男性は誰でも追いかけたいわけではない。

※このページをブックマークしてください。
※紛失された場合、再購入が必要となります。商品再送は行なっておりません。

男性が追いかけたくなる女性の特徴4つ

今回は男性心理を学ぶ時間で〜す。

恋愛を学んでいる女性は、

「男性は本能的に女性を追いかけたい」

ということはほとんど知っている知識ではないでしょうか?

確かにその通りなんですが、
ときどき、このことを誤解している女性を見かけます。

誤解とは、

「男性は相手が女性であれば追いかけたい」

と思っているということ。

それはちょっと違うんですよね。

男性は相手が女性なら誰でも追いかけたいわけではないです。

男性が熱量を上げて追いかけたくなる女性は以下のような女性のこと↓

①抱けると判断できる女性
②自分に好意がありそうな女性
③一緒にいて楽しい!面白い!
④手に入りそうで入らない感

少なくとも↑の4つの要素を
満たしていなかったら
男性は積極的に追いかけてはきません。

多くの女性は、男性と出会って、
追いかけてもらうために、
自分から連絡をしない&彼から誘われるのを待つ&彼からの連絡を待つなど、

なるだけ、積極的にならないようにしている傾向が強いです。

ぶっちゃけ、待ちの姿勢でいても、上記の

4つの要素を女性側が男性に与えていないと、男性は追いかけてこないです。

順番に男性心理を解説します。

①抱けると判断できる女性

大前提として、男性側が対象の女性を
性的に抱けると判断できなかったら、

追いかけたい対象から外れます。

この対象から外れると、
100%と言ってもいいほど、

追いかけられることはないです。

なぜかというと、詳しくは
「男性心理の基本①」というテキストにも書いたのですが、
塩辛くいいますと、男性は性的に抱ける女性と関わりたいからです。

性的興味がまったく持てない女性は求めていないんです。

例えば、例えは悪いかもしれませんが、
ゴリラみたいな女性だと、
多くの男性は「抱けない」と判断すると思うので

その瞬間、追いかけたい気持ち以前に枠から外れます。

なので、

男性から追いかけられる最低の条件は「抱ける」と思われるかどうかです。

男性心理の基本①で解説した通りですね↑

②自分に好意がありそうな女性

次に、ここはかなり重要な点で本題です。

「男性は誰でも追いかけたいわけではない」とは、

正しく言い換えると、男性は抱けない&口説けなさそうと思える女性のことは、「追いかけられない」です。

その理由は、自信がないからです。

男性は、自信を持つために仕事に精を出すし、
モテようとするし、自分の能力をアピールしたがります。

自信を持つことにエネルギーを費やすということは、

裏返すと、

失敗を恐れているということ。

失敗を避けようとしているということ。

さらに男性は左脳優位であることが多く、
合理的にものを考える傾向が強いので、

無駄を省く思考であることが多いです。

要するに、
自分に好意がなさそうな女性を追いかけるほど、
男性にとって無駄なことはないんです。

振られるかもしれない確率が高い相手を、
狙っていけるのは自信のある男性です。

もちろん、男性によっては、
本気で惚れた女性をその女性は
自分にまったく気がないのに、

しつこく追いかける男性もいます。

それは、リスクを冒してまで
手に入れたい女性だと思っているからなのであって、

男性の通常モードではないです。

ほとんどの男性は、

口説けそうな女性をターゲットに設定します。

自分が好きかどうかよりも、男性は、
「口説けそうか?」を大切にしています。

ここは、女性では真逆の考えですよね?笑

女性は、「男性は自分のことをどう思っているか?」よりも、

「自分は彼が好きだから追いかけたい。」という、

いつも自分の内に矢印が向いています。

相手が自分をどう思ってるのかは二の次なんです。

復縁を願う女性が多いのも、
「自分が」彼と一緒にいたいからであって、男性の気持ちは二の次です。

これは別に悪いことではありません。
女性の性質がそうだから。

大なり小なり、女性の特性として考えや感覚は
どんなことであっても

「内側の世界」へ向くようになっているだけのこと。

女性は、心の満足度や感情の納得というものを求める生き物なんです。

自分の内側の世界に興味がある。

たとえばですが、いい美容液があるとして、
それの成分がどうのこーのよりも、

