントにもらったら嬉しいですか??

初めは嬉しかったとしても、

ずっとその調子だと「太るんやけど!!」とか、

またこれかよ?ってなると思います。

「いや、でも彼は私のことを想ってくれてのことだから、、」

って言い聞かせるだけで、
自分の友達が彼氏から
ハイブランドのバッグをプレゼントされてたら、

「私って彼氏から愛されてるのかな?」って疑うはずです。笑

要するに、お菓子の家をプレゼントされるよりも、
ダイヤの指輪とかネックレスだったり、
そのときに欲しいと思ってるものを

プレゼントされたほうが嬉しいと思います。

※お菓子の家は一例です。
お菓子の家がダメって言っているわけではないです。

皮肉なことに、相手からしてみれば、
女性が喜ぶだろう!と思ってしたことが、

全然喜ばれなかったり、ありがた迷惑になっていたり、
むしろ怒らせてしまうことも起きたりするんです。

相手にとって愛情表現だ!と思ってしたことが、
相手の心に響かないとき、それは、、

結局のところ、
受けた相手は「求めていたものと違う」だから

「愛されてるように思えない」そこまではいかないにしても、

「なんだか物足りない」ってなってしまいます。

もちろん、中には、相手のしてくれたこと
すべてに喜んで受けとって満たされる人もいると思います。

でも↑このような人は、
精神的自立をされていて、
そもそも自分のことは

自分で愛し認めることができている人なので、

今回のお話には登場しない人物です。笑

次に、女性が愛情の実感を得られることと
男性が与える愛にズレが生じるとき、
なんでズレは起こるのか?について詳しくご紹介します!

女性が求める愛情の形とは?

女性は、男性からの愛情を感じるとき、
下記3つの要素が成り立っていることが考えられます。

①お金をかけてもらうこと
②時間をかけてもらうこと
③言葉をかけてもらうこと

そして、この3つにたいして
どれに愛情を感じやすいかは、

親からされたことと比例します。

たとえば、私の場合、男性から愛情を感じやすいのは、
男性からプレゼントを贈ってもらったり、
ご飯をご馳走してもらったり、
交通費を負担してもらえたりすることで、

「私って愛されてるな〜」って感じます。

ようするに、
私が男性から最も愛情を感じるのは「①お金をかけてもらうこと」です。

なぜ?「①お金をかけてもらうこと」なのかというと、
私の両親は離婚していて母親に育てられています。

お母さんは、夜の仕事をしながら私を育てたので、
一緒に過ごしてくれることはほとんどなく、
愛されてると感じるような言葉をかけられた記憶はありません。

でも、唯一、お母さんの愛情表現として、
欲しいものはなんでも買ってくれて、
食べたいものはなんでも買ってくれて、
ほしいだけお小遣いももらってました。

幼少期の頃、↑のような教育を受けることによって
「愛されること=物質を与えてもらうこと」と

自分の中に↑が正しい方程式としてインプットしているんです。

それがのちに愛情の形として男性に求めるようになります。

実際に、私は言葉で
「好きだよ〜」「愛してるよ〜」
と言ってもらわなくても不満はないし求めることもありません。

恋人や夫と毎日一緒に過ごしたいとか思わないし、
飲みで遅くなるって言われても「いってらっしゃい〜!」なんです。

とはいえ、②と③はまったくなくていい!と言ってるわけではないので極端に考えないでくださいね!

上記は私の一例ですが、
女性によって①〜③の配合率は違います。笑

たとえば、
①20%②80%③0%の女性もいますし、
①50%②10%③40%の女性もいます。

私は、プレゼントされると嬉しいけど、
物をもらっても嬉しくないと考える女性もいるんです。

よく、巷で、「女性は言葉で愛を伝えてほしい」って聞いたりすると思うのですが、

まさに「③言葉をかけてもらうこと」に該当します。

また、逆に親からしてもらえなくて寂しい幼少期を過ごした人なんかは、

大人になったとき、「親にしてもらいたかったこと」

男性から補ってもらう心理状態になることもしばしばあります。

これを代償行為と呼ぶのだと思います。

例えば、実際に私の経験では恋愛ではありませんが、

4姉妹の末っ子として育てられたので、

洋服や机、おもちゃなどいつも姉のお下がりでした。

これが不満でいやだった記憶があるからか、

物を買うときに店員さんから「新作です」と言われると弱いんです。笑

なぜか欲しくなるんです。

新作だと言われると、
「まだ手に入れている人が少数だ」
という気になってくるので独占したくなるんですよね。

逆に限定です!と言われても心に響かない。

このような感じで、
幼少期に受けた親の振る舞いは
ダイレクトに生き方や恋愛スタイルに影響を与えています。

あなたは、どのカテゴリーに愛情の実感を得やすいですか??

また、割合はどれくらいですか?

自分はなにをされたら嬉しいのか?

深く自分を知ることでよりよいパートナーシップに生かすことができます。

求める愛情の形と彼の愛情表現にズレが生じると?

彼氏や夫から愛情が感じられず、寂しい思いをしていたり、不安になったりしたとき、

自己肯定感とは別で考えたほうが良いのは、

自分の求めている愛情の形と彼が与えてくれる愛情表現にズレはないか?確認をすること。

たとえば、②の時間をかけてもらうことに
愛情の実感を得やすい女性にとって、
時間をかけることが愛情表現でない

男性とのパートナーシップは亀裂が起こりやすいです。

例えば、毎日彼氏と会いたい女性は、
彼氏に毎日会いたい!って望みますよね?

ところが、恋人と毎日一緒にいることは重要視しておらず、
会うのは2週間に一回ペースが望ましいと考える彼氏だと、

どう考えても、彼女に不満が募りやすく、

彼女からやいやい言われる彼氏は彼氏で
「重たいなー」とか「しんどいなー」ってなりやすいです。

つまり、需要と供給ですよね。

それで、彼は毎日は一緒に居れないけど、
その分会えたときには
たくさん楽しいところに連れてってあげる、という場合だとします。

彼女は、

「彼なりに大切にしてくれてることはわかる。」
「ちゃんと好きでいてくれてることもわかる。でも、、

ってなるんです。笑

「でも、〇〇なのよ!!!」

と言いたくなるのが女性。笑

女性は、とても欲深い生き物なので、
自分の求めてることをドンピシャで
与えられなかったらイヤなんです。笑

だからこそ、男性とうまくいこうと思ったら、
自分の求める愛情の形はどんなものか?を知って、

彼はどのような愛情表現をする人なのか?を客観的に知ること。

話はそれから。笑

愛情の実感ができる強弱は男選びで決まる

恋愛で幸せになりたいのなら、男選びはかなり重要です。

できるだけ自分が求める愛情の形が

「もともと愛情表現の仕方である男性」を選ぶことを強くおすすめします。

パズルの穴とピースがぴったりハマるようなイメージ。

でね、私が本当に伝えたいことって、
目の前の恋愛がうまくいくからそうしなよ〜!って、

単発解決の目的で言ってるんじゃないんです。

愛に飢えている女性や、
愛されてるかどうかに不安を持つ女性、
愛されてきた経験に乏しい女性が、

「私は愛される女性なんだ!!」と、
心の底から思えるようになるには、

男性から愛されてきた成功体験を積むことがキモだからです。

その積み重ねの思考で愛される結果を生む。

↑ここが言いたいんです。

もちろん、この成功体験は、
交際をしていない男性からの愛も含みます。

愛されてきた成功体験が愛される私を生む

愛されてきた成功体験って、自分は愛されてたんだ!と思える実感の量のこと。

その実感は、やはり、
自分の求めていることを
ダイレクトに提供してくれる相手から
もたらされることで養えます。

そっちのほうが早いよ。笑

求める愛情の形と、
与えてくれる愛情表現の仕方にズレがあると、

なかなか成功体験は積めないので、
「愛されない私」から抜け出しにくいです。

もちろん、相手から与えられることばかりを考えて、

とか、そのあたりはまた別の話なので割愛しますし、
自己肯定感の問題で彼の愛を受けとれないことは、

別の話なのでわけて捉えて欲しいのですが。

あなたと彼氏の愛情のやりとりはどうですか?
正しく愛情を受けとって喜べてますか?

もし、彼氏に不安や不満があるなら、
自分は恋愛において、彼氏という存在にたいして

「どんな愛情を求めているのか?」を先に知ること。

知るってめっちゃ大事。

知ることで自分にとって正しい行動が選択できるようになるからです。

ということで、彼氏と合わない!愛されてるかわからないお悩みも個別セッションでいけますー!

お客様の声

 

そのほかお客様の声はこちら!

あなたは、
「たった1人の男性から愛され大事にされる“私”」

になりたいですか?

それなら、心の扱いかたについて
10本の動画解説や、今スグできる実践ワークに出会える

メールレッスン!参加がオススメ♪

恋愛が成就する具体的ステップや自己肯定感メカニズムを学べて

シュッと不安解消される♪

さらにレッスン終了後は、あなたにとって
「なにから手をつけたらいい?」
が解消されて

あっという間に暗〜い気持ちが晴れる♪

NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「この先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついてるかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛で
ひとつも悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

「恋愛の悩みないよ!」と言える女性をたくさん増やしていくことが私の使命です。

「あなたが、どこで誰となにをしていても、
自分で自分を幸せにできる力があること」


そうして、あなたの力になることが私の目的です。

ここへ辿りついたあなたにとって
「自助力」な「気づき」を得られることを願って。

CTR IMG