個別セッションは指定のテキスト購入で予約できます!

【心構え】復縁にはメンタルの強さが必要!

こんにちはっ!
自助力の専門家、恋愛コーチYUKOです!
恋愛成就をする為に男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

この記事の動画解説↓

復縁にメンタルの強さが必要な理由

復縁を目指してる女性ってたくさんいます。

復縁したい理由は、ただ一つで「やっぱり彼と一緒に居たいから」です。

女性は感情的に物事を判断していく傾向にあるので、いっときの感情で別れを選択してしまったり、相手のことを気遣って別れを渋々受け入れたり、自滅式に、別れをふっかけるなどを経て別れます。

でも、感情的に好きだと、どんな理由で別れたにしろ女性は復縁を目指しがち。

今日は、復縁したい女性に復縁成就のコツ、メンタルの強さについてお伝えしたいと思います。

タイトルにもあるように、復縁を叶えていくにはとんでもないメンタルの強さが必要です。

なぜかというと、復縁は、お互いの関係になんらかの問題が生じて別れに至ってると思うので、マイナススタートなんです。

2人の関係性がマイナススタートになると、当然ですがゼロ地点まで先に立て直す必要があります。

そのために、なぜ?別れたのか?なんで振られたのか?なんで振ったのか?2人の関係が壊れてしまった根本的原因を見つけ、改善することが必須です。

このことは、しつこく伝えてるので深い解説は要らないと思いますが実は、この根本的原因を自己分析して捉えられる方って少ないんです。

なんで少ないのかというと難しいからです。

自分から見えてる世界と相手が見てる世界って違います。だから、状況を正しく客観的に見つめるには、誰かの力が必要だし、彼との間で起きた出来事を一つ一つ省みて判断していく必要があります。

誰かに判断してもらったとしても、話を聞いてる相手からすると、話してくれたことが100%の出来事でなかったりする。となると、彼が本当にネックに思ってた部分が奥底に隠れてしまって捉えられないってなる。

だからこそ、自分と向き合い何度も省みて改善して、彼にアクションを起こしてみて、反応悪かったらまた出直して。

というように、何度も何度もトライ&エラーを繰り返すってなるんです。

ところが、このトライ&エラーを続けられる人ってこれまたなかなかいないんです。

なぜかというと、彼との別れで少なくとも傷ついてダメージを負っているから、「これ以上傷つきたくない!!」という気持ちがブレーキをかけて行動を止めるからです。

おすすめ

行動をし続けられる人が復縁に至りやすい

人間、いやこの世の中は行動をしないと結果が出ないようになってます。

彼に連絡を取らなければ、連絡が返ってくるのか、返ってこないかもわからないし、彼に聞かなきゃ、彼女ができたのか、できてないのかわからないんです。

何でもそうなのですけど、

行動する→結果が出る(失敗or成功がわかる)→失敗だったら改良する→ 行動する→結果が出る(失敗or成功)

この繰り返しで関係改善の糸口が見つかるんです。

仕事でも人生でも恋愛でも、うまくいく人って、行動をしているし、失敗しても絶えず改良したりして「自分の本心の欲求」を叶えに行ってるんです。

だけど、それには傷つく覚悟と勇気が必要です。ダメージを負っても挑戦し続けられるメンタルの強さがないと復縁は叶えられないんです。

おすすめ

自分を幸せにする=傷つくリスクを取ること

自分を幸せにすることって、自分の本心の欲求に従って正直に生きることを指します。(「好き勝手することとは違います)でもこれは、同時に傷つくリスクを背負うことです。

自分を幸せにすることは、覚悟が必要なんです。

おいしい思いだけって無理なんですよね。だからなるべく物事を「楽しい」「幸せ」と考えられる思考を身につけたほうがいいんです。自分の「脳」さえ騙すことができたら、傷つくリスクは最小限に抑えられるから。

もちろん、メンタルを強く持って当たっていけば復縁は叶うのか?というとそれはわかりません。相手ありきのことだからです。

終わってしまうことも時にはあると思います。でもそれは、このやり方は合ってない、もしくはあなたにとって彼ではないってことだから、次に活かせばいいんです。(今の自分には、も含めて)

復縁したい人にとって、彼以外の恋愛を前向きに考えることは難しいと思いますが、やるべきことや、とことんまでやってみてダメだったら、シンプルにご縁がなかったんです。

その頃には、行動しまくった結果、自分なりに心に整理がつくんだと思います。

復縁はご縁のことがある限り天任せでもある

男女関係というのは、理屈だけでどうにかうまくいくようなものではなくご縁ってあるんです。

そしてそのご縁は、死ぬまでどれくらいの「結びつき」かはわからないです。今は復縁できなくても、ひょっとしたら10年後にご縁が復活するかもしれないからです。

ひょっとしたら、お互いに別の人と結婚をして離婚をしてフリーになったときにばったり再会なんてパターンもあるからです。

相手とどれだけ深いご縁なのかどうかなんて死んで魂の状態になって相手と会話してみないとわかりません。笑

今復縁したい女性にとっては、今なの!!って思うかもしれませんが、復縁も結婚もそうですが、したい!!したい!!って思ってるうちは叶わないようにできています。

なぜかというと、思考は現実化すると言われているように、自分の投げた思いが、そのまま返ってくるからです。

「復縁した〜い!」という思いは、また、「復縁した〜い!」と思いたくなるような出来事が起きる。

例 連絡が来ないから、余計願望が強くなり追いたくなる。

 

そんなこんなも含めて、まずは行動を起こすこと。でも彼女ができたかどうかを聞くのって怖いじゃないですか。

怖いけど、聞かなきゃ進展を望めないんです。笑

なぜかというと、まだフリーでいる元彼へのアプローチと、彼女ができてしまった元彼へのアプローチの仕方って変わるからです。

彼女ができてしまった元彼に、いつも通り連絡して会いたいよー!みたいにやってても、都合よく扱われる可能性が高いです。

時と場合と元彼との関係によるので詳しいことはいまここで言えませんが、元彼に彼女ができてしまった場合、しばらく引いて(連絡したり誘ったりしない)自分と向き合ったり、自己分析したり、自分のことに目を向けた方がいいんです。

ところが、元彼はまだフリーで、「もしかしたら自分に未練があるかも?」という状況のときに、↑と同じ作戦でガッツリ引いてしまうと、元彼は、「あー、もう本当に終わったんだな」ってなりますよ。

おすすめ

復縁を叶える心構え

基本的に、復縁も片思いも、そうなんですけど相手の心を掴むには、相手のニーズを満たすことです。

元彼は何を求めているんですか?
元彼はどんな恋愛をしたいんですか?
元彼は、あなたとの交際に何がネックだったんですか?
あなたの何がイヤで、何がしんどかったんですか?
元彼は自分の恋愛に何が失敗だったと感じてるんですか?

↑このあたりを、満たせられる存在に変わらない限り、再び選ばれることは難しいと思います。

特に男性は、無駄なことをしたいとは思わない傾向にあるので、再び失敗しそうなことは手をつけません。

ちなみに、ニーズを満たせられることができたとしても復縁が叶うかどうかも、やってみないとわからないです。タイミングとかお互いの状況とかいろいろあるからです。

だから、結局は、復縁は自分はどうしたいか?という本心の欲求に従って行動し続けられるメンタルに委ねられます。

そして、忘れないで欲しいのですが、生きている限り、行動して結果を得たことは、どんな出来事に展開されたとしても自分の糧になり、学びになり、あとから「あの経験があるから今の自分がある」と思えるときがくるから安心してください。

傷ついてもう立ち上がれない!ってなったとしても、「傷ついて立ち上がれないと自分はどうなるのか?」ということを学んでる最中ということです。

広い視点で人生を俯瞰してみたら、無駄なことってないです。全ては、学ぶためにやってることだからです。(精神的成長のため)

そんなメンタルは私にないわ!とのことであれば、潔く新しい恋に向かうことをおすすめします。

ということで、復縁のこともやってまーす!笑

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

ガチで男心を学びたいあなたへプレゼント!
モヤモヤする、、。彼との関係をどうにかしたい。ツラい状況から抜けだしたい!!
もし、あなたがそんな状態なら、このBOOKで解消できます。
男性から愛されるための基礎が学べて最後はスッキリする!
全100ページ!17,000文字以上の大ボリュームBOOK!
今なら期間限定で3つの特典を用意してます〜!急いでっ!
おすすめ
NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「わたしの恋愛はこの先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついているかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛において
なにひとつ悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

私は「恋愛に悩みなんてないよ!」と言える女性を
たくさん増やしていくことが

私の使命です。

あなたの力になることが私の目的です。

このサイトに訪れてくれたあなたにとって
「自助力」な「なにかの気づき」を得られることを願って。

CTR IMG