「いったいその美容液は私に何をもたらしてくれるのか?」

ということに興味があるのが女性心理。

成分がどうであれ、

自分の心が満足すればそれでいいのです。

男性は常に「周りから自分はどう思われてるか?」

という外側のことを気にしているので、
矢印はいつも社会や相手に向いています。

美容液で例えると、「自分になにをもたらしてくれるのか?」よりも、

「この美容液は成分はどうなのか?」
「社会的に認められたものなのか?」
「効果が立証されているか」

という外側のことが気になるんです。

女性とは逆です。

なので、恋愛に話を戻すと、
男性は自分がどれだけ好きであっても、

その女性が自分に興味なさげだと判断すると早々に諦める。

自分の気持ちは二の次よ。

なので、出会ってすぐに、
男性から追いかけられようと、
自分からなんのアクションも起こさずに、
テキトーに連絡をとるだけでは、

男性は、自分に気があると認識しないので、

知らないうちに、

「追いかけたいゾーン」から外れたりします。

ここの部分を女性はよくわかっていないと感じます。

普通に会話ができるし、連絡も交換したし、
待っていれば彼の方から何かアクションがあるはず。

「男性は本能的に女性を追いかけたいから、私に興味があれば追いかけてくるはず」

またもや、矢印は自分の内側へ向いてます↑

それで、アクションがない=私には興味はない。

と早々に切り捨てる女性が多いように思います。

あなたに対してたとえば、食事に行ったことがある、
誘われたことがある、連絡先を交換できたなど、
何かしら2人きりで接触したことがある過程で、

その先、男性からのアクションがない場合、

追いかけたい!と思わせることができていないかもしれません。

なので、気になる男性に対して、
追いかけたいと思われるような、
好意を見せれているか?確認することをお勧めします。

自分に気があると思える女性の態度とは?

ちなみに、どんなことが、
「自分に気がある」と思ってもらえるのかというと、相手によりますが、

①〇〇くんとご飯行きたいな〜と示す
②悩みごとを相談する
③〇〇くんといて楽しいことやタイプなどを伝える
④ボディタッチなど体に触れること
⑤次も会いたいことを伝える

だいたいこの辺りですかね?

恋愛上級者になると、冗談めかして

「〇〇くんかっこよくて好きー♪」
「〇〇くんのことは〇〇だから好き〜♪」
「〇〇くん好き〜♪」

というように、楽しげに伝えることも
好意を最大に伝えることができます。

ただし、ここでいう好きー♪は
真剣な告白のことではなく、相手からして

「俺のこと好きなのかな?でも冗談だよな、いや、でも好きなのかも。どっちかな!?」

と、思わせられる言葉遣い、声のトーン、声の調子、
お互いの雰囲気や温度感などタイミングをみて初めて使えるスキル。

スキルがあってこそ効果を
最大に発揮するアピール法なので、
テキトーに使うと失敗します。

使える相手も限られたりするので、
使えるかどうかは相談してもらったほうがいいです。

③一緒にいて楽しい!面白い!

次に、いくら男性が相手の女性を抱けると判断して、
自分にも好意がありそうだと思えたとしても、

一緒にいてつまらなかったり、
面白くなかったりすると、
いまいち熱量は上がりませんよね?

たとえば、普通に女性としてタイプなんだけど、

①話していても女性の反応が薄い
②冗談が通じない
③楽しませるためにボケてみてもスルーされる。
④会話が広がらない
⑤共通点がなく会話が盛り上がらない

これらが重なると、一緒にいてなんだかなーってなる。

男性は少年のような純粋というか、
無邪気なところがあるので、

そのノリについてこれる女性じゃないとイマイチな感覚を覚えます。

シーンとしていて
お葬式みたいな雰囲気は嫌煙されがち。

ちゃんと、男性を楽しませられているか?
確認してみると良いです。

④手に入りそうで入らない感

ここもかなり重要というか、
これが欠けているともはや追いかけられないか、
飽きられると言っても過言ではないです。

手に入りそうで入らない感とは、

「手を伸ばせば届きそうなのに届かない。」

でも、

「頑張れば届くことを期待できる範囲」

このことを言います。

これは、たとえるとロールプレイングゲームと同じ。

ロープレってステージが進むごとにレベルも上がって、
これまでの自分ではクリアできなくなってきますよね?

その代わり、〇〇アイテムを手に入れたらクリアできるなど、

「後少し頑張ってあの武器を手に入れられたら、クリアできる!!」

と、設定されているもの。

男性はこのように、

今の自分よりも少し力をつけてレベルアップしながら、やがては難題を自分の力で克服していくことにエネルギーを使います。

それが快感なんです。

自己解決を好むし、
自分の力を磨いていくことに
重きを置いているので、

「達成感」や「新たに手に入れること」こそが男性の生き甲斐です。

この、男性が本能的に求める達成感や
「新たに手に入れること」を与えられる女性は、

もちろん男性を夢中にさせます。

ロープレと同じように。
ずっとゲームしてる男性いるでしょ?笑

狩りたい本能を満たしてるのよ。

ところが、女性を追いかけてもすぐにゲットできたり、
頑張らなくても簡単に手を繋がせてくれたり、
キスをさせてくれたり体の関係を持てたら、

つまらないから追いかけるのやめますよ。

男性はすぐに手に入るものは、
追いかけたい欲求が満たされないので
次の対象を見つける旅に出ます。

ゲームも同じです。

すぐにクリアできたら達成感が一瞬で満たされるから、もう少し難しい問題を探しに他のゲームに手をつけます。

手に入りそうで入らない感は、

「私はあなたに好意があるかもしれないよ」

「でもないかもしれない」

「でも好意はあるかも」

もう少し頑張ったら「私に〇〇できるかもね」。

このように、今の自分よりもちょっと頑張ったら、
「この女性との間に何かいいことがある」

というように、性的な意味も含めて
与えていくことが大切なんです。

たとえば、「あなたと一緒にいるととても幸せだから彼氏だともっと幸せになれそう〜」と言った。

それで男性がゲットできるかも!!と
熱量上げて追いかけてきた。

連絡もマメにしてきた。

それなのに、なぜか返信が遅く、

「あれ?俺に気があるんじゃなかったのかな?」

と混乱する。

でも会えば、「確実に俺に気がある」と確信が持てる。

でも、その先のことはまださせてくれない(手を繋ぐ&ハグをする&キスをする&体の関係を持つ)

と思いきや、次会ったときは腕に触れてきて、

「後ちょっと頑張ったら手を繋げそう!!」

みたいな感じで、
波打つ感じで与えては、
走らせて、与えては、走らせて、

まるでパン食い競争のように。爆笑

全然手を繋がせてくれない&ハグもできそうにない&キスもできそうにない&体の関係も持てそうにない

このように、

白黒はっきりした態度は男性に響かないです。

できそうでできない
この微妙なグレーな感じが男性には響きます。

いきなり、女性が自分に

「近づいてきて、キスされそうに思ったけど、でも違った」

みたいな「名残」を与えると、

次のデートで(キスできるかもー!!ワクワク)

ってなるのが単純な男性の思考回路です。

このようなスキルを繰りだすには練習が必要です。

簡単にできることではないと思います。

だからこそ、日頃からたくさんの男性と関わって
練習していくことが大切なんです。

失敗してもいいし、
そのうち自然とできるようになります。

ということで、男心を学びたい女性は必須です↓

男性心理の基本①手放したくない女性が叶う!

このような男性心理についても個別セッションにてご相談可能です♪

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

あなたは、
「たった1人の男性から愛され大事にされる“私”」

になりたいですか?

それなら、心の扱いかたについて
10本の動画解説や、今スグできる実践ワークに出会える

メールレッスン!参加がオススメ♪

恋愛が成就する具体的ステップや自己肯定感メカニズムを学べて

シュッと不安解消される♪

さらにレッスン終了後は、あなたにとって
「なにから手をつけたらいい?」
が解消されて

あっという間に暗〜い気持ちが晴れる♪

NO IMAGE

たった1人の男性から愛され大事にされる女性で在り続けるために。

あなたはもしかして、
「この先もうまくいかない」

そう落ちこんでいませんか?

「わたしは愛されない」
「わたしなんて選ばれない」

そんなふうに傷ついてるかもしれません。

私もおなじような過去を
歩んできたので気持ちはよくわかります。

そんな心境でも恋愛で
ひとつも悩みのない状態を叶えることができました。

だから、大丈夫です。

「恋愛の悩みないよ!」と言える女性をたくさん増やしていくことが私の使命です。

「あなたが、どこで誰となにをしていても、
自分で自分を幸せにできる力があること」


そうして、あなたの力になることが私の目的です。

ここへ辿りついたあなたにとって
「自助力」な「気づき」を得られることを願って。

CTR IMG