愛される考え方

男性からのアドバイスを受け入れられない女性心理。

こんにちはっ!
自助力の専門家YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

動画解説はこちら↓

スポンサーリンク

女性は解決を望んでいない!?

これ女性によくある相談の仕方で、良くない相談の仕方です。

あなたは見抜けましたか??
さて、これの何がいけないんでしょう??

この方が本当に求めていることってなんだと思いますか?
少し考えてみてもらいたいのですが、、、

答え。
「病気でしょうか?」の答えが知りたいのではなく、自分は間違っていない安心が得たい、です。

たぶん、この文を読んだら「その情報で病気かどうかはわからんわ」と読み手は受け取ると思うんです。

なぜかというと、「病気でしょうか?」に対して
病気かどうか?判断する材料が何も記載されてないからです。。。
たとえば、身長、体重、何ヶ月のペースで痩せていってるのか?など。

これ、本当に女性によくある相談の仕方で、
一言でしまえば、読み手の立場に立てていないということになるんだけど。

読み手からすると、いくつも質問を重ねないと、何が言いたいのかわからない。
結局、何が知りたかったの?どうしたかったの?と問いたくなるような女性って一定数存在します。

今日は、この手の女性に注意喚起をしたいのではなく、
なぜ?そうなってしまうのか?ということを、
当てはまる女性は自覚した方が良いですよ!ということを伝えるために書きます。

スポンサーリンク

女性は自覚無しに賛同してほしい!

この手の女性の心理は、実は、自分が病気かどうかを知りたいのではなく、

「あなたは病気じゃないと思う。だから安心したら良い。
痩せない&太る人が多い中、ラッキーだと思えば大丈夫だよ〜!」

と、自分の現状に賛同してほしい、正しいと言ってほしい、安心したいという心理かと思います。

だから解決に必要な材料は書かれてないんです。
心の奥深いところでは別に解決したいって思ってないから。
そもそもホントに病気かもしれなかったら、掲示板に聞く前に病院へ行ってるでしょうし。。

つまりアドバイスや原因の追求などは求めてないんです。驚愕ですよね。

安心を得たいのを、「病気でしょうか?」と問いに変えて
まわりくどく相手に「その役を」させている状態なんです。
でも相手からすると「病気でしょうか?」をそのまま受け取るので、
「で?体重は?身長は?」「病院に行った方がいいのでは?」と言ってしまうわけです。

この手の女性は、「アドバイス」や「解決」を求めてないわけだから、
真面目に答えられてもなぜかしっくりこなくて、
周りに聞いても安心できないから、やっぱり私は病気かもしれない、、となり悶々と悩み続けるという。。。

ハッキリ言ってこの手の女性マージでめっちゃくちゃ多いです!!!笑

でね、この思考癖のある女性は恋愛でも同じ態度なんです。

スポンサーリンク

男性からのアドバイスが受け入れられない女性心理

女性が悩むとき、男性に相談しても、気持ちに賛同してもらえない、
寄り添ってもらえない孤独から不満を溜めていき、勝手に爆発していく王道パターン。

男性からしたら相談されたからには、
解決思考で話を進めますから、女性の本当に求めている部分に気づかなくて当たり前で。

ちなみにわたしもめっちゃ男性性が強いので、この、
女性特有の心理に気づけなかったんですよね。
女のわたしですらハテナでいっぱいになるのですから、男性はもっと分からないですよ。

そもそも、相談の仕方が悪いって感じなんですけど。

相手になにか相談するときは、ある程度
自分はなにを求めているのか?何をして欲しいのか?
明確にしてから伝えたほうが良いですよね。

特に相手が男性の場合、女性が裏で思ってる部分を
察することはできないので、相談したとて女性が安心する答えはもらえないと思います。

あてはまる女性は、日頃から内観したほうがよさそうです。
ということで、賛同してほしいお悩みもとりあえず聞きます。笑

 

スポンサーリンク

お客様の声

そのほかお客様の声はこちら!

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

ブログ統計情報

  • 503,729 人の女性が訪れています★

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

恋愛テキスト♡

YUKOにお礼がしたい方♡笑

関連記事

YouTubeもやってます!

Instagram

無料プレゼント↓

PAGE TOP