自己肯定感を高める

彼氏に甘えられない女性に潜む2つの原因!!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

スポンサーリンク

彼氏に甘えられない2つの原因

彼氏に甘えられない女性って、⑴男に負けたくない⑵男に勝ちたいといった感情を潜在的に持っていることが多いです。

表に出てないから自覚はないと思います。(潜在意識→無意識→顕在意識)

自覚はないけど、そうした女性のたいていは彼氏や夫との関係がうまくいってません。

なぜかというと「負けたくない」「勝ちたい」を、別のニュアンスで表現するとしたら、「可愛げがない」とイコールで結べる。男性は可愛げのない女性に惹かれたりしません。

可愛げがないとは、本来はある可愛げのある自分を自分で認めてない、認めたくない状態です。自己肯定感が低い状態ともいいます。可愛げのある性格や、個性の問題じゃないんです。

「自己肯定感が低い状態」が生まれるメカニズム!!

彼氏に甘えられない女性は、可愛げのある姿を男性に見せてしまったら、さも、自分が負けたような気になって下に扱われたような、悔しさともいう感情が出てきて、そんな自分を自分で見たくないから勝っている状態へ戻したくなる。

可愛げのある自分を見られてしまうと、恥ずかしいし、自分が自分でないような気がして元の状態に戻りたくなってしまう。そうした姿が、男性にとってより可愛げのない姿に映ってしまい「愛されない要素」へなっていく。

スポンサーリンク

甘えられない女性は自分を認めていない

可愛げのある自分を、自分で認めてない人は素直に男性に甘えることができません。

可愛げのない事象を例えますと、男性から「手伝ってあげようか?」と声をかけてくれてるのに、「1人で出来るし、ええよ」と言ってしまうこと。

↑可愛げのない要素が、甘えられない現実を連れてくるっていう。

可愛げのある自分ってね、どんな女性にも備わってます。

自分の幼少期の頃を思い出してみて。

屈託のない笑顔で両親に甘えていた頃。
わがまま言って困らせて泣いていた頃。
両親の姿が見えなくなったら寂しくなって拗ねていた頃。

どれもこれも、可愛げのあった頃です。

でも大人になって傷付いたり、我慢したり、強がらないと乗り越えられなかった時期があったり、そうやって自分を守るために鎧をたくさんつけて人生を長い間生きていると可愛げのある自分は忘れてしまって出せなくなってる。

でもそれって、自分の心の問題で、恋愛をうまくいかせたかったら改善するしかないんです。

自分の女としての素直さとか、可愛らしさを自分で認めてないからある意味、男性は関係ないんです。たまたま、自分の欠点が相手の鏡にあぶり出されているだけで実は、自分との折り合いが取れてない。

恋愛は、どこまでいっても自分と折り合いをつけていく、自分との関係を見直していく、男性と仲良くなる前に先に自分と仲良くなる。そのキッカケを男性から与えてもらってるって思った方が良いです。

なぜ?その方が上手くいくから。笑

スポンサーリンク

自己肯定感を高めると甘えられる自分になる

恋愛はテクニックじゃ上手くいかないのも、根本的に心の何かが(根本)そうさせていて、心で抱えているものが浮き彫りになって様々な問題が表に出ているからです(自己肯定感が低い状態)

だから、本来ある可愛げな自分を出せるように、先に自分が自分を認めて受け入れていく事をやってかないと、ですね。(自己肯定感を高めること)

「本来ある可愛げ」ですよ。「本来は」あったんです。

どれだけ男っぽい女性にも、女らしい一面や、可愛らしい一面はあるんです。それを出せるようになって男性の前では、前面に押し出すんです。笑

なぜ?男性は、自分にないものに惹かれるからです。自分にないものとは男でない、女らしさのことです。男性は、男らしい女を愛したり好きになったりしません。笑

自分にはない女性性に惹かれて抱きたいな、守りたいなって思うんです。1人で生きていけるような角ばった男みたいなイカツイ女を愛したりしません。

でもって認めていく、受け入れていく行為(自己肯定感を高めること)は他人がやってくれることではないです。自分でしか出来ない部分です。

自己肯定感を高める!自己の内観法!

「誰それ君が可愛いって言ってくれたからそう思える」

だから、○じゃないんです。他者支えありきの考え方は×なんです。

他者へ求める前に、可愛いところもあるよねって先に「自分で」認めていかないと意味がないんです。これには練習が必要です。自分の中にある「女らしさ」「可愛らしさ」は普段からも取り入れることができます。

スポンサーリンク

自分に女性らしさをプレゼントする方法

可愛いネイルしてみるとか。ふわふわなスカート履いてみるとか。スカートやネイルは女性の象徴です。そういったものを身につけて、自分は女性である事を目で見て認めて少しずつ受け入れる。

それができたら今度は、他の男性で練習すること。いつも言ってる頼ってね!ってあたり。

「○○お願いしてもいい?」とかさ。やってみることですよ。

お願いした事を男性が叶えてくれたとき、嬉しい気持ちになると思います。少なくとも1ミリくらいは嬉しいと思うんです。笑

その嬉しい1ミリの気持ちの正体ってなんだと思います?

「女性として扱われた喜び」ですよ。

そう、あなたは本当は女性として扱われて喜びを感じたいんです。

この要素って男性にはないんです。男性は、女性からアレコレお世話をされて「俺、ウレピー!きゃは!」なんてことにはなりません。笑 そんな男は女らしい内股な女々しい男です。笑

そんな男がいたら、気持ち悪!って思うのが女性たちです。笑

男性から施されて嬉しかったとき、自分は角ばった男らしい女でないことに気付いていくと思いますよ。そうやって少しずつ甘えられる自分を鍛え慣れること。

素直に甘えられる女性は男性から愛されます。

男性は、女性から必要とされたいし守りたい本能があるからです。できることからやってみて。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

ブログ統計情報

  • 801,687 人の女性が訪れています★

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

恋愛テキスト♡

YUKOにお礼がしたい方♡笑

関連記事

YouTubeもやってます!

無料プレゼント↓

PAGE TOP