男性心理

男と女の愛情の感じ方の違いは、こうです。

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、男と女の愛情の感じ方の違いについて解説します。

スポンサーリンク

女性の愛情の感じ方は、こうです。

まず、女性は、
男性から何をされると愛情を実感し、安心するのか?

それは、
言葉と行動が一致していることです。

例えば、女性へ
「好きだよ」と言ったのならば、
会いに来てもらうことで愛情を感じます。

好きだよ!という割には
全然会いに来ないとか、
愛してるという割には、
予定は全然合わせてくれないとか。

やっと会えたと思ったら、
ホテルへ直行だったり、
自宅デートばかりで、
楽しい所へは連れてってもらえないとか。

それ、好きと愛してるに
一致していない行動ですよね?

好きとか愛してるという気持ちがあるなら、
相手を思いやる気持ちや、優しさがあって然るべきなんです。

行動に出てないと
おかしいんですよ。

スポンサーリンク

男の愛情は行動に出る

男性あるあるなのが、
「嫁とは別れるから」と言ったのならば、
その途中経過、報告があって当然ですし、
離婚に向けて話が進んでいかないのは、
おかしいのです。

意味、分かります?

あなたの好きな人、彼、夫は、
言葉と行動が一致してますか?

男性は、口だけ男になってませんか?

女性が男性へ求めることは以下です。

困った時は惜しみなく助け、
優しい言葉をかけ、
アドバイス、正論はせず、
話を聞き、共感する。
ご飯をご馳走し、
楽しめる場所へ連れて行き、
プレゼントをあげる。

このように、行動を伴って
尽くしてもらうことで、愛情を実感するんです。

ところが、
男性はそんな女性心理は分かりません。

男性自身も、
女性へ尽くすことで、
どれだけ自分の活力になり、生きる源になるか?

ここを分かっていないので、
(男として開花してない)
上手くいかなかったりします。

スポンサーリンク

口だけ男はモテない

なんなら、
言葉でどうにかしようと、
親身になったフリをして、
ストレートにホテルへ誘ってみたり
するうんこ野郎もいますが、

そういう、
うんこは大抵モテません。笑

今はモテていたとしても、
結果的に自分を押し上げてくれる
価値の高い女性からは、
モテないということです。

なぜなら、まともな女性心理でいえば、
愛されている実感(行動)がないのに、
そんなことを言われると、
ドン引きするだけなんですよねぇ。

ただし、
まともな女性であればの話です。

スポンサーリンク

男性の愛を受け取ることを忘れた女達

一方のまともじゃない女性とは、
男性から言われた通りに
なんでもかんでも従って、
なんでもかんでも合わせて、

結果、傷ついてヤリ捨てられるようなこと。

そういった女性の方はね、
幼い頃から、他人へ尽くすことに慣れ、
我慢することに慣れ、
合わせることに慣れすぎて、

男性からの愛情を、
「受け取る」ことを忘れてます。

元ある感覚が麻痺し、壊れてるんです。

感覚が壊れているから、
女性にとっての本来の幸せや、
愛されている実感が欲しくても、
それが「なんであるか?」
分からないから、得られないんですよ。

ここまでくると、割と重症で。

男へ尽くしてしまう女の心理

男性へ尽くすことで、
それに相応しい愛がもらえると勘違いしているんです。

物々交換みたいな?笑

クッキーあげるから、
チョコレート下さいよ

みたいなことですよ。

深層心理において、
女性が男性へ尽くす時、
ただ、ただ、男性へ与えたいからじゃないんです。

そんなマザーテレサ
みたいな女性はいませんから。笑

男性から愛情が欲しいから、
尽くすことを提供するんですよ。

ここ重要ですよ!

つまり、
「尽くす代わりに愛をください」
すなわち、
「尽くさないと私は愛されないから。」
と、思い込んでいるということ。

「尽くさないと愛がもらえない」
「尽くさないと嫌われる」
「尽くさないと受け入れてもらえない」

これ、全部、不幸になる思考ですよ。

こうなってしまうのには、
必ず、原因があります。

尽くしてしまう思考を変える

例えば、
癌になるのは、癌になる原因がある。

その癌だけを取っ払っても、
癌になる元の、生活習慣だったり、
ストレスだったり、食生活など、
根元から改善しないことには、
また、癌が再発したり、転移したりするんです。

それと同じことです。

恋愛においての原因とは、

過去の傷ついた経験や、拒絶された経験、
ありのままの自分を
受け入れてもらえなかった、
良い子ちゃんじゃないと褒められなかった、
親の言うことに従ってきた、
兄弟と比べられた、
親から手をかけられていなかった、

その多くは、幼少期にあります。

それを自身で見つけることです。
そしてそれを認め、許す。

認め、許す行為は、
自分を愛し、大事にするということです。

その、認め、許す方法は、
セッションにてお伝えしてます。

ここをクリアしないと、
いつまで経っても

「尽くす女」
「愛される実感が持てない女」

から卒業できないわけです。

皆さん、表面上の問題にだけ囚われて、
癌で言えば、癌を取ることだけに集中して、
根元の原因を取り除いてないんです。

だからいつまで経っても、
相手と罵り合い、喧嘩し、分かり合えず、
同じ問題にぶつかり、お互いがソッポを向いて不倫し、別れ、離婚し、仲違いになるんです。

男性は他へ与えたい生き物

その一方で、
「まともな男性」は、女性から尽くしてもらいたくて、色々与えるんじゃないんです。

女性から尽くしてもらっても、
愛情は感じませんし、
喜ばないんですよ。

男性は、ただ、ただ、
他者へ与えたい生き物なんです。

それは、恋愛だけでなく、
仕事や社会へ対してもそうなんです。

以前もお伝えしましたけど、
アソコがそう教えています。

男は凸で、女は凹ですよ。

凸=与える
凹=受け入れる、受け取る

ですから。

男性は、開花していようが、
開花してまいが、

「与えることで喜びを見い出す」
「与えることで満たされる」
「与えることで自信がつく」
「与えることで能力向上する」

そういう性質なんです。

だから、男性が女性へ
どんどん尽くすことで、
自動的に充足感、幸福感を得られるようになってます。

そして、それを女性が受け入れ、喜んだ時、
女性から愛されていると実感します。

男性の愛情の感じ方は、こうです。

女性から言われて男性が
一番嬉しい言葉は何か知ってますか?

それは、「ありがとう(●´ω`●)」ですよ。

男性が女性へありがとうと
言いたいんじゃないです。

どちらかというと、女性から
たくさん言われたいんですよ。

もし、男性が女性へありがとうと、
言いたくなるとしたら、
それは、こんな時です。

俺を、受け入れてくれてありがとう
俺を、理解してくれてありがとう
俺を、気遣ってくれてありがとう
俺を、支えてくれてありがとう

女性のあなたが、
「ご飯をご馳走したから」
「会いに行ったから」
「プレゼントを贈ったから」
「予定を合わせたから」

ありがとうじゃないってことです。

極論を言えば、女性から、
「ありがとう」を言われる為に、
男性は日々、頑張っていると
認識してもらって良いですから。

どんな男性もそうですよ。
女に見える男性もそうですよ。

性質の話をしてますから。

尽くしがちの女性によくある傾向

それで、尽くしがちの女性や、
愛されている実感が得られない女性は、
そんな男性へ対し、
食事のシーンでこんな対応をするんです。

男性がご飯をご馳走します、
と言ってくれているのに、

「いや、悪いからワリカンでいいです」

と言ってしまう女性。

これね、男性の愛を受け入れてません。

人として良かれと思って
やっているかもしれません。

女性同士ならそれでいいんですよ。
しかし、男性へ対しては、ダメダメ対応ですよ。

こういったことを積み重ねるから、
尽くす女から卒業出来ないんです。

そして、これをされると、
男性の反応は、2通りへ分かれます。

俺が支払わなくて、

  • ラッキー!と思う男性と
  • ショックを受ける「まともな男性」

男として開花していない男

ラッキー!と思う男性は、
残念ながら、男として開花してません。

故意があっての、
ラッキー!だったとしたら、なお最悪で、

大して社会貢献もできないような
クソみたいなうんこです。

社会にとっても、
何の役にも立ちませんね

とでも、表現しておきます。

将来の野望はヒモですかね?

こんな男性が、将来、社長になりたい!
バリバリ稼ぎたい!!
なんて思っていたとしたら、、、

申し訳ないけど、200%無理ですから!!

なぜなら、
「自分はどんな男であるか?」

本質を見抜けていない時点で、
自己分析も見立ても、見通す力も、
考える頭脳も、ないからでーーーーす!

話は戻りますが、

「いや、悪いのでワリカンでいいです」

と言ってしまう女性は、
男性の愛を受け入れる力が足りてません。

そう言われたまともな男性は、
プライドが傷つきますよ。

このように、女性が、
知らず知らずの内に傷つけた男性は、
やがて、その女性から離れるようになります。

そして、また「まともじゃない」
うんこみたいな男に捕まるんですよ。

だから、一つ一つ、
男性の好意を受け入れる練習をして下さい。

小さなことからで良いですよ。

どうでも良い男性には、
別にしなくても良いですよ。

自分の好きな人、彼氏、夫には、
出来るように、といった意味です。

まとめますと、

男と女の愛情の感じ方の違いは、こうです。

男性は、女性へ与え、喜んでもらうことで
プライドが満たされ愛情を感じます。

女性は尽くされ行動が伴った
愛をもらうことで、幸福、愛情を感じます。

これは、性格や年齢は関係ありません。

不変の事実として、
それぞれの性質が及ぼす、
男と女の本来の在り方です。

そして、令和の時代は、
このようなあるべき姿、本質へ
誰もが目覚める時代に突入してます。

本当はもっと前から突入してますけどね。

この在り方が今後、進む時代へおいて、
いずれもっと顕著になり、やがては、
推奨されるようになります。

なぜなら、それが時代に見合った
幸せの在り方だからです。

人の幸せや豊かさというものは、
時代の価値観によって、形が変わります。

その人が幸せを決めるのではないです。
時代の価値観が決めるんです。

そして、個々の目覚めをサポートし、
先導していく役割を果たすのは、
コーチングという職業の方々です。

コンサルタントでは、ありません。

そうして、コーチング業界は、
もっともっと知名度が上がり、
認知されるようになります。

だから、
ゆうちゃん頑張るヽ(*´∀`)ノ

時代へ取り残された人にならないよう、
今の内に身につけておいてください。

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP