婚活・結婚

結婚したいなら、同棲はオススメしない。

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

動画解説はこちら↓

スポンサーリンク

同棲はいかなる理由があってもしてはいけない

さて、本日は、同棲にまつわる問題を斬っていきます。笑

同棲に関しては、特にお若い20代のカップルに多く見受けられます。

  • 彼と長く一緒に居たいから。
  • 彼に同棲しようと言われたから。
  • 遠距離恋愛だから。
好奇心や、浮かれポンチになって
軽い気持ちで同棲を始めるかもしれません。

断言しますが、結婚したいなら、
同棲はいかなる理由があってもしてはいけません。

よろしいですか?

いかなる理由があっても、です。

ただし、

「男性から深く愛され、大事にされたいなら。」

と前置きしておきます。

スポンサーリンク

同棲をしてはいけない理由

なぜ、同棲はしてはいけないのか?

同棲は籍を入れない結婚みたいなことだからです。

そして、それは、
女性にとってデメリットでしかないことを意味します。

女性にとってのデメリットとは、

1) 結婚の決断をされなくなる
2) 追いかけられなくなる
3) オカンになりやすい
4) 法的に守られない立場

主にこの4つです。

順番に解説していきます。

スポンサーリンク

結婚の決断をされなくなる

1)結婚の決断をされなくなるから。

この項目は、同棲をしてはいけない理由の核となる理由になります。

心して聞いてください。笑

男性は、結婚において
基本的にできるだけ先へ伸ばしたいです。

なぜなら、結婚は男性にとって、
とてつもない「責任」が重くのしかかり、
どこまでも形に縛られます。

彼女のご両親への挨拶から始まり、
したくもない結婚式を済ませ、
(進んで結婚式をやりたがる男性は少数)

会社の保険の変更手続きも済ませ、
(あーめんどくさい。笑)

独身の時のように、
自分のために使っていたお金は、
自由に使えなくなることが増える。

ご飯は食べたい時に
食べたいものを、自分のペースで食べられない。

転職したいと思っても、
家族がいるから、自分の意思で気軽に出来ない。

そして、家族のために奴隷のように死ぬまで働き、
なんなら、自分の夢を諦めて養うことを第一優先として生きていく。

男性は、結婚によって、
自分の人生から捨てなければいけないものがたくさん出てきます。

このように、男性は結婚に対し、
ポジティブなイメージよりもネガティブなイメージの方が強いのです。

女性とは違います。

女性は少なくとも結婚に対しポジティブなイメージを持てます。

養ってもらえる、守ってもらえる、
安心、安定、安泰なイメージです。

一方の同棲は男性の欲しいものが実質的に、手に入っている状態です。

男性の欲しいものって何か勘づいてますか?

ココ、勘づけていないと、
恋愛こじらせ予備軍に入ります。

それは、
したい時にいつでもヤレるということ。

「えー!汚らしい!」と、
女性の感覚だと思うかもしれませんが、
男性は目的のない行動はしないし、
こんな風な現実的な物事で判断をします。

そりゃ、あなたと一緒に居たいから
という理由も多少はあるでしょうけど、
女性のように、ふわふわしたお花畑が見えるような
ロマンは残念ながら抱いてません。

それで、ホテル代を支払う男性にしてみたら、
無料でいつでもヤレることはラッキーなわけです。無料で、ね。

さらに、家事炊事の面倒な事は、
彼女が勝手にしてくれるわけですから、
こんな都合の良いことはありませんねぇ。

結婚をした時に初めて、
男性が得られるであろうメリットは、
同棲をする事で、しんどい「責任」を負うことなくすんなり手に入るわけなんです。

そんな中、彼女に結婚を迫られたとしたら?

わざわざ自ら重たい荷物を背負って
デメリット(結婚)を選ぶことはしないです。

女性だってそうじゃないですか?

いま全て手に入れている状態なのに、
しんどいことを自ら買って出て獲りにいきます?

逆の立場を考えると分かりますよ。

欲しいものが全て手に入っている状態で、
デメリットが含む結婚なんて選びませんって。

だから、男性は同棲をした途端、
苦労せずともそれらを手に入れて満足しますから、
そこから強く結婚したい!今すぐ彼女と!
とは、思えないんですねぇ。

男性の熱が冷め、関係が気まずくなって、
結婚する予定だったのにできなかった事例はいっぱいあります。

後ほど、事例を紹介します。

スポンサーリンク

男性から追いかけられなくなる

2) 追いかけられなくなるから。

同棲をすると当然ながら、帰宅すると、
彼女がいるわけですから男性はラクが出来るわけですよ。

会いに行ったりする労力が要らなくなるわけです。

すると、どうなるかと言うと途端に手を抜き始めます。

飲みに行っても中々帰ってこないとか、
連絡が無いとか、そんな風にして優先順位は下がります。

そこで待つのはいつの時も女性なんです。

いつ帰ってくるか分からない彼を
待つ姿勢は、女性が彼を追いかけているのと同じです。

男性に大事にされ愛されたいなら、
追いかけてもらいましょう!
と言っているのに、同棲はその逆をいくんです。

男性にはプロポーズされるまで、
時間、お金、労力の3つを惜しむことなくいただいてください。

それが、恋愛成就の基本です。

彼にとってオカンになりやすい

3) オカンになりやすいから。

同棲をすると家事炊事が付いてまわります。

初めは分担をしていても、
本来、家事炊事は女性の仕事です。

男性に比べて、女性の方がテキパキこなせるものです。

だから、家事炊事の価値観の違いによって
思い通りにならなかったら、
こうして!ああして!と言いたくなります。

そうすると、逐一指示をされた男性は、
まるでオカンと一緒に住んでいるかのような気分になって、段々、愛が冷めます。

「え?結婚しても同じやん!」
思われるかもしれませんが、
結婚というのは、女性にとって
一生養ってもらえる保険がついてきます。

その保険があるから、
いくら家事炊事を任されてやっていても、
養ってもらってるし!と思えます。

でも、同棲はなんの保険も保証もない、
「別れよう」の一言で解消できる、
男性にとって、都合の良い家政婦になる可能性を生みます。

その内、私はオカンちゃうし!
家政婦ちゃうし!と、言いたくなります。

そう言いたくなるのは、
「責任」を取ってもらってないからですよ。

同棲というグレーな状態は、
白黒ハッキリしたい女性にとって
不安を増殖させる環境なわけです。

実際に、私は、3年ほど同棲した経験があります。
当時は、若かったのですが、ふと、思うことがありました。

「この状態で、別れようとか言われたら、
なんの保証もないし、慰謝料もらえるわけじゃないなぁ。

結婚と同然の家事炊事をして
家政婦的なことをやってる割には将来の約束は不明。

同棲は女にとって不利やな。」

これが、私の感じた感想でした。

次へ進みます。

同棲は法的に守られない立場

4) 法的に守られない立場だから。

次に、同棲は、書面で交わす契約ではないので、
仮に男性が浮気をしたとしても、国から守ってもらえないです。

女性は泣き寝入りですよ。

結婚は、契約ですから夫が浮気や不倫をした時、
それ相当の慰謝料も取れますし、
女性が離婚の承諾をしない限り嫁の立場を守ることができます。

そしてその間、ずぅーーと養ってもらえます。

事実婚という見方もありますが、
嫁の立場に勝るものはありません。

嫁の立場は最強です。

同棲をして、どれだけ雑に扱われ、
他の女に走られても文句言えませんよ。

男性は都合が悪くなると逃げますから。

しかし、結婚をしていれば、
逃げられたとしても恩恵はずぅーーと受けられるんですよ。

さて、どちらが女性にとってメリットがあるでしょうね?

浮かれポンチになって軽い気持ちで同棲はしてはいけません。

同棲をするくならプロポーズさせる

同棲をするくらいなら、
男性からプロポーズしてもらえるように持っていって下さい。

この恋愛講座は結果的に、
プロポーズされるようなやり方でもあります。

現在、私にも、神様から同棲にまつわる
価値観の話題が出ましたがハッキリ意思表示をしています。

「同棲は絶対にしません。
同棲するくらいなら、結婚します。」

ここで、神様から同棲しようなんて言われ、
従っていたら、どうなるか?なんて簡単に想像がつきます。

このようにして恋人関係を上手くいかせるか、
破綻させるかは、女性の振る舞いによって
左右されますからよく考えることです。

以上、うんこでした。爆笑

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP