彼の本命になりたいなら男の〇〇を鷲掴みするべし

※このページをブックマークしてください。
※紛失された場合、再購入が必要となります。商品再送は行なっておりません。

本命になるにはアレを鷲掴みにするべし

単刀直入にいうと、

本命になりたいなら男性の「胃袋を鷲掴み」にすること。

あ、たぶん、このフレーズを聞いて

「なんだ!そんなことか!聞き飽きたわ!」

ってなる女性も聞いてくださいw

単に「胃袋」を鷲掴みにするにしても、

・どんなタイミングで
・どのように?
・どんなメニューで

という具体的な方針をドバッと伝えるんで、
そのへんのコラムとはわけが違います。笑

その具体的な話の前に、
なぜ?男性は昔から「胃袋」を掴まれると弱いと言われてるのか?という話からはじめますw

胃袋を掴まれると弱いのは〇〇の影響

男性が胃袋を掴まれると弱いのは、狩猟時代まで遡ると←

狩りして獲物をゲットして
基地に帰ったときに、女性がご飯を用意して
それをたいらげ活力や安心を得て回復してきたからです。

そこから現代になると、
基本的には、幼い頃からお母さんがご飯を作って振る舞い、

子供はそれを食べて成長していきますよね?

家庭の事情がいろいろある男性で、

お母さんがご飯を作らなかった&お父さんがメインで作っていた&施設育ちで他人が作っていた

などなどの状況であっても、
古代からのDNAは引き継いでいます。

手作りご飯というのは、
本能的には古代からの影響でもあり、
母親の影響(母の愛情=女性の愛情)でもあるんです。

男性にとって、

すばやく女性の愛情を感じられるのが女性の手料理です。

なので、色でアピールしたり、言葉でアピールしたり小細工するよりも、

手っ取り早く美味しい手料理を振る舞うほうが、

男性の心は、ものすごく動くわけです。笑

手料理が男心を掴む理由

なんで心が動くかというと、

「俺にとってここは帰るべき場所である」

という本能が刺激されるから。

本能って、人の理性では抗えない側面があるから、

「俺にとってここは帰るべき場所である」は、

強制的に「目の前の女性を選ぶべきだ!!」

というへんな錯覚に落とすことができる←笑

そういった理由で、片思いの相手や彼氏に

美味しい手料理を振る舞うことは、男性の本命になりやすい。

男性もそのような家庭的っていったら古いけどw

「この子は料理するんだ」という振る舞いは、

その女性にもつ印象として、
保守的&まじめで派手ではない、

なんかこう、家で大人しくしてるというか、
男性にとって高ポイントにしかならない。笑

あ、ただ、高ポイントだから本命になるって理由じゃないです。

本命には女神であってほしい男心

男性って、どこか女性を神格化していて、

「女神であってほしい」と思っています。

女神って、神様の一種なわけで、

私たちの大きな概念で神様って、
「完璧」な印象を持ちませんか?

ただならぬ力があって、
神様は失敗なんかしないだろう、みたいなさ。笑

それと同じように、男性もまた、
女性にたいして、とうてい及ばない力があって影響力があると潜在的には思ってるし知ってる。

そんな影響力のある女性は、
当然、神様に近い存在だから「完璧だ!」みたいな。

いや、これは男性が自覚してるわけじゃないですよ。

無意識の層の話をしてます。笑

そんなこんなで、

自分が最終的に選ぶ女性にたいして、貞操観念が働く傾向にあるんです。

貞操観念とは、辞書では、

「肉体的な純潔を守らなければならない」という考え方。

のことを指すんだけど、

私的には(男性心理的には)
体だけじゃなくて、立ち振る舞いやライフスタイル、生活態度のことも含まれてると考える。

ようは、「料理をする女性」は、家で大人しく健気に、、

みたいな印象を持てることで、

きっと恋愛ごとも

「派手でないだろう」「ビッチではないだろう」

というふうに連想する。

その連想が、純潔(ピュア)につながっていて

本命として選ぶに相応しいという無意識の判断です。

ビッチな女性は男性の本命になりづらい。

まわりを見渡せば、わかると思うんですけど

いわゆるビッチと言われてる女性は、
男性の本命になりづらいですし、

選ばれてもセフレ枠だったりワンナイトだったりします。

その証拠に、女性の男性経験人数は何人なのか?ってことを気にする男性は多いし、

付き合った人数を気にしたり、
セックスの経験値をやたら気にしたり、

露出が激しい服装をした女性もまた、
ビッチを連想させるから、本命になりづらい。

それから男性の方程式に、
「ビッチ=料理しない」みたいな決めつけもあったりしませんか?

それを逆手にとって、
どっからどう見てもビッチなんだけど、

「実は私、料理研究家で料理が得意なんです」

なんていうと、ギャップの力で好印象になりまくり。笑

それくらい、

料理は男の胃袋を鷲掴みにします。

さて、ここからが本題です(遅いw)

男性の胃袋を鷲掴みにするにしても、

・どんなタイミングで
・どのように?
・どんなメニューで

という点気になりますよね?
順番に解説すると下記の通りです。

男の胃袋を掴む手順

・どんなタイミングで
→3回目のデート以降、もしくは、付き合って1ヶ月〜3ヶ月以内
・どのように?
→お弁当を作って外で振る舞うのがベスト
・どんなメニューで
→自分の得意料理か、彼の好きなメニュー、もしくは唐揚げなどの揚げもの。
それぞれを解説すると、、

《タイミング》→5回目のデート以降、もしくは、付き合って1ヶ月〜3ヶ月以内。

なぜ、5回目のデート以降なのかというと、
はじめから手料理を振る舞うと、カタチ的に手料理って女性がその男性に労力も時間もお金も割くことになりますよね?

それって、男性に投資してるのと同じで。

これ、金融系で考えるとわかりやすいんですけど、

あなたは「投資価値のある商品」「投資価値があるかわからない商品」の2つがあったとしたら

どちらに投資しますか?

おそらく、ほとんどの人が
投資価値のある商品を選ぶと思います。

その理由は、

損をしたくないから。

ですよね?

そう考えたとき、

目の前の男性があなたのことをまだ大切にするかどうかもわからないときに、

時間と労力とお金をかけて、
誠心誠意こめたお弁当を作るのって、
リスクですよね?

いや、これは女性目線の話だけじゃない。

男性もまた、簡単に(たいして女性に投資をせず)「お弁当を作ってくれる女性」というラベルを貼らせることになる。

それほど手料理を振る舞ってくれる女性は、
男性にとって非常に価値が高いのよ。笑

という前提が意味するのは、

「俺が尽くさなくても思い通りにできる」

「俺が追いかけなくてもいい思いができる」

みたいな感じで、

男性が女性へたいする愛情の出し惜しみにつながる可能性があるんです。

このように、恋愛には頭脳もたまには必要なんで。笑

ちゃんと考えて、彼がある程度、自分に尽くしてくれるだとか、投資してくれてるってことを確認してから手料理は振る舞うことです。

また、付き合って1ヶ月〜3ヶ月以内と定めてるのは、

この期間に、男性は本命として扱うか、それとも遊びで終わるのか、結婚相手にするのかってことが、だんだん確定していく時期だからです。

付き合ったはじめの1ヶ月ごろってどんなカップルもボルテージは高くてラブラブですよね?

でも、それが3ヶ月目とかに差し掛かってくるの、トーンダウンしていきます。

なので、トーンダウンするまでの期間に

どれだけ、信頼関係を築いて本命として扱われてるか?

ってことが問われる時期です。

それを利用して、胃袋を掴んでおけば、
3ヶ月以降〜安定した関係でなおかつ、

彼にとって、まじめなお付き合いに発展する可能性をグングン高めることができる。

そういった理由で、付き合ってから1ヶ月をすぎて3ヶ月の間にお弁当を振る舞うことをおすすめします!

ちなみに、

回数は、数回くらいが望ましい。

《どのように》→お弁当を作って外で振る舞うのがベスト。

なぜ、お弁当で外なのか?というと、
手料理というとやっぱり、どちらかの自宅でってなると思う。

でも、関係性によっては自宅に招く&彼の自宅へ行くのはおすすめしないからです。

さらっと言ってるけどこれを避けるのと、自宅で振る舞うのとでは、

その先の関係にかなり大きな影響を与えるのでミスらないようにしたほうがいいです。笑

ミスると別れに繋がることすらあります。

その理由については男性心理の基本①〜③で解説しましたね。

《メニュー》→自分の得意料理か、彼の好きなメニュー、もしくは唐揚げなどの揚げもの。

せっかく振る舞うなら、あなたの自信作で勝負しましょう!

「うわ!これ美味しい!」と言わせるメニューが良いです。笑

それか、彼の好きなメニューで自信がない場合は、プロのレシピを調べてそれを再現するだけ!笑

揚げものをおすすめするのは、
ほとんどの男性が好むメニューだからです。

ただ、脂っこいものが苦手な男性がいるにはいるのでそこは確認しましょう。

そのほか、

男性が喜ぶメニューに関しては、飲食店を参考にすると良いです。

昼間のランチタイムに男性ばかりが集うお店をよ〜く観察してみてください。

だいたい、唐揚げ定食、チキン南蛮、ラーメン、メンチカツ定食、豚肉の生姜焼きみたいなさ。笑

ガッツリ系多くない?

あぁいうのが求められるってことなので、
お弁当のメインおかずにすると喜ぶこと間違いなしです。

手料理を振る舞う上でやってはいけないこと

最後に、注意点を。

それは、

デートのたびにお弁当を差し入れするとか、手作りお菓子を毎回作って持っていくとかそういうのはしないこと。

なぜかというと、

男性が楽をする形を作ってしまうからです。

片思い〜付き合って半年目くらいまでは、

男性の愛情を育てる時期です。

どのような男性の愛情が育つのか?は、

《動画セット》男性心理の基本①手放したくない女性が叶う!

のテキストで図解解説しましたね?

男性の愛情を育てる時期に、
女性が前のめりになって尽くしはじめると

それが2人の暗黙のルールになります。

ルーティンになると、男性によっては、「ご飯作ってよ!」って言ってきたりする。

それに応じてするたび、関係は破綻していくので注意です。

手料理を振る舞うポイントは、
彼に大切に扱われて、尽くしてくれて
愛されてるー!!と感じてるときが目安。

それは、回数で言うと、

10回のデートのうち1回くらいが望ましい。

ただし、↑の目安は付き合って半年までの関係性のこと。

付き合って1年以降〜のカップルは、
関係が安定していれば、好きなように振る舞ってあげてください!笑

それから、「私ばかり尽くしてる!」とすでに感じてる女性は、

彼に一切合切ごはんを作らないことです。

これもポイントなんですよ。
一旦、尽くし行為はすべてリセットする必要があるので。

ということで、片思い中の女性や、まだ付き合いはじめのカップルは参考にしつつ、彼の本命になっちゃってください!笑

それから、男性の扱い方をもっと学びたい女性は下記のテキストから学ぶことをお勧めします!

《動画セット》男性心理の基本①手放したくない女性が叶う!

あなたは、
「たった1人の男性から愛され大事にされる“私”」

になりたいですか?

それなら、心の扱いかたについて
10本の動画解説や、今スグできる実践ワークに出会える

メールレッスン!参加がオススメ♪

恋愛が成就する具体的ステップや自己肯定感メカニズムを学べて

シュッと不安解消される♪

さらにレッスン終了後は、あなたにとって
「なにから手をつけたらいい?」
が解消されて

あっという間に暗〜い気持ちが晴れる♪

NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「この先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついてるかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛で
ひとつも悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

「恋愛の悩みないよ!」と言える女性をたくさん増やしていくことが私の使命です。

「あなたが、どこで誰となにをしていても、
自分で自分を幸せにできる力があること」


そうして、あなたの力になることが私の目的です。

ここへ辿りついたあなたにとって
「自助力」な「気づき」を得られることを願って。

CTR IMG