恋人関係

倦怠期を乗り越える?恋愛に倦怠期は存在しない理由!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、恋愛お悩み掲示板からピックアップしたお悩みに回答します。


引用元

彼女の知りたいことは、
「倦怠期なのか?」「だらしない彼に嫌気がさす」

スタート!!

スポンサーリンク

恋愛に倦怠期は存在しない理由

交際5ケ月目ということですが、まずはじめに、断言します。

恋愛に「倦怠期」といったものは存在しません。

これはシンプルに男性のお熱がトーンダウンしているだけです。
トーンダウンしている様子は、この文章が物語っています。

「彼がお昼過ぎまで寝てて、既読にならない」

男性心理を直訳しますと、
この女性といるよりも寝ることの方が癒される、または、寝ることの方が心地が良い。

など。すなわち、優先順位を下げられているんです。

初期の頃は1番や2番だったのが、
1 仕事、2 友人、3 寝る、4 彼女、といった順番のように。

では、なぜ?優先順位を下げられているのか分かりますか?

過去にしつこく書いていることと
重複しますが、大まかな原因はこの2つです。

⑴彼を頼っていない
⑵追いかけさせていない

順を追って解説します。

スポンサーリンク

彼に頼ってない証拠とは?

原因1

恐らくこの女性は普段から、
彼を頼りにしていないことが伺えます。

どうしてそう判断できるのかというと、
この文章にそのことが表れているからです。

「今度の休み、何しようか?」
「連絡を取り合うものの」

「デートで何をするか?」
をいちいちラインで話し合い形式を
取るから何も決まらず、こうなるんです。

以前もお伝えしてますが、

男性は、デートでどこへ行く、何をする、
なんてことは無頓着なんです。

付き合いたてはそりゃ、
彼も頑張って色々提案することはありますよ。
それは気に入ってもらいたいから
無理をしてるだけの話です。

だから、この女性は、
普段からして欲しいことをもっと
自己主張することで頼っていくんです。

それが最善です。

〇〇へ行きたい!
〇〇がしたい!

シンプルにこれだけですから。

そして、叶えてくれた時に大喜びするんですよ。

この女性は、どうして話し合い形式を取ってしまうのか?
それは、女性視点で物を言うからこうなるんです。

スポンサーリンク

女性の物事の決定の仕方とは?

女性同士であれば、
何する〜?どーする〜?

永遠と長いやり取りの中で、
会話は展開していき自然と流れ、予定が決まっていくものです。

なぜなら、女性同士は、会話に目的がなかったとしても、
無駄と思えるお喋りをいつまでも出来てしまう生き物だからです。

しかし男性は違います。

男性は、いちいちラインであ一だ、こーだ、
不明確なやりとりは苦手です。

めんどくさっ!ってなります。

なぜならラインや電話などは、
業務ツールであってコミュニケーションじゃないからです。

だから、女性であるこの方は、
自分の要望を伝えたらいいんですよ。

その方が男性も楽ですし、
デートの失敗を防ぐことにも繫がり安心です。

デートの失敗とは、
男性が独自で計画を立てデートへ連れて行ったとします。

その時、彼女は本当に喜ぶのか?と、不安になるんです。

プライドの高い男性にとって
恥をかいてしまうのような、
リスクは極力、避けたいわけです。

女性の察する力とは、
そういう時に発揮すべきです。

スポンサーリンク

優先順位を下げない秘訣

話は戻りますが、
この「頼る+大喜び」を続けていると、
まず優先順位が下がる事はないです。

なぜなら男性心理的に、
彼女といると楽しくって仕方がないからです。

彼女といれば、自己重要感が満たされるから、
益々会いたくなるし、もっと頼られたい!

と思うのが男性です。

この彼が、 寝ることを優先してしまうのは、
この女性で自己重要感が満たされていない証拠です。

ここに気づけない限り、
このカップルは恐らく上手くいかないでしょう。

なぜなら、メディアに教えられた、
「倦怠期」のせいだと、問題の本質から背いているからです。

他にもこの女性は、頼れていない感が満載です。

この文章にその心境が表れています。

「女はすぐに出かけられないから
予定は早く決めておきたい」

これ、我慢してますよ。

我慢の果てが、「こんな休みが続いてイライラする」

恋愛に我慢はいらない

言いたいこと、して欲しい事はあるのに言ってないんですよ。

本当に、女性あるあるです。笑

「用意に時間がかかるから、前日までには決めておきたい」

って言えばいいだけなんです。

なんで言えないんでしょう?

上手くいく女性は、平気で言ってますよ。
だから上手くいくんです。

女性心理を解くとして、
こういった女性の思考はだいたいこんな感じです。

「私なんかが主張しても
どうせ受け入れてもらえないだろう。」

「めんどくさがられるかも。」

「私なんかが主張したら嫌われるかも」

注目すべき言葉は、私「なんかが」です。

つまり、自己価値の低さが、
してもらいたい素直な気持ちを無かったことにして
勝手にイライラしているんです。

どうですか?

もはや一人芝居です。

自己価値の低さは、些細な問題を起こし
スムーズに流れるはずのデートがこうなります。

この女性の相談の最後に、
別れを考えてると、記していました。

別れを考えるほど、悩むことでもないのに。。

彼のせいにしている限り、
次の恋もうまくいきませんって。

こういった女性は、

なぜ?素直に言えないのか?

と、心の内を観ていくことです。

結局そこへ山り着きます。爆笑

ということで次の原因に移ります。

男から追いかけられなくなると?

原因2
追いかけさせていない。

この彼の行動は、
彼女より寝ることを優先しているわけです。

この行動を起こさせているのは、
女性が追いかけているからこうなります。
(尽くしている)

彼は彼女が他の男性に取られないと安心し、
気持ちが燃えず、追いかけなくていいや!となっています。

ところが、この方は、「彼のだらしなさ」と認識しています。

違いますって。

思考パターンが間違っているから
別れなくて良いことでモヤモヤするんです。

で、この女性が追いかけていると、
なぜ推測できるのかというと、

↓この文章を見れば、その様子が伺えます。

「私が一方的に連絡するも」

これ、彼を追いかけている態度ですよ。

寝ているとはいえ、なめられてますねぇ。

そもそも、連絡は、男性からするものですよ。

交際が始まった後もそうです。
愛される女性の基本として。

おやすみとか、どこ行く?とか、
全てのやり取りにおいて発信は男性から。
それに返信する態度が追いかけさせるということ。

上記のように、女性から一方的に連絡する態度は、
男性は気持ちが燃えないんです。

気持ちが燃えないから手を抜き始め、
適当にあしらわれる結果になるんです。

だから、男性心理をよくよく知る必要があります。

このカップル、お互い一人暮らしということなのですが、
こんな状況の中、彼の自宅へ会いに行っていないことがまだ救いです。

これが、自ら会いに行くようになると、
彼女から都合の良い女に成り下がる可能性ですら、秘めてます。

男性に愛される女性でいたいなら、追うのはやめましょう。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP