気持ちが冷めたんじゃない。恋愛の優先度が低い男性の特徴と本音を暴露

※お買い上げ後に届くメール内にある記事リンクからアクセスし、このページをブックマークしてください。
※お客様都合で閲覧できない&紛失された場合は再購入が必要です。再送は行なっておりません。

彼の恋愛に対する優先度は性格?

基本的に私が伝えている男性心理はどの男性にも通用することを説いています。

男性心理を実践することで、
彼から猛烈に追いかけられて、愛され実感を持てる女性が続出します。

とはいえ、もともと恋愛の優先度が低い男性はいて、どんな振る舞いをしても、女性の望むような行動をしてくれないというパターンになることもあります。

例えば、LINEをしても彼からの返事が遅く、
1〜2日経ってから返ってくる。一言で返ってくる。

前もってデートの約束をしようと提案すると、
「また連絡する!」とか「まだ先の予定はわからないから」と言われて、なかなか会う約束ができない。

なにかと夢中になっていることや関心ごとについて、
たくさん自分の話をしてくるのに、それと比べて私のことは関心が薄く、あまり根掘り葉掘り聞いてくれない。

こうなってくると、ほとんどの女性は、

彼からちゃんと愛されてるのかしら?
もう冷めたんじゃないの?
自分ばかり追いかけてモヤモヤする。

彼との関係に行き詰まりを感じて不安になっていくみたいな。

今日、伝えたいのは、
もともと彼の恋愛に対する優先度が低いことで、
「彼女に熱心になっていない風に見える」という話と、
優先度関係なく、あなたに対する熱量が下がってるからそうなってる。

この2つを見極める解説をしていきます。

恋愛の優先度が低い男性と相性がいい女性

ちなみに、恋愛の優先度が低い男性は、
もともとそういう性格というか、タイプというか価値観の問題です。

これは、私たちの働きかけで変えることはできないし、変える必要もないです。

なので、恋愛の優先度が低い男性と
うまく付き合っていける女性には、限りが出てきます。

うまく付き合っていける女性は、
一言でいうと、自立している女性です。

男性側の恋愛の優先度が低いということは、恋愛以外のことを大切に考えている価値観なわけであって、興味関心の強さ度合いが恋愛以外ってことなんだから、

自然と「恋愛は命!!」という価値観の女性&依存心が強い女性とは釣り合わない。

この組み合わせカップルは、女性側が不安になることも多いでしょうし、

相手男性もまた、心地悪いと感じることが増え、いずれ破綻することになると思います。

じゃあ、さっそく実際に恋愛の優先度が低い男性の特徴と恋愛傾向&彼らの本音を具体的に解説してきます。

恋愛の優先度が低い男性の特徴

①自立している

②自分の世界を持っている

③仕事に真摯に取り組んでいる

④1人行動が好き

⑤なんらかの趣味に没頭している

⑥もともと性欲が弱い

⑦彼女が数年いない

順番に詳しく解説していきます!

①自立している

恋愛の優先度が低くなる要因の1つは自立しているからです。笑

「自立している」を深掘りしていくと、
自分1人で「幸せを生み出していくことができる」ってことですよね?

表現を変えると、「だれかに手伝ってもらわなくても自分を満たすことができる」わけだから、あるいは、不安や寂しさを過剰に感じずに済むわけだから

常にそばにいてくれる彼女を自然と求めなくなるんです。

自立しているかどうか?を見極めるには、
彼の話をよく聞いて、自分を持ってる感じがするかどうか?

「俺はこう思う」「俺はこうする」
「俺はこうしてきた!」「俺はこんな人生を送りたい」

など、相手からの意見よりも「自分がどう在りたいか?」という軸を中心に話が展開しているはずです。

それから、自分の人生に満足していそうかどうか?
メンタルが安定しているかどうか?も自立しているか?見極めるための判断材料になりそうです。

ぜひ、気になる彼や彼氏をチェックしてみてください。

②自分の世界を持っている

次に、恋愛の優先度が低い男性は、「自分独自の世界観を持っている」傾向にあります。

信念だったり「自分はこんなふうに日々を送りたい」という、こだわりというか。日々の心地いいルーティンが定まっているみたいな。

しかも、

その心地いいルーティンは変えられないのが基本。

例えば、恋愛の優先度が低い男性の仕事が20時に終わるとします。

その帰りにジムに通う習慣があるとしますよね?

この場合、彼女ができても
その「ルーティンは変えられない」みたいなイメージです。

通常、私が説いている男性心理は、

「男性がベタ惚れすると彼女に合わせてくれるようになる」みたいなことを説いてると思います。

それは、その通りなんですが、
恋愛の優先度が低い男性は、付き合い当初や女性を口説いている時期は、

熱高く追いかけてきたりしますが、

慣れ親しんでくると本来の自分に戻るという現象が起きます。笑

さっきの例だと、彼が20時に仕事終わる頃に、
女性のほうから「ご飯でもどう?」と誘っても「俺、ジムに行くんだ」とか言いだすみたいな。笑

逆に、口説いている時期や付き合い当初は、
一瞬だけ恋愛の優先度を無理くり上げてるイメージなので、本来の彼じゃないんですよね。

これに多くの女性は、言葉に語弊はあるけど、騙されてしまう。

※騙してるつもりはないです。

「私のことは後回しじゃない?」と思えることが続いていくと、女性側は「冷められた!!」と不安になる。

このように男性の作り上げてきた独自の世界観は、長年の積み重ねによって「これがいい」と落ち着いていることが多いので、なかなか改善は難しいと思います。

それから、趣味の話やこの独自の世界観について、
割と自分の話をしてくる男性が多いのも特徴の一つです。

アプローチしたい女性ができると、
自分の趣味に連れて行ったり、話を聞いて興味を持ってほしい!と
自分の世界中心に関係が進んでいくこともあります。

③仕事に真摯に取り組んでいる

次に、恋愛の優先度が低い男性の特徴は、
恋愛以外のことに夢中になっているということで、仕事に真摯に取り組んでる男性が多いんじゃないかな?と思います。

仕事に真摯とは、24時間仕事ばかりしているという「多忙」のことを指しているんじゃなくて、

仕事へのスキルアップに努力を怠らないとか、
休日も仕事関連のことで動いてるとか、仕事のことを考える時間が多いこと。

向上心を仕事に使っているイメージです。

そうなると、仕事にエネルギーを割くわけだから自然と恋愛に割くエネルギーがなくなりますよね?

意中の彼が自立していて、
楽しそうに仕事の話をたくさんしてくるようなら、
「恋愛の優先度は低い」と判断して良さそうですよ。

ただし、一時的にそうなってる可能性もあるので、
早々に極端に判断しないように注意しましょう!

④1人行動が好き

次に、恋愛の優先度が低い男性の特徴は、
自立しているがゆえに、自然と1人行動が多くなるという点です。

自立の項目でも説いたように、
自分で自分のことを満足させられるパワーが強いってことは、

だれかと一緒に行動しなくても満足なわけです。

恋愛に優先度が低いかどうか?は、
休日に1人で行動していることが多いか?もチェックしてみると良いでしょう。

特に、1人旅が好きな男性や1人で釣りをすることを好む男性、

キャンプへ出かけたりする男性は自立していてアイデンティティを確立している可能性が濃いです。

その理由は、旅も釣りもキャンプも、わざわざ1人じゃなくてもだれかと一緒にできることだからです。笑

一匹狼的な男性は、恋愛の優先度が低い。

⑤なんらかの趣味に没頭している

次に、これも上記と関連性があるんですが、
なんらかの趣味に本気でハマっている男性は、恋愛のことなんか興味もないでしょう。

自分の人生を謳歌して楽しんでる男性に多いです。

趣味を楽しんでいるということは、

心が満たされやすいというわけだから、わざわざ恋愛しようなんて思わないものです。

これは、私たち女性も同じです。
あなたも趣味へ没頭している時期に「彼氏ほしい」と強く思うことは、なかったと思いませんか?

結局、私たち人間が、恋人を求めるときって、人生がつまらないときや、他にやることがなかったり、今以上に人生を充実させたい!という欲求が出てきたときなんです。

今以上に人生を充実させたい=趣味や他のことで夢中になれることがない=恋愛しよう!

みたいな。笑

男性も今の生活に彩りがなさすぎて刺激がない&つまらないと感じる&人生設計的に「そろそろパートナーが欲しい!」などの理由から、「彼女ができたらな」と思うわけで。

というわけで、趣味にかまけている男性は、
「彼女を作る」ということに疎いと思います。

⑥もともと性欲が弱い

次に、これも上記の項目と関連性があるんですが、
もともと「性欲が弱い」男性=女性を求める欲求が弱いことを指すので、興味関心が恋愛に向きづらいです。

恋愛に関心が向きづらいってことは、
自分から積極的に女性へアプローチをしないという意味になるし、

恋愛がご無沙汰になりがちで、そうなると、
女性とどのように関わればいいか?わからない。

ますます、恋愛の優先度が下がる。

彼女ができても彼女との交流よりかは、趣味や仕事などの心地いいルーティンが定まっていてそっち優先になりがち。

その結果、彼女は後回しになりやすいみたいな。

これも、冷めているからそうなるんじゃないことは分かりますか?

⑦彼女が数年いない

最後に、①〜⑦の特徴が複合的に絡んだ結果、
恋愛の優先度が低い男性は、彼女が数年いないという状態になりやすいです。

まぁ、これは誰でもそうですよね。

例えば、私の話であれなんですが、私の優先度上位って、今だと仕事とか育児とか夫婦の時間とかになるので、友人との交流優先度は低いんです。

若い頃は、特に毎日たくさん友達に遊びに誘われていたけど、もともと優先度が低いせいで毎回断ってると、そのうち誰も誘ってこなくなるんですね。笑

で、結果、友達いなくなったみたいな。笑

友達いなくなっても、優先度は低いままだから、
「積極的に友達作ろう!!」とか思わないわけですよ。

それと同じで、恋愛の優先度の低い男性は、
自分から彼女を作ろうとしていない男性が多いはずです。

これも、男性に聞いてみたらいいすよ。

「彼女欲しくないの?」って。

すると、

「欲しいっちゃ欲しいけどな〜ぁあああ、、、」
「んー、今は彼女作ろうと思わないかな」
「いい人がいたら」(運命任せ)

だいたいこんな感じで反応は返ってくると思います↑

恋愛の優先度が低い男性の恋愛傾向

ここまで大丈夫でしょうか?

次に、恋愛の優先度が低い男性が彼女できたら、どんな恋愛をするの!?について特徴を紹介していきます。

この特徴と今の彼を照らし合わせることで、
自分に対して愛情が冷めたか?

あるいは、恋愛の優先度が低いだけなのか?ある程度、見当がつくと思います。

恋愛の優先度が低い男に好きな人ができると、
一瞬だけ恋愛の優先度が上がるため、

はじめは熱量高く追いかけてくるでしょう。

でも、だいたい交際から3ヶ月を過ぎて、6ヶ月に至る頃には、

もとの彼に戻るので、まるで「彼女いない」みたいな生活になっているはずです。

なので、女性側の対策として、彼はどんなふうに変化していくのか?

予想ができるように、まだ付き合ってない段階で、彼の恋愛観や恋愛スタンスについて知っておくことが重要。

恋愛の優先度の低い男性は、
彼女とは割と低い頻度で会いたい旨を伝えてくるはず。

「彼女とは、2週間に一回会えたらいいかな〜。」「月1でもいいと思ってる」と言っていた、など。

他にも、「お互いに自立していて好きなことを自由にやれる関係がいい!」と言っていたとか、

「依存や束縛、干渉をしてくる女性は苦手」と言っていたとか。

「LINEもマメに返すタイプじゃない」と言っていたなど。

これらの発言がある傾向が強いです。

で、彼女を放置しがちになります。

でも、その放置って、

自分の生活が大切なわけであって、好きな気持ちが冷めているわけじゃないんです。

ここのところ、誤解してしまう女性が多いように思います。

だからこそ、誤解しないためにも、
出会い〜付き合うまでの「彼の発言」「生き方」「日々のルーティン」に着目してください。

そして、たくさん質問をして、
恋愛の優先度が低い男性か?どうかを精査してくださいね。

ちなみに、付き合う前に質問するといいことと、男性が下記のように答えたら、恋愛の優先度は低いです↓

「彼女は欲しい?&作らないの?」
→あまり興味ない。欲しいけどそこまでは、、。いい人がいたら。
「なんで彼女いないの?」
→出会いがない。欲しいと思わない。やりたいことがたくさんある。仕事が忙しい。
「休みの日は何してるの?」
→仕事か趣味に没頭している感じで充実してそう、忙しそう。暇ではない受け答え。
「ハマってる趣味は?」
かくかくしかじか。楽しそうに話す。
「1人行動好きなの?」
→割と好き。いつも1人。
「1人寂しくないの?」
→寂しくない。寂しいけど大丈夫。
「恋愛に興味ないタイプ?&優先度低いの?」
→どちらかというと興味ない。興味ない。興味がないわけじゃないけど、、出会いがない。
「彼女とどのくらいの頻度で会いたいの?」
→2週間に1回くらい。月1以降〜。
「どんな女性が好み?」
→自立している、自分の人生を楽しんでる、自分を持ってる、芯が強い、自分軸タイプの人、自己主張がはっきりしている。
「どんな女性が苦手?」
→依存気味、束縛&干渉する、恋愛第一優先の子
あとは、、
あなたの感覚が頼りです!!笑

ここが抜けていると、付き合った後に
あまり構ってもらえない寂しい思いをする恋愛になるからです。

逆に、女性自身があまり彼氏とは連絡取りたいと思わない&頻繁に会うのは負担に感じる!!と、自立している女性ほど、とっても心地いい彼氏になると思います。

恋愛の優先度が低い男性の本音

では、次に、恋愛の優先度が低い男性の恋愛本音を暴露します!!

それは、、、

自分のルティーンやこだわりを変えてまで恋愛はしたくない。

という心理。笑

言うなれば、彼女のために、せっかくの趣味の予定をキャンセルして会いにいくとか、彼女が風邪ひいて寝込んでいるからキャンプの日程を変更するとか、そういうことは本音ではしたくないんです。

彼らが望むことは、

いかに自分独自の「こだわり」やリズムを変えずに、隙間でプラスアルファ恋愛ができるか?です。

ということことは?
「この子だー!!」とまさに求めていた通りの女性に出逢ったら?

めちゃくちゃ熱量高く、血眼になって追いかけてくることは想像できますよね?

でも、それははじめだけ。

彼氏と割と高い頻度で会って、
いつも一緒に過ごすのがいい!と思ってる女性は、
この男性の行動だけにフォーカスして↑見誤らないことがポイントです。

彼女の優先度が低いんじゃなくて冷めてるパターン

では、次に、恋愛の優先度が低いんじゃなくて、
単に冷めて後まわしにされてるパターンを解説すると、

前の項目にて、「付き合う前に質問するといいことと、男性が下記のように答えたら恋愛の優先度は低い」

この質問に関する男性の受け答えがおおよそ逆であることです↓

「彼女は欲しい?&作らないの?」
→欲しい
「なんで彼女いないの?」
→出会いがない。いい子がいない
「休みの日は何してるの?」
→友達と遊んでる、飲みに行ってる、ゆっくり過ごしてるなど。
「ハマってる趣味は?」
→特にない。
「1人行動好きなの?」
→むり。1人で過ごせるけど、人といることが多い。
「1人寂しくないの?」
→割と寂しい。
「恋愛に興味ないタイプ?&優先度低いの?」
→女好き、興味ある、優先度は考えたことない。仕事以外は優先度が時と場合によって変わる。
「彼女とどのくらいの頻度で会いたいの?」
→1週間に1回くらい、毎日、週2〜3回など
「どんな女性が好み?」
→守ってあげたいタイプ、甘えてくる子、頼ってくれる子、女性らしい人、なにもできない子
「どんな女性が苦手?」
→気が強い、自己主張が激しい、協調性がない、一匹狼、1人で生きていけそうな女性。
みたいな感じです!

で、他にも冷めてるかどうか?を確認するには、
あなたが、いかに付き合う前に彼の恋愛歴を聞いてるかどうか?が要になります。

過去の付き合った彼女と週どれくらいで会っていたのか?同棲歴は?

などなど、どんな恋愛をしてきたか?を知っていれば、

彼が冷めたときの行動や振る舞いと比較することができて浮き彫りになるからです。

もし、もう交際していて、
わからない場合は、今からでも遅くないので聞いてみてください。

それから、出会い当初〜6ヶ月を過ぎても、
会う頻度が下がっていない&2人の関係が安定している(彼が自分優先じゃない)なら、恋愛の優先度が低い男性ではないと思います。

※週1回会う頻度でも。

また、恋愛の優先度が低い男性の気持ちが冷めた場合、
数ヶ月単位で会えなくなるか、連絡が取れなくなったり、はっきり別れようと言ってきますからわかりやすいと思います。

恋愛は自分に合う相手選びの旅

以上で、いかがでしたでしょうか?

ここまで読んで気づいた女性もいると思うんですけど、

恋愛って相手選びがめちゃくちゃ重要です!!

ぶっちゃけ、相手選びが自分にとってベストであれば、

なにもしなくてもうまくいくんですよね。

そのためにも、自分の恋愛観や恋愛スタイルを熟知していることが先ですよね?

自分が毎日会いたいタイプなのかどうかも知らずに、ベストな男性を選ぶことはできないからです。

今日、真意として伝えたかったことは、

彼が冷めているわけじゃなく、単に恋愛の優先度の低い男性と交際しているからなのに、彼の行動や振る舞いを見て「冷められた!」と判断する女性が多い。

→ちゃんと自分を知って、相手を知ってから交際に発展したほうが苦労しなくて済みますよ!!ということを伝えたかったです。

ぜひ、この記事を参考に、
最高の彼と素敵な関係を築いてくださいね!!

ということで、どんな相手が自分に合うのか?も的確にアドバイス可能です!!

あなたは、
「たった1人の男性から愛され大事にされる“私”」

になりたいですか?

それなら、心の扱いかたについて
10本の動画解説や、今スグできる実践ワークに出会える

メールレッスン!参加がオススメ♪

恋愛が成就する具体的ステップや自己肯定感メカニズムを学べて

シュッと不安解消される♪

さらにレッスン終了後は、あなたにとって
「なにから手をつけたらいい?」
が解消されて

あっという間に暗〜い気持ちが晴れる♪

NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「この先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついてるかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛で
ひとつも悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

「恋愛の悩みないよ!」と言える女性をたくさん増やしていくことが私の使命です。

「あなたが、どこで誰となにをしていても、
自分で自分を幸せにできる力があること」


そうして、あなたの力になることが私の目的です。

ここへ辿りついたあなたにとって
「自助力」な「気づき」を得られることを願って。

CTR IMG