男性心理

男性が守りたくなる女性の振る舞いとは?

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、男性が守りたくなる女性について
解説していきたいと思います。笑

スポンサーリンク

守りたくなる女性の振る舞いとは?

男性は女性を守りたいと、本能的に思っています。

アニオタでも鉄オタでも、アイドルのケツを追っかけてる男性も、
パリピも引きこもりみたいな男性も全て、そう思っています。

思ってはいるけど、実際に守りたくなる女性と、
守りたい!と思えない女性が存在します。

男性が守りたくなる女性の振る舞いとは、
自分を頼りにして甘えてくる女性です。

「頼る」「甘える」と聞くとハードルが
高そうに思う女性もいると思います。

一般的にイメージするのは、
さとう珠緒みたいなぶりっ子だったり、
いかにも女の子って容姿の女性だったり。
猫みたいな声を出す女性だったり。

男性へ甘えられるのは、生まれながらの「女っぽい」女だけで、
勝気で男っぽい性格の自分には沿わないから自分には無理だわ、と思ったり。

でも頼りにして甘えるとは、ぶりっ子とか、
容姿が女子だから、性格とかは全く関係がなく、

あなたの素直な欲求を、
そのまま伝える行為のことを言います。

スポンサーリンク

守りたくなる振る舞い方

「○○してほしい」
「○○だと嬉しい」
「○○で困ってるから助けてほしい」
「お願い」「ありがとう」
「○○へ連れてってほしい」

↑こういうことを素直に言える女性は、
男性からみて「可愛げ」があります。

いくら見た目がボーイッシュでも、
ガツガツしている女子でも、です。

可愛げがあると、男性はその女性を守りたくなります。

目をかけてやろうってなります。

男性は、もともと他者から信頼されたいと思っているので、
女性から頼られると、信頼されていることを意味しますから嬉しいんです。

さらに男としての自信にも繋がるし、
男気を養うことができます。

信頼される自分でいられることは、
存在意義を見いだせるからです。

女性の立場で例えると、数回デートした相手が、
なんでもご馳走してくれ、自宅まで送り迎えしてくれ、
「何食べたい?」「何飲みたい?」「どこ行きたい?」って
お姫様のような扱いをしてくれたとします。

すると、ほとんどの女性は「嬉しいんです」

なぜか?女性扱いをしてくれるからです。

この嬉しい感情は、「女性として扱われたことの喜び」です。

女性として扱われると嬉しいから、
心が満たされて温まりますよね?

輝かしい未来をイメージすることになって
その男性のことを「いいかも♪」ってなります。

ということはよ?男性もそれと同じで、
自分を男としてちゃんと扱ってくれる女性は、
嬉しいから心が満たされて一緒に居たくなる。

だから自分のことをアテにしてくる存在は、
男性にとって「かわいい」し守りたくなるんです。

スポンサーリンク

守りたいと思えない女性の3大要素

一方の守りたいと思えない女性は、以下のような女性。

①なんでも1人でこなしてしまう
②男性と対等に立とうとする
③遠慮して受け取らない

なんでも一人でこなしてしまう

①は、日頃からなんでもかんでも完璧にこなそうとして頑張っている女性に多いです。

本当は忙しくて手伝ってもらいたいと思っているけど、
自分でやった方が早いと思っていたり、
頼ること=悪いこと。と思っている女性は、

頼ることができず、結果的に男性からみて守りたいと思われない。

自分から頼れない分、男性の方から色々気を遣って
助けてもらいたいって思う女性も多いのですが、

残念ながら男性の方からあれこれ世話を焼いてきたり、
積極的に「俺がやろうか?」なんて言ってきません。

なぜかというと、男性社会において
男性同士は基本的に助けを必要とされない限り助けないんです。

相手から助けてほしいという要請がないのに、
こちらから助け舟を出すことは、失礼だという男性特有の考えがあるからです。

だから、女性が困っていたり、忙しそうにしていても
口を出してこないことがあるし、気づかなかったりする。

そんな男性に対し女性が、

「ちょっと!忙しいの見てたらわかるやろ!少しは気を回してよ!」

というと男性は責められた気分になって、
さらにかわいいとは思えないし、守りたくなくなる。

「助けてほしいなら素直にそう言えばいいのに分からんわ」

と思うのが男性です。

日頃からなんでも頑張ってしまう女性は、
無理をしていることが多いため、
爆発という怒りでパートナーへぶつけたりします。

男性と対等に立とうとする

②は、男性と肩を張り合って、私の方が賢いアピールや、
私のやり方の方が正しいというアピールをして対等に立とうとするスタンスの女性。

男性は、人から指図や注意、アドバイスを受けて行うことはイヤなんです。

たとえ彼女の提案するやり方が良い方法であっても、
自分で決めて、自分のやり方で解決していきたいと思ってます。

だから、事あるごとに肩を張り合ってくる女性は、かわいいと思えないし、
なんだか男といるような気分になって守りたいとは思えない。

遠慮して受け取らない

③は、遠慮タイプの女性に多いのですが、
男性が施してくれたことに対し、
単純に悪いと思ってしまって断わるやつ。

「いや、悪いのでお会計は私が」
「いや、申し訳ないので自分でやります」
「いや、大丈夫なんで帰れます」

受け取るばかりが申し訳ないと思ってしまうと、
男性は「否定された」と受け取り、
この女性のお役には立てなさそうだとみて、その女性を守ろうとは思えないってなる。

やがて、温度感が下がってしまう。

とくに注意したいのが、日頃から彼の優しさや尽くしてくれる行為を受け取ってはいるけど、

受け取りすぎてだんだんと、
「こんなに尽くされていいのか?」
勝手に罪悪感へ変えていくこと。

よろしいですか?笑

男性は、あなたへ色々尽くしたいんです。

あなたから色々お願いをされたいんです。

お願いをされて、叶えてあげたら、
力のある男だと、実感できるからそれが嬉しいし、そうで在りたいんです。

守りたくなる女性とは、すなわち、男性から大事に愛される女性の在り方。

これを読んでいるあなたは、実践してね。
お願いします。笑

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP