マインド・在り方

男を嫉妬させる女の心理を徹底網羅!!

こんにちはっ!
自助力の専門家、YUKOです!

Instagramのストーリーも使用して
恋愛成就をする為の男性心理、性質を説いてます。

YUKOのインスタフォロー

今回は、男を嫉妬させる女性心理!について解説していきたいと思います。笑

スポンサーリンク

男に嫉妬させる心理とは?

夫や彼に嫉妬をさせる女性は多いと思います。

嫉妬をさせるとは、
たとえばこんなこと。

「あの男性、カッコいいわぁ〜」
(チラッ)

「○○さんとラインしてるんだよね」
(チラッ)

「今度、男性から誘われたから行ってくるね?ね?」
(チラッ)

みたいな感じ?。笑

他の男を使って、愛情を試す。

ここで夫や彼の反応はどう出るか?

彼女らは彼(夫)の反応の出方次第で、
彼(夫)から愛されているか?愛されていないか?

判断しているんですね。

もし、彼や夫から

「俺の前で他の男の話をするな」

とかって言われたら、安心するんですよ。

怒った彼(夫)の顔を見て、
愛されていると実感する。

一度、愛されていると実感できると、
また嫉妬させたくなる。

この繰り返しで、
常に彼(夫)の愛情を感じられる状態でないと
自分の存在価値を見出せないようになってる。

男を(ワザと)嫉妬させる女性は、
無意識のうちに、
相手から愛をもらおうとしています。

すなわち、自己愛が足りてない証拠です。

無いから欲しいの。

スポンサーリンク

自己愛が足りてないとは?

自己愛が足りてないとは、
「私は愛されていない」
という思いを持っているということ。

私は「愛されるに値する存在である」
と、自分で自分を認めることが足りてない。

自己愛が足りてないと、
相手の愛を試し、駆け引きし、嫉妬させ、
愛情をもらおうとするか、

これが自虐的に働くと、
「愛されてないことの証拠集め」をします。

たとえば、
「今度、男性とご飯に行ってくるね!」

と言って、

「へぇ、そうなん😊行ってらっしゃい!」

とかって言われたら、

平気そうな彼らの反応を見て、

「やっぱり私は愛されてない」

やっぱり、やっぱり、やっぱり!!

ってなるんです。

この「やっぱり愛されてない」
積もり積もると、相手へ対し、
憎しみに似た感情を抱くようになります。

スポンサーリンク

憎しみに似た感情の出どころ

憎しみに似た感情は、
違った場面で顔を出すようになります。

男性を責める行為もそのうちの1つ。

たとえば、彼や夫にお使いを頼んだとします。
それをすっかり相手が忘れたとする。

そんな時、
自己愛の足りてない女性の思考回路はこう。

頼んだことを忘れられた

忘れるほど私のことは適当だと思われている

つまり、どうでもいい

私は愛されてない

拒否されたような気がしてイライラが募る

そして、結果、

「なんで頼んだのにしてくれなかったの?」

「なんで忘れたの?」

なんで?なんで?なんで!!なんでよ!!!

といったように
男性を責める行為へ発展する。

本人はそんな気はなくても、
男性はそう受け取ります。

この言い方、可愛くないです。

まるでオカンから叱られる子供のような
立ち位置を強いられた、となって。

それが男性はイラっとするんです。

責められると、男性が気分悪いのは、
そういうこと。

「なんで○○なの?」とは、

あなたは何でそんなこともできないの?
(なんであなたはこんなことすらも分からないわけ?)

要するに、
「あなたはなんて無能なの?」

と同義語です。

男性はさも、お前は出来ない男だ!

と言われたような気がして気分が悪いんです。

プライドが傷つくんです。

それで喧嘩へ発展していくという、
男女のアルアルなんですが。笑

この一連の出来事は、表面でしかなくて

そこを見ても解決しないんです。
どっちが悪いとかの問題ではないです。

スポンサーリンク

自己愛が足りてない弊害

これらの問題の根本は、

女性側が自己愛が足りてないことで、
嫉妬をさせる行動を取り、
求めたものがもらえないから
フラストレーションが溜まる。

やがて憎しみに似た感情を抱くようになり、
それが男性を責めるといったことに
繋がっているからです。

だからいつも、まずは自分ですよ、
とお伝えしています。

そして、嫉妬をさせる女性は、
別の角度から物事を見ると、
素直でないとも言えます。

彼や夫から愛情を感じたいのであれば、
嫉妬をさせるのではなくて、
素直に愛情が欲しいと表現すればいい。

回りくどいことをしても、
男性は振り向きません。

素直に表現とは、
たとえば恥ずかしいけど

「私のこと好き?🥺」って聞くとか。笑

まぁ、これは自己肯定感が育ってないと
なかなか言えないことなので、
意図的に改善する訓練が必要ですが。

それと、こんなことを書くと、
なんで私ばっかり変わらなあかんの!!

と怒る女性が出てくるのですが。笑

その方が効果的に、
男性に動いてもらえるから言っているだけです。

その方が、あなたの求めている愛情が
易々と手に入るからです。

やりたくない人は、
嫉妬させ、責め続けたらいいです。

それと、いつも頼って下さいね!!
と言っているのも、

「なんで○○なの?」

と、ダメ出し、注意、指図
男性にとって責める行為にあたるため、
(男性にはそう伝わる)
ダメ出しではなく「お願い」をして下さい。

と言っていて。

何か1つできたら「上手くいくのではない」と、以前お伝えしたのは、

このようにして
根本的原因が必ずあって、
それを見過ごしていたら
その原因が障害となって

「頼ること」すなわち「お願いをすること」
すらまともに叶わないから、
いろんな角度で自分の内を
見ていくことが必須なんです。

上手くいかない原因は、
女性によって違いますから、

セッションでは内容を細かく聞き、
まずは根本的原因をこちらで探し当て、
認識してもらうことからはじめています。

その後、修正してます。

そこ、違うで!!

とハッキリ言います。

というわけで、
参考になりましたらうんこです🥺💓

ということで、
「たった一人の男性から愛され大事にされ続ける女性を増やします」

スポンサーリンク

「男心が丸分かり!男性心理BOOK」↓

友だち追加

お客様の声

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

無料プレゼント↓

YouTubeもやってます!

関連記事

PAGE TOP