婚活・結婚

結婚すれば幸せになるとは限らない理由!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、結婚すれば幸せになるとは限らない理由!について解説していきたいと思います。笑

スポンサーリンク

結婚はただの生活である

新婚の私が言うのもなんですが。笑

結婚に「過度に期待しすぎたり」
「夢を見ている」状態ならば、
晴れて結婚後、大きく落胆することになりますから、
結婚へ夢を見ることは捨てることを提案します。笑

今回は、特に結婚願望が強く、
お若い女性、または婚活を頑張っている方向けの記事になりそうです。

結婚すれば、超幸せになって超安泰。

旦那様に守られて、ずーっと幸せが続いて、
愛され続けて、仕事はしなくてよくって、
少なくとも今の現状よりも良くなることを、輝かしい未来を想像してる女性。

たくさんいると思われますが、
ちょっと、危険です。笑

夢を壊すことを言いますが、
結婚はただの生活です。

ロマンチックのかけらも無い生活。笑

会いたくてたまらない恋した状態なんてものは、一時的なもので、
結婚をすれば、嫌でも顔を見ることになりますから、トキメキなんてものは存在しません。笑

スポンサーリンク

結婚は独身よりも生活が大変である

さらに生活は、独身でいた時よりも大変です。

洗濯物は増えて頻度は高くなるし、
ご飯を作る頻度も高くなって洗い物も増えます。

スーパーへ行く回数や、ゴミの数も増えるし、
全てが2倍になるので、家事、雑用が増えるしかない。笑

決め事も、今までなら1人で独断で
好きなように決めれていたことも、
2人になると相手の意見は聞かなきゃならないし、
それこそレスポンスが遅いと、どんどん予定も遅れていく。

さらに結婚は2人だけの関係でなく、
親族も関わるので、親を立てるだの、交流が増えたりしてですね。

独身で自由の身でいた時よりも、
時間的、お金的、労力的に制限が生まれるんです。

制限だけではなく、独身時代なら、
好きなように仕事を決め、好きなように働き、
自分が食っていくことだけを考えていたら、
それで良かったのですが、

結婚したらそういうわけにもいきません。

旦那が病気になって倒れたら、
奥さんが働きに出て、旦那の分まで賄わないといけない可能性も出てくる。

特に男性はそうですが、これからの時代は
男性の役割と、女性の役割の境界線がどんどん曖昧になる、
もしくは逆転していきますから(男性は働く、女性は家を守る)

女性にも言えることなんです。

なんだけど、結婚を夢見る女性は、
そういう視点がすっぽり抜け落ちてる。

結婚=自分は楽になる、より幸せになる。

という、幻想を抱いてる。笑

スポンサーリンク

結婚生活の現実とは?

特に、仕事をしたくない、もしくは、
仕事は適当にパートだけして生活は守ってもらいたいと、
昭和的考えを持っている女性は、結婚することで得られるメリットだけを見ていて、
結婚することのデメリットを見ないフリしてるか、気付いてないか。

確かにさ、結婚式の写真とか、
友人の結婚式へ参列したら超幸せそうで、
羨ましいってなると思うんです。

女性としての幸せを最大に得た瞬間って感じで。

でも、あんなのも一瞬で、
あの一瞬の幸せを「得るために」

どれだけの労力と時間と
お金がかかっているのでしょう?笑

結婚式をするとなれば、山ほど決めなきゃいけないことが出てきますから、

旦那と意見が合わなかったら喧嘩して、

招待状から、席決めから、衣装、料理、日程、
場所、順調に決めてきたと思ったら、突然、親族の意見が飛んできて、、

再調整しなければならなくなって。。

それも考えてあーもう、超大変。笑

そうそう、昔ね、化粧品会社で
勤めていたときの先輩が結婚するってなってた時、

旦那と意見が合わなくて
結婚式の準備で喧嘩して

結婚式なんか提案するんじゃなかったって
疲弊して愚痴ってたんですよね。

ちっとも幸せそうじゃなくてさ。笑

スポンサーリンク

結婚は一心同体になれる儀式ではない

私は古くから、こういう、
現実的な結婚生活を目の当たりにしている方なので、

もともと、結婚願望は強くなく期待もなく。笑

結婚するなら精神的にも肉体的にもある程度、
老いてから結婚しようって思ってました。

なぜかというと自分の精神面が未熟だと、
すぐに離婚するって悟ってたからなんですよね。笑

たとえば、日頃から
旦那の仕事の付き合いはどんどん行かせなよ!

って言えるのも、

いまでこそ「あなたはあなた」「私は私」と、
分離して考えられるからそう言えるのだと思うのですよ。

分離して考えられたら、
ぶっちゃけ彼や旦那が何をしていようと気にならないし、

「あなたはあなたの人生がある」

って思えるから、心は自由でいさせてあげられるんですよね。

相手にも、自分にも。

でも、まだまだ精神面が未熟で、
「私は彼のもの」「彼は私のもの」って思っていると、

どこかで、「私ばっかり!」や、
「あなたは気楽で良いわよね」って不満になるんですよね。

それって、彼&旦那と私を一体に観てるからだと思うのですよ。

で、結婚に期待をしている、夢を見ている状態というのも、
愛する彼と私が一体になれることを期待してるのだと思う。

どちらも、互いを愛し合って、思い合って、
向き合って、ずっと永遠にそれが続く。

でもね、どんなに愛する彼氏や旦那でも、
他人ですから、もともと「分離」しているんです。

一生涯、一心同体になることはあり得ない。

たまたま意見が合って、まるで
一心になったかのような気分を味わうことはあっても、

体が重なって同体になった気がしても、
存在は死ぬまで、分離している「もの」なんです。

だから、いつも

「自分を幸せにできるのは自分だけ」
「自分で自分を助けられるで自分でいてね」
「精神的自立してよ」
「相手を変えるんじゃなくて自分を変える」
「自分の在り方」

と、お伝えしています。

それを「自分と同じ」という認識でごちゃ混ぜにすると、
どうしても依存的、心を預けることになってしまって。

旦那が帰ってこないことに寂しかったり、
自分ばかり飲みに行って!って思ったり、
分かり合えているという前提で事を進めるから

「なんであなたはわかってくれないの!」

と、ケンカの種になったりする。

子供ができたらそれこそ、
2人の時間は無くなって会話も少なくなって
コミュニケーション不足になって、

一体だと思ってたのに、
そうではなかった現実を知り、落胆して、

3年、5年経った頃には、
どちらかが不倫してる、、みたいな。

日本は不倫大国であることを忘れないで

5人に1人は不倫してると言われているほど、
日本は不倫大国なんですよね。

ときどきストーリーのハッシュタグに、
「不倫」タグをつけることがあるんですけど、

どんなハッシュタグよりも閲覧数が多いのですよ。

不倫に興味ない人は見ないと推測すると、
どんだけ、不倫してんねんって話なんです。

閲覧数が物語ってる。

それほど、結婚ってものは、
あなたが夢見るほどキラキラしたものではないってこと。

結婚していないうちや、新婚のうちは、
「いや、私は絶対に冷めない」って思っていても、

いま不倫している人たちも、
当時は、同じように思ってたはずなんです。

離婚はしない、不倫はしない、
いつまでも恋人同士みたいに、、

とかって。

だからね、結婚というものは、
分離しているもの同士が、共に生活をする「だけ」のことで、
よりラブラブになる、自然と幸せになる、一心同体になれる儀式ではない。笑

スピリチュアル的に目指すゴールは、
男女の融合かもしれませんが、
融合という視点は、そもそも分離から始まるものです。

はじめから、一緒くたにして考えていると、
期待と現実の差に落胆して冷めることになりますから、

夢からは早めに目覚めましょう。

ちょっと、夢を壊しすぎなことを言ってますが、
本質的なことを知っていれば期待せずに済んで、無駄な亀裂は避けれます。

あとは?対策するだけになりますよね?

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP