恋人関係

恋愛の賞味期限と乗り越える1つのコツ!

こんにちはっ!
自助力の専門家YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、フルサポメンバーから質問をいただいたので答えます。
主にカップルと夫婦向け、恋愛感情の賞味期限について解説していきたいと思います。笑

スポンサーリンク

恋愛の賞味期限とは?

恋愛感情は、賞味期限があると聞いたことがあると思います。

交際から3ヶ月、3年目が危ないって聞きます。

ところが、私はこの理論はどこからきたのかな?と調査してみた結果、全然違う答えにたどり着きました。笑

その答えを言う前にお馴染みの恋愛関係の段階を振り返ります。

結婚できないカップルの3つの特徴と1つの改善点!

①出会い(デート3回〜5回)
②恋愛初期 (出会い〜交際3ヶ月)
③恋愛中期 (交際3ヶ月〜半年)
④恋愛成熟期 (交際半年〜2、3年)
⑤恋愛倦怠期 (交際3年以降〜)

巷で言われる恋愛感情の賞味期限は、
②の恋愛初期と⑤の倦怠期のことを言うんだと思います。

が、実は、脳科学の見解によると、本当の恋愛感情のピークは
2人が出会って恋に落ちてから7ヶ月まではラブラブで、
12カ月〜18ヶ月を境にピークを迎え賞味期限は切れていきます。

要するに、出会ってから1年と半年を迎える頃が科学的に言われる恋愛の賞味期限なわけです。

科学的とは、熱愛中に快感ホルモンとされるドーパミンが多く分泌して、それが2人の恋を燃え上がらせる、という理屈です。

いわゆる、どこからどう見ても、ラブラブ期といえる状態のことです。

スポンサーリンク

賞味期限を乗り越えれない場合どうなるか?

ラブラブなのは良いことですが、それにかまけて
なぁんにも努力していないとどうなると思います??

「感情の関係性」から「信頼の関係性」へと
変化をしないまま時だけが過ぎた中身からっぽカップルになります。

交際期間と結婚に至る絆の深さは全く別物ですよ?

「信頼の関係性」が出来上がっていないと、
時が進むにつれてドーパミンは減少していくため、
一緒にいるたびに、「やっぱりこの人でないかも」という気持ちになりやすいということ。

3ヶ月、3年が目安と言われているのは、
ちょうど相手の本性や価値観が見えてきて、
お互いの違いが明確化することで、嫌な気持ちになったり、喧嘩が増えたりします。

特に、付き合って3カ月目で危機を迎えるカップルというのは、
外見や好みのタイプだけで判断して付き合ったケースに多く見られます。

中身の部分は二の次で、まともなコミュニケーションを取れていない、
お互いのことを知らない&よそよそしい&価値観も知らない&理解してないなど、
相手の人柄をあんまり知らないうちにカップルになると、

カップルという形で物質的な「距離」だけが縮まり、心は衝突するって感じです。

そうなると同時にドーパミンが急激に減る。
だから、すぐに別れる。

3年目のカップルも同じことが言えて、しょーもない会話や、
どうでも良い会話を重ねた「感情の関係性」だけでは、
2人の関係を長く保つことができないから破局を迎えるんだと思います。

じゃあ、どうしたら良いの?

って思ったそこのあなたは過去の記事を読んで絆を深める、
中身のあるコミュニケーションを取ってください。

もうね、毎回何度も同じことを言ってるんです。

それなのに、なぜ?分からない女性が多いのだと思います?

それは、「わたしには関係ないわ」「そんなことで良くなるなら誰も苦労しないわ」

聞き流している&読み流しているか、
疑っている状態のどちらかだからです。

でも、申し訳ないのだけど、ここに書いてることは
実際に私がぜーーーーんぶ、実践してみて得た最短で成功する、うまくいくための方法しか書いてないんですよね。

かれこれ270記事ほど書いてますが、
それ、ぜーーんぶ体験談なんですよね。

目の前に、最短でうまくいく方法があるのに、
それでもうまくいかないのは、思考が間違ってるか、
ズレた受け取り方をしてるか、自己流を挟んでるか、マニュアルになってるか、

なんせ、愛される在り方思考になってないから自然と間違えるんだと思います。

スポンサーリンク

夫婦の恋愛賞味期限の時期

夫婦の場合の恋愛賞味期限を紹介します。

夫婦の場合は、結婚してから4年目が恋愛の賞味期限で離婚のピークと言われてます。

この数字は、国連統計局による60カ国の様々な人種や文化、風習が異なる夫婦から調査した結果です。

感情のバロメーターに関しては、カップルと同じですが、
結婚をするということは、恋愛初期よりもある程度、絆があると思います。

その絆の強さが試されるのが、4年目ということです。

なぜ?4年目なのかというと、ちょうど子供が生まれて、
乳離れするまでの期間がおおよそ4年目までにあたるからです。

要するに、これまで夫のことを優先していた生活が、
子育て優先になることで旦那が寂しくなり、
妻といてもつまらなくなっていき、浮気に走りやすくなる、ということ。

だから3年目の浮気は4年目の離婚につながると言われてます。

まぁ、それほど男というのは子供なんですよね。

奥さんから構ってもらえなかったら、
拗ねて他の女性のところへ行くんです。笑

じゃあ、それを阻止するのも予防するのもどうすれば良いか?というと、
「信頼の関係性」を築くしか方法はないんです。笑

だってさ、どっちみち、2人でいることに慣れてきて
恋愛感情のピークは18カ月を境に切れていくんですよ。

トキメキやドキドキがあるのは初めだけで長く続くものはないんですね。

誰と交際しても、そうなります。

そんな生理的現象に苛まれる中で、
いつまでもおしどり夫婦みたく仲良くやっていこうと思ったら、
お互いにどんな気持ちで、どんな状況で、何を抱えていて、何に困っているのか?

日頃から意思疎通ができてなかったら、心が寄り添い合うことはできないわけですよ。

その証拠に、日頃から中身のある会話の多いカップルや、夫婦はうまくいきやすいと言われてます。

一時の感情で、相手をジャッチする関係性は、
はじめはドーパミンの力でうまくいくかもしれませんが、
賞味期限が過ぎた頃に「信頼の器」が試され、乗り越えられなかったらすぐに崩れます。

スポンサーリンク

男女の課題とは信頼にある!

それなら恋愛初期の頃から、先を見据えて
「信頼の関係性」を築くことを意識した方が良いんです。

特に、結婚を考えているカップルや、
新婚は逃れられない課題だと思いますね。

信頼の関係性があると、いろいろ楽ですよ。
まず、喧嘩にならないですし安定してます。
お互い手放しでも自由でいられて自然体です。

お互いがお互いのことを尊重して認め合える、肯定しあえる関係は永遠に長く続きます。
それがたとえ恋人&夫婦という形が無くなっても、人と人としての信頼関係ですよね。

え、そんなの嫌だ!!と思う女性は、
今はまだ「感情の関係性」の最中だからそう感じます。

とはいえ、感情の関係性がダメとは言っておらず、関係ステージの話をしています。笑

宇宙的視点で関係ステージを言うと、
男女が生まれてきた意味での最後に目指す姿は、「究極の形である無償の愛」なんですよね。

どっちみち人類が最終的に目指すところは、
個人の感情の度合いは関係ありません。

相手が不倫をしても、「あなたが幸せならそれでいい」
負の感情なく自然と思える関係性が、実は、「信頼の関係性の究極」です。

夫婦のいがみ合いって結局のところ、↑こんな関係性になるように仕向けられてるんです。

こういうのに、目覚める人がこれからは爆発的に増えていきます。

実際に、その境地にたどり着いている
おしどり夫婦を何人か知っています。

お互いに恋人がいてOK。セックスもOK。
でも、私達は夫婦として協力関係にあって仲良しなんです。

↑この辺のステージにいる夫婦の絆は計り知れないし、他人が崩せる絆ではないんです。

まだまだその価値観は一般的に受け入れられないと思いますが、そのうち一般的になります。

宇宙的にそのように生かされているのが私たちの存在だからです。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP