出会い・片思い

「年下男子の落とし方」を超具体的に伝授します!!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、片思い中の女性からのご質問です。

年下男子の落とし方について
回答していきたいと思います。笑

こちらは20代の方でしようか?笑

どれくらい年下なのか分かりませんので、
こちらもザックリ回答になります。

基本的に男性心理は、
年齢、年下、役職、など関係ないので分ける必要はないです。

スポンサーリンク

片思いの男性へラインの返事の仕方

年下でお若い男性でしたら、
ラインのやり取りもマメになりがちだと思いますが、

ラインの返事をすぐに返さないこと。

男性は、女性を追いたい生き物です。

ラインの返信がすぐに来るような女性は、

男性視点でいうと、追いかけたい対象から外れます。

追いかけてもらうように
仕向けるには、2つの方法があります。

それは、
(1)ラインの通知をオフにする。

これは物理的に、
ラインが来てしまうと、返さないといけないという返報性の心理が働きます。

そして、恋愛において
女性の連絡のマメさはマイナスに働きます。

ラインの通知は直ちにオフにしましょう。

私も通知はオフにしてます。

自分のぺースで返信する癖がつくと、
彼を追いかける態度が、追わせる態度へと自然に変化します。

おススメです。

スポンサーリンク

男性に追わせるポイント

(2)長い文章の返信を止めること。

これは、女性特有のラインの送り方ですね。爆笑

女性は、ひたすら文章が長いです。

お目当ての男性とラインをするとき、
長くならないように徹します。

彼よりも長い文章を送っていると、
女性が追ってる絵が成り立ちます。

例えば、
「今日は仕事が長引いて帰るのが遅くなった」

↑1行だとします。

「遅くまでお疲れ様。
朝から大変だったね!
いつもは何時頃に帰れるの?
私も、そんな時あるから気持ちわかるよ!
たまにはゆっくりしてね。」

↑5行。爆笑

こういった具合に、
男性が1行なら、こちらも1行までで返す。

とにかく、男性よりも
長くならない返信が追わせる態度になります。

スポンサーリンク

外見を彼好みに変身する

次に、年下のお若い男性は、
女性の外見を重視する傾向にありますから、
外見を彼の好みをリサーチし、近づけること。

例えば、お洋服やお化粧など。

そしてデートのお約束をした場合、
デート時間は当日、2時間までに徹底する。

次のデートの約束を必ずしてから帰ること。

これは、男性の追いたい願望を満たすためです。

スポンサーリンク

デート時間を短くする理由

デートの時間が長くなればなるほど男性は飽きますし楽しくないです。

時間は短く、デート回数は多め、がお勧めです。

デートを誘うコツは、

例えば、彼の趣味がジョギングだとしたら、

「ジョギングしたことないから、
やってみたい!いつ走ってるの?」

でしたり、

「〇〇へ行ってみたいけど、
1人じゃ勇気が出ないから一緒に行って欲しいな(●´ω`●)」

といった具合に、
〇〇だから、〇〇して欲しい。

という言い方に徹します。

なぜ、この言い方が相応しいかというと彼と会いたいから、主語でないからです。

つまり、追いかけてないからです。

女性は男性を追ってはいけない

これを女性が追っている態度で
デートへ誘うとなると、この言い方になります。

「今度、〇〇へ一緒に行かない?」
「映画、行こうよ!」

これでは男性視点でいうと、
追われて楽しくないです。

〇〇だから〇〇して欲しいは、

男性を頼るニュアンスも含みます。

プライドの高い男性にとって、

〇〇だから〇〇して欲しいは、

あなたとデートする
断りにくい都合の良い口実になります。笑

かなり細かいですがまとめますと、

男性を追わない、という姿勢が
愛される女性、口説かれる女性になりますのでやってみてください。

年下の男性にも使えます。

年下男子を落とす方法

まとめます。

(1)ラインの通知をオフにする。
(2)返信の長さは、彼よりも長くならないこと。
(3)外見を彼好みにする。
(4)デートは2時間まで、
次回のデートの約束をする。
(5)デートの口実ありきの約束に徹する。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP